2015年2月より日本に帰国しています。
旅の間にお世話になった友人たちに日本を案内したり。
日本にいながらも相変わらず旅心地な日々を過ごしています。
旅日記はまだ続いていますので、たまに覗きにきてください(^_^)

2014年01月27日

三菱もレクサスもスズキも日本の会社だよ!

今日はBahrainバーレーンからOmanオマーンへの移動日。

バーレーンを出る前に、いつものカフェで朝昼ご飯。
これから飛行機乗るけど、
多分フライト時間が短いから機内食は期待出来ないからね。
でも実際のところは、ここで食いたい!が本音かな。😃

ファラフェルに鶏のケバブ、レンティルスープ、野菜とチーズの入った揚げ物。
どれもおいしい。( ̄ー+ ̄)
IMGP8954.jpg
そしてKarakと呼ばれるミルクティー。
これがヤバい!!!!

オレ、実はミルクティーが苦手。
紅茶はストレートが好きだし、牛乳と紅茶が混ざった感じがどうもね…
でも、ここKarakはシナモンとか香辛料がいろいろ入っててウマいんだよね。
生まれて初めてミルクティーが美味しいってことを知ったよ。
旅に出て初めて知ったことがまた一つ増えた。🎵

その後、宿を出て空港に向かった。
通常タクシーで空港に行くと6から8BDのところを
宿のワンボックス車(トヨタのハイエース)で
5BD(約1400円)で連れてってくれた。
よかったよかった。ありがたいね〜

ハイエースは空港へと突っ走る。
IMGP8957.JPG
途中で大きな橋を渡った。
IMGP8958.JPG
バーレーンの海はとれもキレイだ。✨
この海が永遠にこのままであってほしいね。

ところで、空港へ向かう間に
運転手の兄ちゃんと車の話で盛り上がった。
「お客さんはどこの国から来たの?」
「日本だよ〜」
「日本!?いいね〜!この車トヨタ!Made in Japanだよ!」
「トヨタの車はどう?」
「大好きさ!壊れないし燃費もいい!日産もいいね〜でもアメ車はダメだ。」
「何で?」
「アメ車はガソリンがすぐ減っちゃうからダメだね。」
「なるほど〜他の日本車はどう?(前を走る三菱の車を指差し)例えば三菱は?」
「え?三菱って日本なの?ランサーって日本なの?」
「そうだよ!日本車だよ!!スズキとかマツダも日本だよ〜〜〜」
「ホントに?!知らなかったよ!お客さん、レクサスは?」
「レクサスも日本。あれはトヨタが作ってるんだよ!」
「トヨタとレクサスが一緒?レクサスはドイツかと思ってたよ〜〜〜〜!!」
運ちゃんの彼はいろいろ驚いてたけど、オレも沢山驚かされた。

バーレーンやUAEなど中東の国々では日本車が沢山走ってる。
でも現地の人の中には、日本車だとは知らずに
日本の車に乗っている人も少なくないのかもしれない。
多くの人が日本の車は性能が良いことを知っている。
しかし、どの会社が日本のメーカーなのか認識されてないことも事実。

もっと日本のメーカーは、
自分たちが超技術大国『日本』(言い過ぎか?)の企業だということを
前面に打ち出した方がいいのではなかろうか?
それだけで少しは売り上げが伸びると思うんだけどな〜〜〜

運ちゃんとした車の話題の中で驚いたことがもう一つ。
それはガソリン代。

バーレーンのガソリン代はなんと1リットル0.1BD(約28円)!安い!!
UAEでもガソリン代は安くて、日本円に換算すると約45円くらいだった。
さすがは産油国だね。
こんなにガソリンが安い国なら
燃費が悪いアメ車でも関係ないんじゃん?ってオレは思ってしまった。

だけどたとえどんなにガソリンが安くても、
「燃費がいい車の方がいい!」っていう彼の言葉を聞いて実感したよ。
そう、塵も積もれば山となる。
そしてオレたちにとっては安いガソリン代も
彼らにとっては高いのかもしれない...

いろんな話をしてたらいつの間にか空港に到着してた。
運ちゃんとお別れしチェックインカウンターへ。
荷物を預け、出国のハンコもすんなりもらい、出発ゲートに進んだ。

すると、空港の免税店にマセラティやBMWが展示してあるのを見かけた。
IMG_1260.jpg
免税店で買い物をすると、抽選でこういう高級車が当たるらしい!
まぁオレたちは免税店で買い物をすることはないんだけど。

こんなキャンペーンをして免税店は元が取れるのかね〜?って思ってたら、
スペイン人の友達がこんなことを教えてくれた。

たとえ車が当たっても、空港から飛び立ったほとんどの人は
自分が当選したことを知ることはないから、
免税店は車を商品として渡すことは基本的にないんだって。

なるほどね〜〜〜〜(´・∀・`)
石油で儲かってる国の免税店だから羽振りがいいのかと思ったら、
なかなかうまいこと考えてるんだね。

そんなバーレーンの空港を飛び立ち、オマーンのマスカットへ。
今回の飛行機はGulf Airというバーレーンの航空会社。✈
たった2時間のフライトなのに機内食がでた!
サンドイッチと飲み物だけだったけど、ちょっと驚いたよ。

マスカットの空港に着くと、早速入国審査だ。
オマーンは入国ビザを空港で
手に入れることが出来るのだが、コレが安くないんだな。

オレたちは30日滞在のビザで20R(約5400円)だ。
これを入国審査窓口の近くにある両替屋で
オマーンの通貨に両替し、ビザ代を支払う必要がある。

オレたちは残ってたバーレーンの通貨とUSドルを両替。
バーレーンの空港よりもここマスカットの方がレートが良くて助かったね。
ただ、オマーンのビザ代は高い…

他の国ならば、ビザを発行するにあたって入国審査官が
別の用紙をパスポートに貼ったりそれなりにプロセスがある。
でもここじゃハンコをポンって押すだけ。
たったそれだけなのに約5000円って!(期間が10日以内ならもっと安いけど。)
随分やり過ぎじゃないか?😠

噂じゃどうやら、オマーンという国が手っ取り早く金を稼ぐために
このビザの制度を導入したんだとか。
ある意味賢いね〜オマーン!

ともかく無事に入国し、乗り合いタクシーに乗って宿まで向かうことに。
空港の到着ロビーから乗ると普通のタクシーしかいないから、
大通りまで出て乗り合いタクシーを拾った。
通常のタクシーだと空港からマスカットの市街まで5〜6Rで、
乗り合いタクシーだと二人で0.8Rと値段が全然違う。
(乗り合いタクシーの場合は一人幾らっていう料金体系になる。)

どうにかマスカットの市街に到着。🚗
IMGP8962.jpg
さーてと、高いビザ代を払ったことだし、
これからオマーンを満喫すんぞ!v(・∀・)v


アラビア語でありがとうは「シュクラン」
今日も読んでくれてありがとう♪ シュクラン \(^o^)/
ブログランキングに参加中です。応援お願いします。
↓↓↓ クリックすると今日の順位がわかります!
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ
にほんブログ村 夫婦世界一周

←←よかったらこちらも応援お願いします♪
人気ブログランキングへ 

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報

食いしんぼう夫婦の世界みてある記
食いしんぼう夫婦の世界食べある記もみてね!
posted by なおのぶ at 22:22| Comment(0) | バーレーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

どうみてもさつま揚げ?バーレーンのケバブ

今朝起きたらひどい鼻声。
うっすら微熱を感じるだるさ。
ほんとは数日前からだけど、騙し騙し過ごしてきた。

原因はなんとなくわかってる。
この部屋だ。
宿に到着してこの部屋に入った時から
なんか違和感があった。

埃?カビ?
なんだかわからないけど
この部屋のなにかが、私の体質に合わないらしい。

旅をしていると、こういうことがたびたびある。

ハウスダストや大気汚染など
いつもは夫の方が敏感に反応出るのだけど
今回はどうやら私だけが感じるらしい。
人間の身体ってフシギだなー(・ ・?)

横になって休んでいたいのだけど
ここにいると吐き気を伴う咳が止まらない・・・
(身体からなにかを出そうとする反応らしい)

どうする?と夫。
出歩くのはしんどいけど、ここにいるのもしんどいな。

PC持ってあのカフェに行こう。
WiFiあるから作業もできるし。
たぶん、ここを出れば良くなる気がする。

すっかりお気に入りのいつものカフェに出向いた。

マナーマのスークにあるここ。
お料理も美味しいし、スタッフも感じいいし、大好き♪

Chai Karak(カラック・ティー)と呼ばれる
アラブのお茶が、とくに好き♪

このお茶、インド風ミルクティー(マサラチャイ)によく似てる。
スパイスが効いてて、気分もスッキリする。
ここのカフェのは他のお店より濃厚で香り豊か!
ほんとに美味しい♪

カラックを飲んでいるとだんだん身体が楽になってきた。

ちいさなカップにおかずが盛られてくるバーレーン料理。
IMGP8943.JPG
これ↓な〜んだ?!
IMGP8945.JPG
さつま揚げみたいな見た目。
食べるとがんもみたいな風味。懐かしい感じ!
お肉は入ってなさそうだ。

これが、バーレーン・ケバブだって!
焼きじゃなくて、揚げケバブもあるんだね〜(´・ω・`)

ゆっくりと食事をとり、持ち来んだPCで作業をしていると
隣りの席から聞こえる・・・イタリア語???

なんと、バーレーンで二組目のイタリア人に出逢う!
IMGP8949.JPG
バーレーンでイタリア語を話す日本人に出逢うなんて!!!と
向こうは向こうで、超盛り上がってる(笑)

こんなに喜んでもらえて・・・
イタリア語、少しは話せてよかったな。
こういう瞬間に出逢うたび、思う。

写真に一緒に写っているアラブの装いの彼にも
一緒に写真撮ってくれてありがと♪
シュクラン(アラビア語でありがとうの意)と声を掛けたら

「えっ?!アラビア語も話せるの?⤴」だって・・・

いや〜、アラビア語はちょっと。。。(^∇^;)
でも「シュクラン」だけでこんなに喜ばれると嬉しいね♪

たとえ一言でも、新たな言語を覚える楽しさ。

カフェにいた数時間で一気に体調回復したのに
宿に戻った途端、逆戻りーっ(>_<)
明日は出発日。あと一晩の辛抱だ!

マナーマの一風景。
IMGP9471.JPG

〜バーレーン観光豆情報〜
某旅行ガイドに載っているマナーマ周辺の地図。
縮尺が違ってます (;゚∀゚) 要注意!
この街、歩いて廻るのはなかなか難しく・・・
かといって公共交通機関もろくになく・・・
タクシー代、要覚悟!
でも・・・マイナー観光地な分
いろいろ発見もありますよ♪

アラビア語でありがとうは「シュクラン」
今日も読んでくれてありがとう♪ シュクラン \(^o^)/
ブログランキングに参加中です。応援よろしくお願いします😃
↓↓↓ お手数ですが…クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ
にほんブログ村 夫婦世界一周

←←よかったらこちらも応援お願いします♪
人気ブログランキングへ 

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報

食いしんぼう夫婦の世界みてある記
食いしんぼう夫婦の世界食べある記もみてね!
posted by けいこ at 22:22| Comment(0) | バーレーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月25日

マナーマの喧噪

昨日の夜、宿の外がやたら騒々しかった。
大勢の人が騒ぐ声と車のクラクション&無駄にデカいカーステレオの音。
ちなみに、ここBahrainバーレーンでは道路がちょっとでも詰まると
車はすぐにクラクションを鳴らすし、いつでもしょっちゅううるさい。

だけど、昨日の夜は特にスゴかった。
あまりにクラクションが鳴り止まないから外の様子を見てみた。👀
IMGP8935.JPG
案の定、道路が車で埋まってた。

渋滞してる時にクラクション鳴らしたって、前に進めるわけじゃないだろ?
おとなしく待ってろよ!って上から見て思ってたんだけど、なんか様子が違う。

どうやら若者のグループが路上で揉めているみたいだ。
IMGP8940.JPG
道路を塞いではいないけど、
車を運転するの方から見たらかなり邪魔で通りにくいんだろうな。
おのずと車はノロノロ運転になり、渋滞の列ができてしまう。
そして何が起こっているのか見えない列の後方の車は、
早く前に進め〜!動け〜〜〜!!とクラクションを鳴らす。

ちょっと不思議なのが、
若者の揉め事(というかケンカ)を止めるようとする人もいなけりゃ、
誰も警察を呼ばないこと。
IMGP8939.JPG
足を止めて見てる人もいるけど、ケンカしてる横をフツウに歩いてく人もいる。
こういうことが日常茶飯事なのかもね。

そしてこの状況がけっこう長く続き、この先どうなることかと見ていたら、
最終的には揉めてた若者たちが分散したことで多少車の流れも良くなり
周囲は少し静かになった。
まるで何もなかったかのように...

ところで、オレたちの宿の入口には
(常にではないものの)軍服を着たガードマンみたいな人がいる。
いつもいつもヤバいことがあるわけじゃないんだろうけど、
何かが起こる可能性がある地区なんだろうな〜ここは。
ちょっと気をつけないとね。

オレたちが滞在してるのはマナーマの中心とも言える
Bab Al Bahrainバブ・アル・バーレーン(バーレーン門)の近く。
IMGP8924.JPG
昼間は外国人観光客がそれなりにいるのに、
夜になると何故か彼らは全くいなくなる。

バーレーンとドバイはそれぞれ、
石油を産出し輸出する中東の国の代表的な都市だ。
でもこの二つの都市は全く違う。
同じようなもんかと思ってたけど全然別物だね。
その違い、来てみて初めて知ったよ。

アラビア語でありがとうは「シュクラン」
今日も読んでくれてありがとう♪ シュクラン \(^o^)/
ブログランキングに参加中です。応援お願いします。
↓↓↓ クリックすると今日の順位がわかります!
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ
にほんブログ村 夫婦世界一周

←←よかったらこちらも応援お願いします♪
人気ブログランキングへ 

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報

食いしんぼう夫婦の世界みてある記
食いしんぼう夫婦の世界食べある記もみてね!
posted by なおのぶ at 22:22| Comment(0) | バーレーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月24日

古代神殿にアラビアンマダムの殿堂【バーレーンの見どころ巡り3】

今日は金曜日。
オレはちょっくら礼拝に行ってくるからさ。
イスラム教徒のインド人の運ちゃんは
そういって私たちをここに置いていった。
IMGP9401.JPG
ここはサール(SAAR)神殿。
IMGP9380.JPG
こんな土器の欠片みたいのがゴロッゴロ転がっている。
IMGP9406.JPG
見てこれ、こんなに大きな破片。
IMGP9405.JPG
これってホントにそんな古いものなのかな?
どこかに書いてそうだよね?
メイド・イン・チャイナって(^∇^;)
なんてふざけたくなるくらい、そこら中に転がってる。

おや?フンコロガシかな?
IMGP9404.jpg
砂漠の生き物の代表選手だよね。

お次はバルバル(BARBAR)神殿。
最も古い層は紀元前2800年に遡るという。
IMGP9458.JPG
もぬけの殻のビジターセンター。
いつになったら完成&運営されるんだろう ┐(´〜` ;)┌
ここにはまったく解説はない。
先に博物館に行っといてよかったよ。

近所の民家の様子もちょっと気になる。
IMGP9452.JPG
夫が覗き込んでいる下にあるのは
地下神殿とかネーミングされていたスペース。
IMGP9460.JPG

IMGP9464.JPG
ここにプールのように水を張って
水中神殿として使われていたらしい。

公共交通機関もなく、情報も少なすぎて
半分諦めていたバーレーンの遺跡を巡れて大満足♪

半日付き合わされた運ちゃんは
こんなのばっか見て何が楽しいの?
といわんばかりの表情だったけど・・・ (^∇^;)

宿まで送ればいい?と運ちゃん。
私たち、エキシビション・センターで降ろして欲しいんだ。

いまバーレーンでは、オータム・フェアなる
年に一回の見本市が開催されている。

いまってオータムだっけ?というツッコミは置いといて
古今東西、世界中からやってきたありとあらゆる品が並ぶと
バーレーン人の話を聞き興味津々!

入口に行列をなすアラブの女性たち。
IMGP8923-0af7f.JPG
ここって女性専用ゲートだっけ?(笑)

ジュエリー&アクセサリー、香水、洋服&布製品
食器、食品、家電、日用雑貨・・・などなど。

出展者は世界中というよりも
中東&アジア(中国、シンガポール辺り)が殆どだったけど
商品のラインナップはなかなか個性的だった。

とくに中東世界の漢方系ショップ。
ここはアラブの女性たちに大人気だ!
IMGP9470.JPG
このタイプのお店はイエメンからの出展者が多かった。
イエメンはいまは(情勢が厳しくて)行けないからね。
どんなものが並んでいるのか気になる〜!

見た目だけではなんなのか判断しかねるものも多くて
これなに?と尋ねるのだけど・・・

これパフューム(香り)!これマスク(顔パック)!
・・・あの〜、用途じゃなくて
コレ自体がなんなのか知りたいのだけど。。。

店員さんは必要最低限の英語しか解さない様子。
どうやらこの手のお店
はなからアラブ圏のお客しか対象にしてない感じだ。

困っていると隣りの女性が英語で声を掛けてくれた。
イスラムの黒装束から
パッチリお目目とヘナを施した手だけをのぞかせたマダム。

いかにも伝統的なアラブの女性にみえるマダムたちは英語を解すのに
各国のお客を相手にする(はずの)出展者側はカタコトなんてね(・ ・?)

でも、店員さんたちとは
カタコト英語ならではの楽しいやりとりができた。

なんだかわからない商品だらけのなかで
これなに?と指差したら
いいから口にいれてみろ!とジャスチャーで返されたものがあった。

一口大のボール状の白い練り物。
二人して、パクッと口に頬張ったら・・・

((( ;>ロ<)从(>ロ<; )))

マッズーーーイ!!!ナニコレッ???

その様子をみてウケる、店員の兄ちゃんたち。

私たちの後ろにいたマダムが教えてくれた。
これは水の中にいれて溶かして飲むのよ。

ハメラレターーー(>_<)

でも、楽しかったから許す♪

アラブ各地の伝統衣装(っぽい)のお店も多くて見応えあったし
他にも土産物からアンティークまでさまざま。

ものが溢れている日本社会からみたら
わざわざこんなとこに来なくても買えそう…
って品も少なくないのだけど
(とくに中国系ショップの日用雑貨やお手頃アクセサリー)

一度に一箇所で、こんなに豊富な品揃えのなか
お買い物できるってシチュエーションが
アラブ圏(の特に女性)にとっては少ないのかな?って思った。
それくらい女性たちが熱かった (^_^)

そして、こういう場だとアラブの女性たちにも
気軽に話しかけやすいのがまた楽しかった〜♪

バーレーンの見どころ大満喫の一日でした。

アラビア語でありがとうは「シュクラン」
今日も読んでくれてありがとう♪ シュクラン \(^o^)/
ブログランキングに参加中です。3位まであともう少し⤴
↓↓↓ ポチッと応援お願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ
にほんブログ村 夫婦世界一周

←←よかったらこちらも応援お願いします♪
人気ブログランキングへ 

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報

食いしんぼう夫婦の世界みてある記
食いしんぼう夫婦の世界食べある記もみてね!
posted by けいこ at 22:22| Comment(0) | バーレーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シーア派の街に8万5千の古墳【バーレーンの見どころ巡り2】

この砂山。
IMGP9365.JPG
工事現場じゃないですよ。
IMGP9366.JPG
あっちの山も、こっちの山も、み〜んな古墳。
ここにあるのはアアリ古墳と呼ばれるもの。
(A'ALI BURIAL MOUNDS)

その大きさ奄美大島とほぼ同じの小さな島国Bahrainバーレーンには
その数なんと、8万5千にものぼる古墳があるんです!!!

その余りの数の多さに
ここはアラブ中から遺体が寄せられた墓場
「死の島」だったのでは?
なんて考えられていた時期もあったとか。
調査により現在はこれらの古墳はみな
バーレーン現地人のものだと判明したそうです。

紀元前3000年前からのものもあるという
小さな古墳が無数に広がるさまは圧巻!
IMGP8876.JPG
なんだけど・・・写真じゃ伝わりにくいなぁ

昨日の博物館にあったジオラマ。
IMGP9317.JPG
そう、ちょうどこんな感じなんだけど・・・
どう?少しは伝わるかな???

まぁ、このただの砂山群をみて
こんなにワクワクするなんて私たちくらいかも(^∇^;)

ジオラマの手前の方にはこんな感じで
IMGP93172.JPG
民家の中にやや大型の古墳がある地域があった。

ここもアアリ古墳のはずだよ。
ここには行かないの?と尋ねると
さっきみたのがアアリ古墳だろ!と運ちゃん。

いやいや、私たちが博物館で見た説明には
大型の古墳もアアリにあるって書いてあったよ。

運ちゃんはよく場所を知らなかったらしく
宿のお兄さんに電話する。。。

私たちにとっては
バーレーンでめっちゃ行きたい場所なんだけど
一般の観光客はあんまり行かないのかな???

あんまり気の進まない様子の運ちゃんが説明する。
さっきのはアアリ・マウンズ!(MOUNDS)
ここはアアリ・ポートリー!(POTTERY)ってとこ!!!

どうやら、廻る場所がひとつ増えたことが不満らしい。

へ?どっちもアアリ(A'ALI)じゃん。
そもそも、小さいのだけじゃなく
民家の隣りにある大きい古墳も見たいって
私たちが写真を見せて何度も説明してたのに
OK!OK!って聞く耳持たなかったのはあなたじゃない┐(´〜` ;)┌

ちなみに、ポートリー(POTTERY)の名の通り
アアリ(A'ALI)は陶器作りの街としても知られている。

おおっ、見てきたぞ〜。
IMGP9431.JPG
モスクの隣りのあの山は古墳だね!!
IMGP9428.JPG
道路の脇のこの山も!
IMGP9425.JPG

この小屋?のすぐ右にも
IMGP9413.JPG
こんな基礎がしっかり残った古墳跡。
IMGP9415.JPG

古墳の中にある街。街の中にある古墳。
それが見たくて訪れたけど・・・
IMGP9421.JPG
その街並、道行く人々の様子にもなんだか惹かれる。

団地のような建物の窓から、幼い姉妹が声を掛けてきた。
IMGP9424.JPG
コリア?

ううん。ジャパンだよ。
ジャパン、知ってる???

首を傾げる姉妹。

そっか・・・
コリアは知ってても、ジャパンは知らないんだね。
(過去記事→日本だと何度言ってもなぜなのか?)

好奇心いっぱいの瞳。
IMGP9427.JPG
その場で折った折り紙を手渡した。
二人が初めて触れたジャパンの思い出に・・・

街中を彷徨く私たちを拾いに、クルマを回してきた運ちゃん。
どうやらここに長居したくない様子・・・なんでだ?

街を走ると車内からもあちこちに古墳が見える。
IMGP9432.JPG
でもよく見ると・・・古墳だけじゃない。
街中、落書きがやたらと目に付く。。。
ちょっと荒んだ街なのかな、ココ?

黒い旗があるの見ただろ?
ここはね、シーア派っていうクレイジーな奴らの街なのさ!
インド人のムスリムの運ちゃんはそう言い放った。

あなたはスンニ派?
ああ、もちろん!と運ちゃん。
そっか、だからココには居たくなかったんだ。

イスラム教にもいくつもの宗派がある。
トルコやアラブ諸国で多数を占めるのはスンニ派(スンナ派)。
でも・・・イランはシーア派の国。
だから周辺諸国とイランは折り合いが悪い。そう聞いていた。

でもじつは、ここバーレーンも住民の多数がシーア派。
ただしバーレーンの王家一族はスンニ派。

2011年には民主化要求のデモが起こり
国家非常事態宣言が発令されているバーレーン。
現在も情勢の変化に要注意とのことだったけど
背景にはこういう事情もあったのか・・・

このモスクもよく見ると
壁には何かが黒く塗り潰された跡がある。
IMGP9439.JPG
どうやらこの下にはバーレーン中で掲げられている
王族の顔が描かれていたようだ。

もっとこの街、歩いてみたかったな。。。

バーレーンの見どころを巡る旅はまだ続きます。

アラビア語でありがとうは「シュクラン」
今日も読んでくれてありがとう♪ シュクラン \(^o^)/
ブログランキングに参加中です。応援お願いします。
↓↓↓ カチッとクリックしてもらえると嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ
にほんブログ村 夫婦世界一周

←←よかったらこちらも応援お願いします♪
人気ブログランキングへ 

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報

食いしんぼう夫婦の世界みてある記
食いしんぼう夫婦の世界食べある記もみてね!
posted by けいこ at 11:11| Comment(0) | バーレーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする