2015年2月より日本に帰国しています。
旅の間にお世話になった友人たちに日本を案内したり。
日本にいながらも相変わらず旅心地な日々を過ごしています。
旅日記はまだ続いていますので、たまに覗きにきてください(^_^)

2014年11月24日

昔ユーゴスラビアだった国々の光と陰

Macedoniaマケドニアの首都Skopjeスコピエ。
以前、マケドニアは元々ユーゴスラビアという国の一部だった。
そして現在、ユーゴスラビアという国は存在しない。

オレは学校で社会科の教員をしてることもあって
地図帳を見る機会が比較的多いんだけど、
現在の地図帳と昔オレが見ていた地図帳は随分と異なる。

例えば昔の地図ではロシアがなくてソ連だし、
スーダンは一つの国だった。

ユーゴスラビアも同様だ。

気がつけば幾つかの国がなくなり、
名前を変えたり、分離独立したりしていった。
こういう変化が時々起こるのが世界ってやつだ。

新しい何かが生まれたり
くっついたり離れたり。
いろんな変化の繰り返し。


まるで人生だね。


そして、当然ながら、
そこで暮らす人々の生活も変化する。
IMGP1732.JPG
ちなみにこの男性は、
オレたちがСтара Чаршијаスタラ・チャルシャという
スコピエにあるバザール(市場)出会った人で、
一緒にコーヒーを飲みながら話をした。

彼はアルバニア人。
マケドニアへは出稼ぎをしに来ているらしい。
彼の故郷アルバニアではあまり仕事がなく、
たとえ仕事に就けても稼ぎが低いんだそうな…


マケドニアってそんなに給料いいの?

う〜ん、マケドニアはアルバニアの2倍くらいかな。
だけどもっと稼げるとこが近くにあるぜ。

そんなとこあるの?どこ?

コソボだよ。
あそこはアメリカがバックについてるからさ、
この辺の国の中で一番景気がいいんだ。
でも俺はあそこの雰囲気が好きじゃないから、
コソボには行きたくないんだ。

なるほどね。
そういや確かに、
あそこだけは周辺の他の国じゃ滅多に見かけない
ベントレーみたいな高級車が結構走ってたっけな。

君らもコソボに行ったならわかるだろ?
あそこの空気って何かが違うんだ。
それと比べて、ここの雰囲気いいだろ?
民族とかごちゃまぜだけどみんな仲良くてさ。

彼と話しながら、
オレはコソボの首都プリシュティーナで感じた
違和感のことを思い出した。

世界には多種多様な国及び民族が存在する。

通常、それぞれの国や民族は各自の文化や宗教を持っていて、
かつ各々の歴史を歩んできてる。
それ故、国同士や民族同士の関係において、
異なる価値観があるのは当然だ。

こういう事が原因で、
国や民族同士の争いや揉め事が起こってしまうことがある。
それはよ〜〜〜くわかる。

しかし、旧ユーゴスラビアの国々を旅してきて、
強く思ったことがある。

旧ユーゴスラビアは現在、セルビア、クロアチア、
マケドニア、モンテネグロ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、
スロベニア、コソボという国々に分離独立している。

これらの国々の中では、
異なる民族が一つの場所で仲良くやっていた過去があったり
今でも問題なく良い関係を築いている場所が存在する。

しかしその反面、民族と民族の間に
大きな亀裂ができてしまっている国もある。

そういうのを見たり聞いたりすると、
非常にもったいないとオレは思う。
昔は仲良く共存できてたわけだからね。

国や民族、宗教、文化が違っても、人は人。
人同士の関係において、
揉めるにしても仲良くするにしても、
どうなるかは結局その人の行動次第。


これもある意味では人生の縮図だ。


不思議だね。
旅はいろんなことを教えてくれる。
マケドニアは今回のバルカン半島の旅で辿り着いた最後の国。
ここでもオレたちは色んなことを学んだ気がする。


バルカン半島最大のトルコ人街である
Стара Чаршијаスタラ・チャルシャ。
IMGP0635.JPG
Macedoniaマケドニアの首都Skopjeスコピエに行ったら、
是非覗いてみてほしいな。


マケドニア語でありがとうは「ブラゴダラム」
今日も読んでくれてありがとう♪ ブラゴダラム\(^o^)/
ブログランキングに参加中です。
↓↓↓バナーをクリックで応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ
にほんブログ村 夫婦世界一周

←←よかったらこちらも応援お願いします♪
人気ブログランキングへ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報
posted by なおのぶ at 22:22| Comment(0) | マケドニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国家や民族の壁を越える心と心の関わり

今日もMacedoniaマケドニアの首都Skopjeスコピエにある
Стара Чаршијаスタラ・チャルシャというバザール(市場)をブラブラ。

このバザールの中にはレストランやお菓子屋等、
様々なお店があって何しろとっても広い。
なので今日は生鮮食品が並んでるエリアに行ってみた。
IMGP0631.JPG
以前、このバザールはオスマントルコの時代に
栄えた場所って書いたけど、なんとここの広さは
イスタンブールの巨大なバザールに次ぐ大きさらしい。w(゚0 ゚)w
IMGP0629.JPG
市場は普通の人の暮らしが見れて楽しい。
IMGP0622.JPG
野菜も果物もおいしそうだな〜ヾ(=^▽^=)ノ

そんな感じで市場の中を歩いていると、
お店や通りすがりの人が声をかけられる。

そしてよく、
一緒に写真撮ろうぜ!って言われる。
IMGP0623.JPG
日本人が珍しいからかな?

そして写真を一緒に撮ると、大抵お茶に誘われる。
「もし良かったうちの店でチャイ飲んでってくれよ!」
「その辺に馴染みの店があるから、そこでお茶をごちそうするぜ!」

こんなセリフだけ聞くと、
ボッタクリ?って思っちゃうかもしれないけど、
ほとんどの場合ただ単にオレたち話がしてみたいだけ。
好奇心ってやつだね。

あと、仲間に「俺には日本人の知り合いがいるぜ!」的な
自慢をしたいとかね。
オレたちゃ有名な芸能人でもスポーツ選手でもないんだが。(笑)

もちろん、場所とか地域によっては
ボッタクリを目的に声をかけてくる輩がウジャウジャいる。
オレたちもそういう連中に遭遇してる。

だからこそ、声をかけてくる人たちが何を考えてるのか
なんとな〜くわかるようになった。
相手の目とかそぶり、話し方、etcでわかるんだよね。

市場の中の喫茶店(?)でチャイタイム。
IMGP1738.JPG
トルコ式のお茶(チャイ)を入れてもらう。

お茶のお返しに折り鶴をプレゼント。
IMGP1740.JPG
彼は「何でこんな小さいのが作れるんだ〜!?」と大喜び。

冗談で、オレたちは日本人だからね!
日本はSONYとかHONDAの国だよ!な〜んて話をすると、
「Oh!さすがジャパニーズテクノロジー!!」みたいなことになる。
皆さん、折り鶴に限らず、何か折り紙ができるといいですよ〜!

そしてここでも記念撮影。(笑)
IMGP0628.JPG
彼ら曰く、
この国に来るのは大抵ヨーロッパの人で日本人は少なく、
そしてかつ日本人はほとんどグループだからオレたちみたいに
2人でチョロチョロして地元の人と喋ってるのは相当珍しいらしい。

世界の人と話してみたいから、
世界のことを知りたいから、オレたちは旅に出た。
地元の人と関わらないと、その国や地域の本当の姿は見えてこない。
だからオレたちにとって地元の人と関わるってのは普通のこと。

そういえば、
一緒にチャイを飲んだ彼らから非常に興味深い話を聞いた。

マケドニアにはいろんな民族の人が住んでるらしい。
青い服の彼はスラブ系、もう一人の方はトルコ系。
そして彼らは言った。

ここには多くの民族や宗教が混在してるけど、
みんな仲良くやってるんだよ。
俺もこいつも、宗教とかが違うけど友だちだ。
市場にくる人、働く人、みんなが友だち。
みんな金ないけど、俺たちは仲がいいから幸せだ。ガハハハハ!
周りにはコソボみたいに争いごととか問題があるとこもあるからね。
そこに比べたらよっぽどこっちの方がいいよ

なるほど…
彼らの言葉は深い。
こういう話はなかなか聞けない。
ありがとう!

店を出て数分後、
「トルココーヒー飲まない?」と、また声をかけられた。(笑)

もちろん!( ̄ー+ ̄)



...ということで、次回に続く!


マケドニア語でありがとうは「ブラゴダラム」
今日も読んでくれてありがとう♪ ブラゴダラム\(^o^)/
ブログランキングに参加中です。
↓↓↓バナーをクリックで応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ
にほんブログ村 夫婦世界一周

←←よかったらこちらも応援お願いします♪
人気ブログランキングへ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報
posted by なおのぶ at 11:11| Comment(0) | マケドニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月23日

マケドニアの人々

SkopjeスコピエはMacedoniaマケドニアという国の首都。

どの国でも、大抵首都には城がある。
IMGP0583.JPG
これはスコピエ城。

といっても城壁が残っているだけどね。┐(´〜` ;)┌
IMGP0586.JPG
修復されたきれいな城壁。

城壁の向こうにはスコピエの街が見える。
IMGP0598.JPG
1963年の大地震で街の80%の建物が壊れてしまったため、
ヨーロッパでは珍しく建築物のほとんどが新しいというスコピエの街並。

城の隣にはスタラ・チャルシャと呼ばれるバザール(市場)がある。
IMGP0617.JPG
ここはオスマントルコ時代に栄えた場所。
そのため、スタラ・チャルシャは
トルコ人街と言ってもいいくらい、トルコ色が強い。

ここはスタラ・チャルシャのお菓子屋さん。
IMGP0605.JPG
店の中は完全にトルコ。

トルコのお菓子ってウマいから、
オレたちにとってここは天国だ。(笑)
IMGP0606.JPG
もちろんここでエネルギーを補給。( ̄ー+ ̄)

チョクギュゼル!(トルコ語で「とっても美味しい!」)って言ったら、
店員さんも他のお客さんも大喜び。
IMGP0607.JPG
「おまえらトルコ語話せるのか!すごいじゃないか!」

ちなみにマケドニアって約65%がマケドニア人で
アルバニア人が約25%でトルコ人が4%弱。
ようするにトルコ人はマケドニアにおいて少数派なわけだ。

彼らトルコ人は、マケドニアの中において割合が少ないからといって
極端に虐待されたり差別されたりはしていないだろうと思われる。
しかし、少数派だからこそ普段は他の言語(この国ならマケドニア語)を
使う必要がある彼らにとって、他民族であるオレたちが
トルコ語を話しているのは相当嬉しいみたいでめっちゃ喜んでくれる。

やっぱ言葉は大事だよね。
心底そう思う。

ありがとう!
こんにちは!
美味しい!

この3つを現地の言葉で言えるだけで、
旅は間違いなく面白くなってくる。
これホントだよ。
是非試してみてほしいな。


ところで…
ここスタラ・チャルシはトルコ人街だからイスラム教のモスクがある。
だけど、その近くにはキリスト教の教会もある。
マケドニア国民の約7割はキリスト教(正教)徒らしい。
IMGP0604.JPG
塔の上に十字架があるのがわかるかな?

これは教会の中庭。
IMGP0600.JPG
教会の建物の向こうには、
すぐ近くにあるモスクの尖塔が見える。

さてさて…
マケドニアはキリスト教徒が全体の7割くらいらしいんだけど、
その多くはカトリックでもプロテスタントでもなく、正教徒だ。

マケドニアの隣はギリシャだしね。
当然といえば当然だ。
でも!割合としては非常に少ないけど、
カトリック教徒がいないわけじゃない。

この人を知らない人はいないんじゃないかな。
IMGP0609.JPG
マザーテレサ。

カトリックだとかキリスト教とかっていう宗教的な概念を
吹っ飛ばして、何しろ凄い人というイメージがあるマザーテレサだけど、
彼女はこのスコピエの街で生まれ育ったカトリック教徒なんだよね。
IMGP0610.JPG
実はここ、マザーテレサが洗礼を受けた
カトリックの教会だった場所なんだそうな。
現在はマザーテレサ記念館になっているよ〜〜〜


この街ではモスクのすぐ近くにキリスト教の教会があったり、
異なる民族同士がすぐ近くに住んでたりする。

そんな場所で育ったマザーテレサだから、
どんな人にでも手を差し伸べ、
誰に対しても惜しみない愛を注げたのかなぁ…

マザーテレサがやってたことのバックボーンを
ちょっとだけ知ることができたような気がしたね。(^∇^)/


マケドニア語でありがとうは「ブラゴダラム」
今日も読んでくれてありがとう♪ ブラゴダラム\(^o^)/
ブログランキングに参加中です。
↓↓↓バナーをクリックで応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ
にほんブログ村 夫婦世界一周

←←よかったらこちらも応援お願いします♪
人気ブログランキングへ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報
posted by なおのぶ at 22:22| Comment(0) | マケドニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銅像の街スコピエ?

ここはMacedoniaマケドニアの首都Skopjeスコピエ。
IMGP0567.JPG
この街では何故かダブルデッカー(二階建てバス)がやたらと走ってる。
まるでロンドンみたいだ。(・ ・?)

あと、銅像もよく見かける。
IMGP0608.JPG

これも銅像。
IMGP0571.JPG

そしてこれは銅像の付近に並んでいたプレート。
IMGP0572.JPG
これは、1963年7月26日にこの地を襲った大地震のことを記している。
街の80%の建造物が倒壊し、1000人を超す人が亡くなったそうだ。

この橋も多分地震のあとに建て直されたんだろうな。
IMGP0574.JPG

そういえば、スコピエの街中には比較的新しめな建物が多い。
IMGP0576.JPG
それはきっと地震のせいで
古い建物が壊れちゃったからなんだろうね。
少し残念…

橋の上から見える建物は真新しいものばかり。
なんか歴史を感じられるものがないかな〜って
キョロキョロしてたら...👀
IMGP0577.JPG
↑へ?なんだこりゃ???

橋の下を流れる川の中になんかへんな銅像があるぞ!
IMGP0576 のコピー.JPG

水着のねーちゃん風な銅像とその前にはワニっぽい口が見える!
IMGP0575.JPG
よくわからんが、おもしろ〜〜〜

それにしても不思議な国だ。
というか、マケドニアやスコピエのことを知らなさすぎる。

さーて、今日は何を知れるかな?
とりあえず街を見下ろす丘の上にあるスコピエ城に行ってみよう!
IMGP0583.JPG
ということで、次回に続く〜〜〜


マケドニア語でありがとうは「ブラゴダラム」
今日も読んでくれてありがとう♪ ブラゴダラム\(^o^)/
ブログランキングに参加中です。
↓↓↓バナーをクリックで応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ
にほんブログ村 夫婦世界一周

←←よかったらこちらも応援お願いします♪
人気ブログランキングへ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報
posted by なおのぶ at 11:11| Comment(0) | マケドニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月22日

マケドニアでの予期せぬ出会い

Macedoniaマケドニアの首都Skopjeスコピエについた。
IMGP0559.jpg
マケドニアは旧ユーゴスラビアの一部だった国で、
地理的にはギリシャの北にある。

でも、それ以外のことはあまりよく知らない。
IMGP0554.jpg
どんな国なんだろう?

スコピエ城を横目に見ながら、街の旧市街を歩く。
IMGP0555.jpg
とある情報によると、スコピエの旧市街には
オスマントルコ帝国の時代から続くトルコ人街があるらしい。

マケドニアだけでなくバルカン半島全体が
一時期はオスマントルコ帝国の領土だったわけだから、
トルコ系の人が住んでたりトルコの影響を受けたものが
残っているのってある意味では当然だよね。

そんなことを考えながら旧市街を歩いていたら…
まるで、トルコの街に迷い込んだような感じ!
IMGP0556.jpg
こちらは旧市街のトルコ人街で見つけたお菓子屋さん。
魅惑のトルコスイーツが一杯だ〜〜

クルミやピスタチオを使ったバクラバにカダイフ等、
どれも美味しそう〜〜〜〜 ( ̄ー+ ̄)

もちろん食べてみた。
あっという間に食べちゃったので、写真がない。
おいしかったという証だ。(苦笑)

それから、美味しいだけじゃなくて
フレンドリーなとこも、とっても嬉しかった。
オレたちが話す片言のトルコ語に喜んでくれる。
トルコ語がほんの少しでもわかってるのはよかったね。 \(^o^)/

オレたちがトルコ語で話してるのは
「〇〇を二つ下さい。」とか
「とっても美味しいです!」ぐらいなこと。

それでも彼らは驚くし、すっごく喜ぶ。

ここマケドニアではマケドニア語が公用語。
だから、この地で少数派であるトルコをルーツに持つ人達にとって
オレたち日本人が(多少とはいえ)トルコ語で話しているのは、
多分相当嬉しいことなんだろうな〜と思う。

そして夜。
IMGP0563.jpg
マケドニアの郷土料理を食べれるお店に行ってみた。

ここも美味しかった。
またもや美味すぎて写真を撮り損ねた。不覚なり…

しかし、ここでも奇跡的な出会いがあった。
なんと、近くのテーブルからトルコ語が聞こえてきたのだ。

調子に乗ってトルコ語で話しかけてみた。
IMGP0566.jpg
彼はトルコ人。
普段はキプロスに住んでいて、
今は仕事でマケドニアに来ているらしい。

彼の仕事を聞いて驚いた。
キプロス(地中海にある島国)のカジノで働いてるらしく、
しかもマネージャーをやってるらしい。

マジか!?
オレたち、この後キプロスに行く予定があるんだけど!?

そのことを話たら、
彼はキプロス来たら連絡くれよ!って言ってくれた。
なんという出会いだ!w(゚0 ゚)w

いや〜〜〜
不思議な一日だった。
トルコ語万歳!

誤解されたくないので一応言っておくけど、
美味しいトルコのお菓子を食べれたことや
カジノのマネージャーに出会ったこと、
彼に遊びにおいでと言われたことが嬉しいんじゃない。

人と関わるからこそ知ることができることがあるんだよね。
ある場所に住む人々の普通の暮らしや文化。
ガイドブックや教科書には載っていない普通のこと。
これらを知ることが本当に面白い。


ところで...
オレたちはこの旅で確信したことが幾つかある。
その内のひとつが、コレ。

英語は世界語!みたいな話があるけど、
英語がペラペ〜ラじゃなくても
世界の人とコミュニケーションはとれる。
そして、たとえ片言でも現地で話されてる言語を話す方が
より深く繋がれる!

心底そう思う。
オレたちが英語よりも他の言語を使う理由はこれだ。

外国を旅する人には英語以外を使うことにチャレンジしてみてほしい。
英語を話している時には関われなかった人と話ができ、
それまで見えていなかった景色が見えてくるから。


マケドニア語でありがとうは「ブラゴダラム」
今日も読んでくれてありがとう♪ ブラゴダラム\(^o^)/
ブログランキングに参加中です。
↓↓↓バナーをクリックで応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ
にほんブログ村 夫婦世界一周

←←よかったらこちらも応援お願いします♪
人気ブログランキングへ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報
posted by なおのぶ at 22:22| Comment(0) | マケドニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする