2015年2月より日本に帰国しています。
旅の間にお世話になった友人たちに日本を案内したり。
日本にいながらも相変わらず旅心地な日々を過ごしています。
旅日記はまだ続いていますので、たまに覗きにきてください(^_^)

2014年11月11日

海から空から【ドブロブニク街歩き2】

両親と別れた後、再び2人でドブロブニク巡りをスタート。

城壁沿いの道を歩く。
IMGP9939.JPG
昨日は城壁の上。今日は城壁の下。
上と下では見えるものが違ってくる。
どっちも面白い。

ドブロブニクの東側の門を出て城壁の外へ。
IMGP9941.JPG
今でこそこの橋は固定の石橋だけど、門の部分をよく見れば
昔は木の橋を上げ下げしてたんだろうな〜ってのが想像できる。

城門と橋を離れた所から見れば、
ドブロブニクの城壁が街をぐるっと取り囲み、
かつ城壁の周りは海で囲まれてたのがわかる。
IMGP9949.JPG
現在、橋の下は陸地になっている。
そこには道路があり駐車スペースや公園として利用されてるけど、
昔は海だったわけだ。
ようするに、ドブロブニクは海に浮かぶ要塞だったんだよね。

15〜16世紀には商業と文化の中心として栄えたこの街は、
『アドリア海の真珠』と呼ばれるきれいな町並みを持ち、
現在は世界遺産にも登録されている。

オレは見たことがないからよくわからないんだけど、
ジブリの映画『紅の豚』の舞台になってる場所らしいね。
まー何しろ素敵なとこだ!

そんなドブロブニクを見渡せるという、スルジ山に登ってみた。
IMGP9958.JPG
歩いても登れるらしいけど、
ちょっとしんどそうなんでロープウェイに乗ってみた。

頂上につくと…
IMGP9968.JPG
この景色!

太陽が出て天気が良ければ、もっと海が青く見えて
ドブロブニクの街がオレンジに見えてきれいなんだろうけど、
まぁ良しとしよう!!

それにしてもホントにきれい。
だけど実は…
このきれいな景観を誇るドブロブニクは、
ユーゴスラビア内戦時に受けた砲撃のために
ほんの少し前まで酷い状態だったんだよね。

スルジ山に登るために利用したロープウェイも内戦時に壊され、
営業を再開したのはほんの数年前という話なんだそうな。

山頂付近には砲撃を受けた跡がそのまま残された場所もある。
IMGP9962.JPG
まさに戦争の爪痕だ。

ちなみにこれは内戦時のドブロブニク旧市街の被害を表す図。
(写真をクリックしてぜひ拡大して見てほしい。)
IMGP9913 のコピー 2.JPG
ちょっとわかりにくいけど、
黒と白の三角(▲△)と黒い丸(●)は砲撃の被害をうけた場所。
そして赤い場所は火災が発生した場所だ。

ほとんどの建物が被害を受けているのがわかるよね。
もし戦争が起きれば、こうなるってことだ。
そしてもし戦争になれば、建物が壊れるだけじゃない。
尊い命が奪われるってことだ。

ここは20数年前、戦場だった。
それを忘れちゃいけない。

人類はこれまで、戦争という愚かな過ちを何度もしてきた。
だから人類は学んできたはずだ。
どんな理由があろうとも、戦争をしてはいけないということを。

しかし、人類はいまだに戦争を続けてる。
悲しいがそれは事実だ。

だが、ドブロブニクの人々は20数年前のことを忘れてない。
そして戦争の怖さや恐ろしさを伝え、
同じようなことが永遠に起こることがないように願ってる。


オレたち日本人も、絶対に忘れちゃいけないことがある。


東京や大阪、名古屋など多くの都市が
空襲によって焼け野原になったことを。

広島や長崎の原爆を。

沖縄が戦場になったことを。

神風特攻隊のことを。

シベリア抑留のことを。

捕虜にならないために、
自決を選ばなければいけない人が沢山いたことを。

兵士だけでなく、子どもや女性、おじいさんやおばあさん、
多くの大切な命が戦争で失われたことを。

生き残った人々も、その後どれほど苦しみながら生きてきたかを。


あげればキリがない。
世の中から戦争がなくなることはないかもしれないが、
日本が自ら戦争ができるような国になる必要はないとオレは思う。

ドブロブニクは世界に平和を訴えてる。
そんな気がした。

クロアチア語でありがとうは「フヴァーラ」
今日も読んでくれてありがとう♪ フヴァーラ\(^o^)/
ブログランキングに参加中です。
↓↓↓バナーをクリックで応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ
にほんブログ村 夫婦世界一周

←←よかったらこちらも応援お願いします♪
人気ブログランキングへ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報
posted by なおのぶ at 22:22| Comment(0) | クロアチア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スペシャルゲスト登場?!【ドブロブニク街歩き1】

ドブロブニク(Dubrovnik)。
IMGP0883.JPG
アドリア海、朝7時の入り江。
ここはとあるホテルのプライベートエリア。
IMGP0885.JPG
じつは、昨夜ここで
日本からのツアー旅行でやってきた夫の両親と落ち合ったのだ。

ツアーの皆さんの後に続いて
IMGP0889.JPG
私たちも一緒に旧市街を散策。
IMGP0890.JPG

ルジャ広場のローラント像前にて。
右腕の肘から手首までの長さについてガイドさんが説明したところで
お父さん、持っていたメジャーをすかさず取り出し計測。
IMGP0896.jpg
なんでメジャーなんて持ってるんですか?と皆さんビックリ!

息子さんですか〜?と尋ねられ
IMGP0897.JPG
お母さんと一緒にツアーのお仲間の方々ともお話したり。

土産物屋の看板ニャンコ。
IMGP0902.jpg
両手(足?)を揃えておすましポーズ。

さっきのルジャ広場に戻ってきたら
なにやらアート系のマーケットが出店準備中。
IMGP0913.jpg
街はようやく活気づいてきた様子。
IMGP0914.JPG
ドブロブニクの目抜き通りブラツァ通りにも
観光客の姿が増えてきた。

ツアーは自由行動タイムになり、ここからは四人で街歩き。
IMGP0918.JPG
まずは街の市場を覗いてみた。
IMGP0924.JPG
カートを引いて買い物にやってくる地元の人も。
IMGP0927.JPG
料理人のお父さんは
調理器具の実演販売に興味津々。

IMGP0943.JPG
透みきった海を眺めながら向かったのは
ロヴリイェナツ要塞の一歩手前の崖の上。
IMGP0956.JPG
要塞内の階段を限られた時間で昇り降りするのはキツイけれど
ここでも充分綺麗な景色が見られるからと
両親のために夫が昨日下見しておいたとっておきスポット!
IMGP0957.JPG
はい、チ〜ズ📷

バス停の前のカフェで一息ついたところで
IMGP0966.JPG
そろそろお別れの時間。
ドブロブニクを後にする両親とツアーの皆さんをお見送り。

日本からのお土産。
名古屋のういろうに和歌山のみかんだんご。
IMGP0882.JPG
美味しくいただきました♪

クロアチア語でありがとうは「フヴァーラ」
今日も読んでくれてありがとう♪ フヴァーラ\(^o^)/
ブログランキングに参加中です。
↓↓↓バナーをクリックで応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ
にほんブログ村 夫婦世界一周

←←よかったらこちらも応援お願いします♪
人気ブログランキングへ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報
posted by けいこ at 11:11| Comment(0) | クロアチア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月10日

ご褒美は宝石箱【ドブロブニクの城壁を歩く2】

世界屈指の城郭都市、ドブロブニク(Dubrovnik)。
IMGP0732.jpg
アドリア海に面した城壁は断崖のごとくそびえ
IMGP0743.jpg
ドブロブニクの旧市街を守り続けている。
IMGP0736.jpg
そして、その城壁に寄り添うように建ち並ぶ家々。
IMGP0750.jpg

あ!あそこになにか動くものがっ?!
IMGP0764.jpg
と思ったら
地元民と思しき年配の男性たちが海水浴w(゚0 ゚)w
IMGP0766.jpg
いやぁ、季節外れの暑さとはいえもう晩秋。
海水はそれなりに冷たいと思うけど・・・
強いねぇ〜。
さすが海の男!(かどうか不明だけど…笑)

IMGP0774.jpg
港の内側にレストラン(矢印)を発見した夫。
IMGP0777.jpg
ブロデット(※)ある〜?と尋ねたら
今日はないよ〜。と聞いてションボリo( _ _ )o

(※)ブロデットとは
クロアチア名物料理のひとつで
ブイヤベースのようなもの。

IMGP0786.jpg
この辺りから城壁は内陸部へ突入。
IMGP0807.jpg
昔はお堀だったと思われる城壁のすぐ脇が
いまは駐車場として使われていたり。
IMGP0820.jpg
内陸部の城壁は登りがキツイ(^_^;)
でも、頑張った先には・・・

こ〜んな素敵なご褒美が待っていた♪♪♪
IMGP0830.jpg
まるで
街全体がすっぽりと宝石箱に収められているみたい。

これがアドリア海の真珠かぁ・・・(*´ω`*)

〜ドブロブニク城壁ぐるっと一周プチアドバイス〜
思う存分写真を撮ったり、たっぷり堪能しようとしたら
2時間は余裕をみたほういいですよ〜。
予想以上に距離があるので覚悟してね(^ ^)

クロアチア語でありがとうは「フヴァーラ」
今日も読んでくれてありがとう♪ フヴァーラ\(^o^)/
ブログランキングに参加中です。
↓↓↓バナーをクリックで応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ
にほんブログ村 夫婦世界一周

←←よかったらこちらも応援お願いします♪
人気ブログランキングへ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報
posted by けいこ at 23:23| Comment(0) | クロアチア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海と城壁と赤い屋根【ドブロブニクの城壁を歩く1】

クロアチア随一の観光地、ドブロブニク(Dubrovnik)。
その美しさは「アドリア海の真珠」と賞賛される。

魔女の宅急便や紅の豚の舞台となった街として
日本でもよく知られている。

ドブロブニクといえば、なんといっても
海に突き出した一角に位置する旧市街。
IMGP1001.JPG
そして、この旧市街を取り囲む強固な城壁。

ドブロブニクの城壁は上が通路になっていて
ぐるっと街を一周できるようになっている。
誰かさんのような城壁好きには堪らない街だ。

というわけで、さっそく城壁の上に登ってみた。
IMGP0684.JPG
上から見下ろす街並はまたひと味違って見えるね。
IMGP0690.JPG

一見、歩きやすそうにみえる城壁も
IMGP0674.JPG
あちらこちらに結構な高低差があるうえに
IMGP0723.JPG
あっち→に行ったり
IMGP0682.JPG
こっちに←に来たり
IMGP0698.JPG
なんてやっていると、なかなか歩かされます。

しかも、この日。
11月にも関わらず、まるで初夏の陽気!
まだ全体の五分の一も歩いてないのに
もう汗だくだー💦

いや〜、でもこの眺め。
IMGP0724.JPG
青い空、どこまでも澄んだ海。
城壁日和だーーー(^ ^)

というわけでドブロブニク城壁巡り、続きます〜♪

クロアチア語でありがとうは「フヴァーラ」
今日も読んでくれてありがとう♪ フヴァーラ\(^o^)/
ブログランキングに参加中です。
↓↓↓バナーをクリックで応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ
にほんブログ村 夫婦世界一周

←←よかったらこちらも応援お願いします♪
人気ブログランキングへ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報
posted by けいこ at 22:22| Comment(0) | クロアチア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月09日

クロアチアのドブロブニークへ

今日はMostarモスタルを出発し
バスでクロアチアのドブロブニークに向かった。🚌

モスタル周辺にはブドウ畑が沢山。
IMGP9676.JPG
ワイン用かね〜?

途中でいくつかの湖や
IMGP9686.JPG
海岸線のそばを走り抜け、
IMGP9701.JPG
ついにDubrovnikドブロブニークに到着した。

ドブロブニークは周囲を城壁で囲まれた素敵な街。🎵
IMGP9705.JPG
世界遺産にも登録されてて、『アドリア海の真珠』とも呼ばれてる。

世界的な観光地なだけあって観光客がとっても多い。
IMGP9719.JPG

日が暮れてもになっても大勢の人が出歩いてる。
IMGP9739.JPG

夜になったら城壁がライトアップされてこれまたキレイ。✨
IMGP9742.JPG
明日はこの城壁に登ってみよう!
晴れるといいな〜〜〜☀

クロアチア語でありがとうは「フヴァーラ」
今日も読んでくれてありがとう♪ フヴァーラ\(^o^)/
ブログランキングに参加中です。
↓↓↓バナーをクリックで応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ
にほんブログ村 夫婦世界一周

←←よかったらこちらも応援お願いします♪
人気ブログランキングへ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報
posted by なおのぶ at 22:22| Comment(0) | クロアチア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする