2015年2月より日本に帰国しています。
旅の間にお世話になった友人たちに日本を案内したり。
日本にいながらも相変わらず旅心地な日々を過ごしています。
旅日記はまだ続いていますので、たまに覗きにきてください(^_^)


なぜ『リボーンプログラム』は、女子一人旅の参加が92%を占めるのか?

2014年12月05日

キプロスに行ってみた!

早朝6時。
IMGP1294.JPG
ここはローマのCiampinoチャンピーノ空港。
めっちゃ眠いぜ〜〜〜

なんでこんな朝早くに空港?
その理由は...
ライアンエアーでイタリアからキプロスに行くから。

みなさんご存知の通り、
ライアンエアーはLCC(格安航空会社)を
絵に描いたようなエアライン。

一般的な航空会社にあるようなサービスはほぼない、
シートが狭い、座席の前後の間隔も狭い、
ボーディングパスを印刷してないとえらく金を取られる、
荷物の重さや大きさにやたら厳格、
でもとにかく運賃は激安。

ライアンエアーはコストの削減を追い求めた結果、
破格の低価格運賃を実現した。
それはそれでありがたいけど、
それが故に乗る方も覚悟をしなくちゃいけない。(苦笑)

だから今回の飛行機は朝の6時半にテイクオフという
とんでもないことになったわけ。

ライアンエアー的には、飛行機を朝早くに飛ばすことで
空港の使用量とかを安くできるのかもしれないし、
飛んだ飛行機がキプロスに着いたら、
その後に時間的な余裕があるから
別の便としてまた別の場所へ飛ばせるわけだ。

ぜ〜〜〜んぶコスト削減のためだ。
しかしまぁ、ここまで極めてるとスゴいよね。

そんなことを考えてたらキプロスのパフォスについた。
IMGP1295.JPG
滑走路を歩いて空港の建物へ向かうよ〜

ライアンエアーは小さな空港を使うことが多いから
滑走路をよく歩かされる。(笑)

ここが到着ゲート。
IMGP1297.JPG
おおお〜〜〜ギリシャ文字だ!
キプロスで話されてる言語が
ギリシャ語だからなんだけど、ちょっと感動するね。
ついにキプロスに来たな〜!って感じがするよ。(笑)

さて、荷物も受け取ったし空港も出たし、
パフォスの町の中心部に行くバスを探すかな。
IMGP1301.JPG
さぁここからキプロスの旅が始まるぜ!

バス停で時刻表を見ると、ここにもギリシャ文字。
IMGP1305.JPG
全く読めんな〜〜〜(汗)
でもまぁどうにかなるだろ。
というか、どうにかするのだ

バスが来たので乗車する。
IMGP1304.JPG
のどかな田舎道をバスは進んでく。

パフォスに行く途中、道案内の看板があった。
IMGP1306.JPG
ここにも当然ながらギリシャ文字。

ほ〜ほ〜〜〜
Pafosパフォスってギリシャ文字だと
ΠΑΦΟΣになるんだね!
IMGP1306.JPG
お❗もしかして...❗❗
アルファベットのPがギリシャ文字のΠってことは、
円周率3.14のπ(パイ)と関係あるのか?
「ピー」と「パイ」って音が似てるし、
字の形もなんとなく似てるような気がするし...
どうなんだろ?気になるな〜〜〜〜!!

あとで調べてみたら、やっぱりそうだった。
Πとπって同じ文字で、
ちなみにΠが大文字でπは小文字なんだそうな。

日本では「パイ」の方が馴染みあるけど、
ギリシャ語の読み方では「ピ」らしい。
へ〜知らんかった!

新しい場所に来ると新しいことを知れる。
たまらんね〜!(笑)
さ〜てキプロスでは何を知れるかな〜?
ということで次回に続く!


さてここで大事なお知らせです
オレたち夫婦がオレたちの世界旅で見たり感じたことを
オレたちなりに伝えるイベント『世界の話』の
第三回をやりま〜〜〜〜す!
今回のテーマは...

〜中東五ヶ国を通して知るイスラム世界〜

トルコ、イラン、
アラブ首長国連邦(UAE)、
オマーン、バーレーン

今回はこの中東五ヶ国にフォーカスして、
イスラムの世界をお伝えします。

私達夫婦ゴロージが、
これらの国々を訪れ地元の人達と触れ合いながら、
実際にこの目で見てきたイスラム世界。

イスラム圏と一口にいっても、
その在り方は国や地域でかなり異なります。

イスラム圏はみんな一夫多妻制です。
なんて言ったら怒られちゃう国もあるから要注意!

多種多様なイスラム世界がある一方で、
どの地域にも共通してるのは、
ホスピタリティに溢れた温かい人達が多いこと。

そんなイスラム世界を私達と一緒にのぞいてみませんか?

今回は11月19日(日) 14時スタートの予定です!!
会場は前回と同じく新小岩です!

参加希望の方はこのブログの右側にある
メールフォームから是非ともお問い合わせください。
会場や会費などの詳細を伝えさせていただきます。


ギリシャ語でありがとうは「エフハリストー」
今日も読んでくれてありがとう♪エフハリストー\(^o^)/
ブログランキングに参加中です。
↓↓↓バナーをクリックで応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ
にほんブログ村 夫婦世界一周

←よかったらこちらも応援お願いします♪
人気ブログランキングへ

「トリップアドバイザー」の
おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報
posted by なおのぶ at 11:11| Comment(0) | キプロス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月03日

ネットゥーノで旧友と再会

ローマから南へ電車で約1時間のところにある
港町Nettunoネットゥーノ。
IMGP2646.jpg
今日は友人に会いにこのネットゥーノまで来た。

友人とはトモコさんという日本人。
彼女とオレたちはかれこれもう15年以上の付き合いだ。
IMGP1273.jpg
最初会った時はお互い東京に住んでたけど、
彼女は今イタリアに住んでいる。

ネットゥーノって、
多分ほとんどの日本人が知らない町なんじゃないかなぁ。
IMGP2645.jpg
そう言うオレたちもトモコさんがネットゥーノに
住んでなかったら知らなかっただろうけどね。

ネットゥーノってとっても小さい町。
でも素敵な海辺の町でローマから近いから、
夏のビーチはすごいことになってるらしい。
今は12月でだ〜れもいないけど。(笑)

町の中心には古い砦があったりして、
結構かわいい町だ。
IMGP1274.jpg
だからオレたちはネットゥーノが気に入ってる。
トモコさんがここに住みたいと思う気持ちも、
なんとなくわかる。

それにしても、
人に知られるかどうかって
メディアに取り上げられるかどうかにかかってるよな〜
ってつくづく思うよね。
IMGP1275.jpg
こんなにいい雰囲気なのに、
ネットゥーノのことを
日本人はほとんど誰も知らない。

逆に言うと、実は大したことないのに
メディアに取り上げられて名前だけは有名になって
行列ができちゃってるような場所がいかに多いことか。

メディアに踊らされずに、
自分の目で見て、
自分で判断していきたいね〜
なんて思った一日でした〜〜〜


イタリア語でありがとうは「グラツィエ」
今日も読んでくれてありがとう♪ グラツィエ\(^o^)/
ブログランキングに参加中です。
↓↓↓バナーをクリックで応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ
にほんブログ村 夫婦世界一周

←よかったらこちらも応援お願いします♪
人気ブログランキングへ

「トリップアドバイザー」の
おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報
posted by なおのぶ at 22:22| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月02日

特急列車に乗ってシラクーサからローマへ その2

シラクーサから特急列車に乗ってローマへ。

ご存知の通りシラクーサは長靴の形をしたイタリア半島の
つま先部分の先にあるシチリア島の町で、
そこからローマのあるイタリア本土へは海を渡らないといけない。

なのでシチリア島北東部にある港町メッシーナに到着したら、
そこから列車ごとフェリーに乗って海を渡るんだよね。
IMGP1221.JPG
これがイタリア本土とシチリア島を結ぶフェリー。

さぁメッシーナの港から
対岸のレッジョ・ディ・カラーブリアに向けて出航だ!
IMGP1228.JPG
鉄道の旅だけど船旅もできるのが美味しいね!!(笑)

船は地中海を進んで行く。
IMGP1237.JPG
対岸までの距離は3kmくらい。

ほどなくしてイタリア本土の
レッジョ・ディ・カラーブリアに入港。
港に着く頃になると、車両が乗った甲板が忙しくなってくる。
IMGP1244.JPG
航海中は閉じていた船首部分に船員と鉄道のスタッフが集まってきた。

港に接岸し開き始めた船首。
IMGP1245.JPG
この船首から列車を出すわけだね。

船首部分には線路が付いていて、
それを船着場にある線路に接続していく作業がこれから始まった。
IMGP1248.JPG
フェリーと船着場の線路をつなぎ終えると、
今度は列車を動かしていく。



バラバラにしてあった車両を連結させる作業を確認する車掌さん。
IMGP1252.JPG
大丈夫かな〜〜〜?

OK!完璧だ!!
IMGP1253.JPG
ずーっと連結する様子を見てたら車掌さんに
「車内に入らないと置いてくぞ〜!」と言われ車内へ。(苦笑)

オレたちを乗せた特急列車はローマへ再スタート。
IMGP1262.JPG
それにしてもローマは遠いやね。

ローマに到着したのは夜の7時頃。
さすがに疲れたから写真も撮り忘れた。

トータル11時間。
でもまぁこういうのも悪くないね。
ゆったり景色を眺める鉄道の旅。

またやりたいな〜〜〜


イタリア語でありがとうは「グラツィエ」
今日も読んでくれてありがとう♪ グラツィエ\(^o^)/
ブログランキングに参加中です。
↓↓↓バナーをクリックで応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ
にほんブログ村 夫婦世界一周

←←よかったらこちらも応援お願いします♪
人気ブログランキングへ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報
posted by なおのぶ at 22:22| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特急列車でシラクーサからローマへ

これはSiracusaシラクーサ駅。🎵
IMGP1178.JPG
ついにシラクーサを出る日になってしまった。

今日はこれからシラクーサ発の
特急インターシティに乗って
900km先のローマまで行くのだ。

所要時間はなんと約11時間!
IMGP1182.JPG
時刻は朝の7時半。

遅延が常のイタリアの国鉄でも
さすがに始発駅からの出発は遅れない。(笑)
IMGP1184.JPG
タラタラタラッタタータラターラー
って感じで「世界の車窓から」の
メロディが頭の中に流れてくるぜ!

これは最後の車両の端っこ部分。
窓からは線路が見える。
IMGP1186.JPG
VIETATO APRIRE(開けるな)って書いてある。
おいおい!
開けるヤツなんているのか?

途中で数日前に滞在してたカターニアに到着。
IMGP1200.JPG
うわ〜このSL覚えてるぜ!
サビちゃって可哀想な姿になっちゃってるけど、
間違いない!👊

実は、カターニアって
初めてイタリア旅行した時(20年以上前!)にも来てて、
その時にカターニア駅のホームでこのSL見たんだよね。
すっげぇ懐かしいな〜〜!!

カターニアを過ぎると、映画「グラン・ブルー」で有名な
タオルミーナが見えてきた。
IMGP1201.JPG
ちなみにここはIsola Bellaベッラ島という
海の満ち引きの具合によって陸地と繋がったり
離れたりする有名な島。

ここも20年以上前に行ったっけな〜〜〜
あの頃はデジカメもインターネットもなかったから
今とは旅の仕方や旅情報の探し方が全然違ってた。
この先、どんな風になっていくんだろう?

そんなことを考えてたら
オレたちが乗ったインターシティは
あるものの中へと入って行った。

さて、そのあるものとは?
一体ここはどこでしょう?
IMGP1222.JPG
実はこれ、フェリーの中なんだよね。

なんと❗シチリア島の北東の端メッシーナに到着すると、
列車は海を渡るフェリーに乗せられるのだ

船内はこんな感じ。
IMGP1208.JPG
フェリーの中には線路が引かれてる。

列車は2両づつくらいに分割されてフェリーに積まれてく。
IMGP1210.JPG
青森と函館を結んでた青函連絡船みたい。🚢

フェリーの中に車両が積まれると
乗客は車内から船内に入れる。
IMGP1213.JPG
AI SALONIと書いてあるのは船内客室へと登る階段。

ここを上がっていけば客室を通って甲板まで登れる。
IMGP1220.JPG
上まで登ると下にさっきまで乗ってた列車が見える。

そして対岸の
Reggio di Calabriaレッジョ・ディ・カラーブリアに
渡った後にまた列車をつなぎ合わせるって仕組み。
IMGP1215.JPG
このフェリーってず〜〜〜っと昔からあって
それが今でも使われ続けてる。

これまたず〜〜っと昔にイタリアを旅した時、
このフェリーに乗ってレッジョ・ディ・カラーブリアから
シチリアに渡ったことがあったっけな。

この20年で変わったことも沢山あるけど、
イタリアには変わらないことが山ほどある。
そこがまたいいところであり、
厄介なところでもある。(笑)

それはともかく、特急列車に乗ったまま
シチリア島からイタリア本土に渡るってスゴくない?

ということで次回に続く〜〜❗❗❗


イタリア語でありがとうは「グラツィエ」
今日も読んでくれてありがとう♪ グラツィエ\(^o^)/
ブログランキングに参加中です。
↓↓↓バナーをクリックで応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ
にほんブログ村 夫婦世界一周

←←よかったらこちらも応援お願いします♪
人気ブログランキングへ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報
posted by なおのぶ at 11:11| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月01日

人と「会う」ということ

滞在中のSiracusaシラクーサはシチリア島にある小さな町。

でも、世界遺産に登録されてたり、
世界史において大事な場所の一つだったりするし、そこそこ有名。
だからずっと、一度は来たいな〜って思ってた。

だけどオレたちはシラクーサに来たことがなかった。

何故かというと、
オレたちにはシラクーサ出身のイタリア人の友達が一人いるんだけど、
その友達はクラシックギター界じゃ結構知られてるギタリストで
世界各地を飛び回ってて、だからできることなら
その友達にシラクーサで会いたかったからなんだよね。

ちなみにその友達は何年も前に日本に住んでたことがあって、
嫁さんが行ってたイタリア語の学校の先生でもあったんだ。

その頃にオレたちは友達になったんだけど、
彼がギターを弾くとは聞いてはいたものの
どんなジャンルの音楽やってるとか詳しいことは知らずに
ギター持って彼の家に遊びに行っちゃって、
あまりのレベルの高さに愕然としたんだよね〜

後で知るんだけど、
その彼はクラシックギターのコンテストの
世界大会に出て賞をとっちゃうような人でさ。(汗)
オレとは次元が違う。違いすぎる。もう笑うしかない。

でもオレたちは、彼がそういう世界大会に出たとか聞いても
別に媚を売ったりしないし、な〜んにも変わらない。
だからなのか、彼とオレたちは馬が合って
普通に飯食いに行ったり友達づきあいをしてたんだよね。

そしてその彼がシラクーサに戻ることになったから、
これはある意味チャンスだと思って
今回の長旅の間にシラクーサに来ることを計画してたんだ。

ところが!
オレたちが今回このシラクーサに来るタイミングで
彼は別の場所に行かなくちゃいけない用事が
できちゃったらしく、会えなくなっちゃった...

彼が色々と忙しいというのはわかっちゃいるが、
ちょっと残念。
オレたちがシラクーサにいる間に会いたかったんだけどね。

まぁ仕方ない。
今日はシラクーサ最終日。
ここ数日お世話になった地元の人に挨拶してこなくちゃ

まずは何度も食べに行ったジェラート屋さん。
IMGP1172.JPG
美味しかったから、ほぼ毎日行ってた。(笑)

働いてたこのイタリア人とスリランカ人の店員さん達も
めっちゃフレンドリーだったしね。
IMGP1174.JPG
特にスリランカ人の兄ちゃんの方は
オレたちがイタリア語だけじゃなくて
片言のシンハラ語(スリランカの言語)を話すもんだから
すっげービックリしてたのが印象的だったな。(笑)

そして、これまた何度も買いに行った市場の魚屋さん。
IMGP1108.JPG
新鮮な魚やエビをおまけしてくれたっけな。
本当にありがとね!

こんな感じで色々話をして、
そろそろ宿へ戻ろうかな〜って歩いていたら
楽器屋さんを見つけた。
IMGP1169.JPG
あ!こんなとこに楽器屋があったんだ!!

せっかくだから覗いてみようかな。
IMGP1166.JPG
中には色々楽器がたくさんある。

特に弦楽器が充実してた。🎵
IMGP1164.JPG
マンドリン?

ギターの親戚?
IMGP1165.JPG
見たことないな〜

こっちはバンジョーみたい。
IMGP1163.JPG
色々と面白い楽器が並んでるから、
お店の人に話しかけてみた。
そしたらこの人もいい人だったから話が弾んでしまった。(笑)

店員さんとの話が盛り上がっていく中で、
こんなことを聞いてみた。

オレ:
そういえば、オレたちのイタリア人の友達で〇〇〇〇〇っていう
シラクーサ出身のギタリストがいるんだけど知ってる?

店員さん:
〇〇〇〇〇?もちろん知ってるわよ!
クラシックギターの世界じゃ有名な人だし、
ここに弦を買いに来るもの。
あそこの壁にサインもあるのよ〜〜〜!!

IMGP1168のコピー.JPG

マジかい!?
なんて世界は狭いんだろう!!

今回オレたちは友達の〇〇〇〇〇に
このシラクーサでは会えなかったけど、
いつかどっかで会えるんだろう。

だけど、もしかしたら会えないかもしれない。
会えるか会えないかは、誰にもわからない。

シラクーサで出会った人達、
例えばジェラート屋さんや魚屋さんのみんなとも
いつかまた会いたいな〜って思う。

会えたらいいな〜とは思いつつ、
会いたい人には会える時にまたは会いたいと思った時に
会っといた方がいいな!と強く思ったシラクーサの夜でした。🌙


イタリア語でありがとうは「グラツィエ」
今日も読んでくれてありがとう♪ グラツィエ\(^o^)/
ブログランキングに参加中です。
↓↓↓バナーをクリックで応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ
にほんブログ村 夫婦世界一周

←←よかったらこちらも応援お願いします♪
人気ブログランキングへ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報
posted by なおのぶ at 22:22| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする