2015年2月より日本に帰国しています。
旅の間にお世話になった友人たちに日本を案内したり。
日本にいながらも相変わらず旅心地な日々を過ごしています。
旅日記はまだ続いていますので、たまに覗きにきてください(^_^)

2014年07月23日

ギョルシュルズ♡トルコ

アブさんとお別れの日。
夕食をとるためにロカンタ(食堂)へ入った私たち。

アブさんも食べませんか?
ここから家まで2時間はかかるんでしょう?

ええ。
でも、いま食べると朝ごはんが食べられなくなりますから
私は食べません。

え(・ ・?)

不思議そうな私たちの顔をみて
アブさんはこう続けた。

いまはラマザン(断食月)です。
だから朝ごはんは午前3時頃に食べます。

ええっ?!Σ( ̄□ ̄;)

そのとき、私があまり食べないと
(しっかり断食してないと思って)お母さんが悲しみます。
なので、いまは食べません。

いまがイスラム教の断食月だということは
街中の様子から重々承知していたつもりだった。
毎晩日の入り後に人々が飲食店に大挙して訪れるからね。

じゃあ、日の出前は?
私たちはたいてい眠りについているから
その時間帯について殆ど考えたことがなかった。

みんな、そんなに早い時間に食事をとっていたんだ・・・

私は仕事があるので昼間のあいだに食事しますが
お母さんは断食をとても大事に考えていますので
お母さんを悲しませないようにしなければなりません。

断食月(ラマザン・ラマダン)。
今回、その時期にトルコに滞在することになって
知ったことがいろいろあった。

そのひとつは、ブログにも既に登場しているこれ。
IMG_1954.jpg
ギュルラッチ。断食月の定番デザート(^_^)

そして、トルコでは断食月には各自治体等により
無償で夕食が振る舞われているということ。
なかでもタクシム広場の規模はすごかった。
IMG_2014.jpg
ステージ付きの円卓でまるで晩餐会。
時刻が迫ると入り口に人が集まり始める。
IMG_2015.JPG
そして、ゲートが開いて着席する人々。
IMGP6259.JPG
約一ヶ月もの間毎晩、この光景が広げられるのです。

この食事は誰もが享受できるもので
それは旅行者の私たちも(ムスリムでなくても)
例外でないと聞きましたが
基本的な精神としては貧しい人々への施しなのだそう。

そのためなのか、はっきりとは断言できないけれど
今回イスタンブール入りしたときから
前回と明らかに違うと感じていたあることが
ラマザンに起因しているような気がします。

それは、路上で物乞い&物売りをする子どもの多さ。

昨年(10月)も今回とほぼ同じエリアに滞在し
毎日のようにタクシム広場を行き来したけれど
こうした子どもの姿が
今回の方が明らかに多く見受けられるのです。

はじめのうちは
バカンスシーズン(観光客の増加)のためと捉えていましたが
日の入り後に振る舞われる食事を受け取る
彼らの姿をみたとき、その観点が変わりました。

たとえ幼児(3歳程度と思しき)であっても
しっかり一人前の食事を受けることができるのです。
さらにタクシム広場で振る舞われるものはなかなか豪華そう。
小さな子どもが何人もいる家族なら相当な量になるでしょう。

もしかしたら、この時期、ここに、このために、
子どもたちを連れて集まっているのかもしれません。

野良猫、野良犬などに対する扱い(愛護的)もそうですが
トルコ社会は大変に慈悲深い一面を持っています。

そんなトルコ、イスタンブールとも今日でしばしのお別れ。
空港のカフェでトルココーヒーを煎れてくれた
バリスタ(と呼んでいいのかな?)のお兄さんに
トルコ語で最後の挨拶。

ギョルシュルズ〜♪

お兄さん・・・
めっちゃいい笑顔を返してくれた😃

トルコ語でまたね!は「ギョルシュルズ」
次回の記事でお会いしましょう♪ギョルシュルズ〜\(^o^)/
ブログランキングに参加中です。
↓↓↓バナーをクリックで応援いつもありがとう♪
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ
にほんブログ村 夫婦世界一周

←←よかったらこちらも応援お願いします♪
人気ブログランキングへ 

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報
posted by けいこ at 23:23| Comment(0) | トルコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さらば渋滞のイスタンブール

今日、イスタンブールからルーマニアの首都ブカレストに移動した。

まず向かったのはタクシム広場の近くにある空港シャトルバス乗り場。
IMGP6446.jpg
ここからHAVATAŞハバタシュ社のバスで空港へ。🚌

ところで、イスタンブールには空港が二つある。
ヨーロッパ側にはメインのアタトゥルク空港で、アジア側には
LCC(格安航空会社)の発着が多いサビハ・ギョクチェン空港だ。

今回利用するのはトルコのLCCであるペガサスエアーなので、
サビハ・ギョクチェン空港に向かった。

タクシム広場を出たバスはボスポラス大橋を渡ってアジア側へ。
IMGP6449.jpg
この橋はイスタンブールのアジア側とヨーロッパ側を結ぶ重要な橋。

ボスポラス海峡にはこの橋を含めてたったの二つしか橋がないため、
しょっちゅう渋滞していることでも有名。
IMGP6453.jpg
ちなみに写真右側がヨーロッパ、左側がアジアだよ〜〜💡

オレたちが橋を渡った時も、
反対車線(アジア側からヨーロッパ側に向かう道路)は
めちゃくちゃ混んでた。
IMGP6450.jpg
こちら側の車線を一つ反対側の車線を走る車に使わせて
渋滞を緩和させようとしてるけど、そんなんじゃ焼け石に水な感じ。

アジア側に入ってもそれなりに混んでた。┐(´〜` ;)┌
IMGP6459.jpg
タクシム広場を出て約45分後、空港に到着。
IMGP6462.jpg
しかし、これでも実はマシな方なんだとか。
下手すりゃ1時間半くらいかかるらしい。💦

イスタンブールの渋滞は非常に深刻で、トルコとしても
地下鉄などの公共交通機関を整備し改善を試みてるところだ。
このことに関しては日本も渋滞対策に協力しており、
昨年にはボスポラス海峡にトンネルを完成させ、地下鉄を開通させた。

しかしそれでも、いまだに渋滞は起こっている。
要するに、トンネルひとつくらいじゃまだまだ足りないのだ。😵
だが、新しく橋やトンネルを作れば解決という訳でもない気がする。

何故なら、どんなに橋やトンネルを増やしたとしても
車が増えれば渋滞は緩和されない。
また、その他の公共交通機関が整備されなければ
イスタンブールの人々は自家用車を使うしかないからだ。

一朝一夕には解決出来ない難しい問題だよね。
だけど、トルコならどうにかできるはず!(多分!!)
いつの日かイスタンブールにはまた来ると思うから、
その時は少しは渋滞が改善してるといいな〜〜〜

飛行機の出発を待つ間、トルココーヒーを飲んだ。
IMGP6465.jpg
これが最後のトルコの味。
ありがとうトルコ、絶対にまた来るよ〜〜〜👋

そしてイスタンブールを出発した飛行機は、無事ブカレストに着いた。
オレたちにとってルーマニアは初めての国。😃

さ〜てどんなことが起こるかな?
明日が楽しみだね!!🎵🎵🎵

トルコ語でありがとうは「テシェッキュレル」
今日も読んでくれてありがとう♪ テシェッキュレル\(^o^)/
ブログランキングに参加中です。
↓↓↓バナーをクリックで応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ
にほんブログ村 夫婦世界一周

←←よかったらこちらも応援お願いします♪
人気ブログランキングへ 

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報
posted by なおのぶ at 22:22| Comment(0) | トルコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月22日

わたしは〜わたしは〜わたしは◯◯◯◯◯

今日はIstanbulイスタンブール滞在の最終日。
明日にはトルコを出てしまうオレたちのために、
アブ君が仕事の合間を縫って会いに来てくれた。

イスタンブールでどこか行きたい所はありますか?とアブ君が
聞いてくれたけど、オレたちは既に大抵の場所には行ってしまっている。

どっかないかな〜?
そうだ!こないだサズ(トルコの伝統的な弦楽器)を弾いてくれた
ムハレムさんのとこへ一緒に行ってもらえるかな?
オレは彼にサズことで聞きたいことがあるんだけど、ムハレムさんは
あまり英語が話せないから、アブ君が通訳してくれると助かるんだけど…

もちろんいいですよ!行ってみましょう〜〜〜
アブ君が快く引き受けてくれたので、
早速ムハレムさんの洗濯屋に行ってみた。

ところがちょうどその時、ムハレムさんは仕事が立て込んでて大忙し。
なのでまた後でお邪魔することにし、アブ君にはイスタンブールの
楽器屋が軒を連ねる地区を案内してもらうことになった。

その中の一軒。
IMGP6425.jpg
お〜サズがいっぱいだ〜〜〜⤴

サズ以外にも色々あって興味深い。
IMGP6422.jpg
これはウードという楽器で、フレットがないのが特徴。

アブ君も挑戦。
でも、店員の目が冷たい…💧
IMGP6423.jpg
まぁ確かにね、オレたちゃ買う気ゼロだし。
ただトルコの楽器に触れてみたいだけだからな〜
ゴメンね〜〜〜(苦笑)

よし、別の店に行ってみよ〜〜〜👊

次の店はフレンドリーでよかった。
片っ端から試奏。これはジュンブシュ。
IMG_2135.jpg
全然弾けないんだけど弾いてみたい。(笑)

いろんな民族楽器があってテンションが上がるオレたち。
IMG_2137.jpg
これはカラデニズ・ケメンチェ。
トラブゾンなど、黒海沿岸地方の楽器なんだそうな。
ちなみにカラデニズとはトルコ語で黒海のことだよ〜〜〜

さらに別の店に移動して、最後はギターの試奏。🎵
IMG_2145.jpg
久々に大音量で弾くエレキギター。
やっぱこれが一番楽しい。⤴⤴⤴

ところでこの時、
楽器屋の店員さんが日本語についてオレたちに質問してきた。

ちょっとすみません、「わたしは〜」って何ですか?

オレとアブ君が日本語で話していたのをずっと聞いてた店員さん。
会話の中でアブ君が何度も「わたしは〜」って言うのが気になり、
どういう意味なのか知りたくなった様子。

アブ君が「わたしは〜」の意味をトルコ語で説明し終えると
店員さんは嬉しそうに「やっとわかったぞ〜!」と叫び、
突然ある歌を歌いだした。

『わたしは〜わたしは〜わたしはキャンディ〜〜〜!』

そ、そ、それは! w(゚0 ゚)w
まさかトルコ人の兄ちゃんがキャンディキャンディとは!!
今時の日本の若者は、多分キャンディキャンディ知らないぜ!?(爆)

どうやらキャンディキャンディはトルコで長いこと
放送されてたらしく、多くの人が知ってるみたい。
そして主題歌は日本語がそのまんま使われてたことが判明したよ。

店員さんは子どもの時にテレビで何度もその歌を聞き、
日本語の歌詞の意味はわからないものの
『わたしは〜わたしは〜』っていうフレーズだけは覚えてたんだそうな。
IMGP6428.jpg
いや〜それにしてもスゴいな、ジャパニーズアニメの影響力!
店長さんもオレたちも、これにはみんな大爆笑。
めっちゃ面白かったよ〜〜〜 ヾ(@>▽<@)ノ

その後、楽器屋巡りを終えムハレムさんの洗濯屋へ。
仕事が一段落したムハレムさんはサズを弾いてくれた。
IMGP6432.JPG
アブ君が通訳してくれたから色々質問できたし、
オレが知りたかったことは大体教えてもらえてよかったね。
IMGP6434.JPG
アブ君、ここ数日本当にどうもありがとう。
オレたちは君のおかげでとても充実した日々を過ごせたよ。

彼との別れ際、感謝の気持ちを伝えた。
名残惜しいけが今回はここでお別れだ。

アブ君も少し寂しそう。
彼は彼で、オレたちと会えるのを楽しみにしていたようだったしね。

さよならを言うのは本当につらい。
でも必ずまた会えるよ。きっと。
アブ君、次はどこで会おうか?

トルコ?それとも日本?

トルコ語でありがとうは「テシェッキュレル」
今日も読んでくれてありがとう♪ テシェッキュレル\(^o^)/
ブログランキングに参加中です。
↓↓↓バナーをクリックで応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ
にほんブログ村 夫婦世界一周

←←よかったらこちらも応援お願いします♪
人気ブログランキングへ 

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報
posted by なおのぶ at 22:22| Comment(0) | トルコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月20日

旅が好き。人が好き。そんなあなたが大好きです♪

イスタンブール旧市街。
Nさんと問屋巡りをした昨日。
IMG_2119.jpg
エジプシャン(スパイス)バザール付近にて。
人の波を遊泳中(^_^)

一転して、今日は新市街へ。
IMGP3548.JPG
やってきたのは
巨大ショッピングモール、ジェヴァヒル。
IMGP3555.JPG
写真は前回(昨年)滞在時のもの。

意外にもNさん、
いままでイスタンブール新市街には
あまりご縁がなかったそうで
今回初のこのショッピングモールを
満喫されたご様子(^_^)

両手にいっぱいになった戦利品を
Nさんの宿泊先まで一旦置きに。

移動の足はバス。
ふだん旧市街に宿をとるNさんは
イスタンブールではバスを利用しないとのことで
ここは私たちがご案内。

旧市街(エミノニュ・アクサライ)と
新市街(タクシム〜シシュリ周辺)との移動は
バスがなかなか便利!(渋滞がなければ…ね^ ^)

今日は日曜というのもあって道もスイスイ。
ジェバヒル〜アクサライ〜タクシムへ。
車中お喋りしているのもあって、あっという間。

タクシム広場からイスティクラール通りへと。
IMGP6401.JPG
途中、少し脇道を入って
私たちのお気に入りのお菓子屋さんで一休み。
IMGP6403.JPG
ラマザン(断食月)時のデザート、ギュルラッチ(写真手前)。
口当たりがとってもよくて、優しい甘さ。
暑〜いこの時期には食べやすいお菓子。
IMGP6404.JPG
小さな店内にお客さんがひっきりなし!

靴屋にて。
IMG_2128.jpg
試し履き中のNさんを見守るのは
ふらっとやってきた野良猫(^ ^)

こんな大都市にも関わらずイスタンブールでは
所問わず、猫たちがのびのびと過ごしている。

お陰で、それまで猫が苦手だった夫でさえも
昨年のイスタンブール滞在を境に激変!

いまでは道で見かける猫たちに目を細め
進んで写真を撮るほどに・・・
四十を過ぎてのこの変化には私もビックリw(゚0 ゚)w

苦手だったり、嫌いだったり。
そういう認識も、蓋を開けてみれば
単にそのものに触れる機会が少ないだけ
ということもあるのかもしれない。
食わず嫌い的な・・・

旅行をしながらいろんな人と話をしていると
国だとか、宗教だとか、民族だとかに関しても
あまり触れる機会がないがゆえに
マイナスな印象を持っているor持たれているケースが
少なくないと感じる。

ふだん触れる機会の少ない世界を身近に感じられる。
ブログを読んでくださる皆様や旅先で出逢う人々にとって
私たちもそんな存在のひとつであれたら・・・
そんな思いを胸に。

夜市で賑わうエミノニュでお別れのときがやってきた。
IMGP6417.JPG
トルコが大好きなNさん。
そして、イタリアが大好きな私たち。
(すでにトルコにもハマってますが…笑)

なぜその国が好きなのか。
国は違っても、そのポイントはすっごく近い。

挙げればいろいろあるけれど、ひとことで言うならば
やっぱり「人(ひと)」なんだと思う。

それは単に、人がいい(親切だとか明るいだとか)
という意味でなくて
ポジティブな面も、ネガティブな面も
すべてひっくるめた「人間臭さ」という意味で・・・

媒体(テレビ、ネット、書籍、等々)を通してでは
ゼッタイに味わえない、この「臭さ」がきっと
私たちを旅に惹きつけてやまないのでしょう(^ ^)

トルコ中を廻って仕入れをしてきたNさんから
素敵なプレゼントをいただきました。
IMGP8012.JPG
トルコの伝統工芸オヤ(レース編み)のピアス♪
繊細でカワイイね〜(*´ω`*)

魅力的なハンドメイドのトルコ雑貨がいっぱい!
エルマ・ドマテス」にて取り扱いされています〜(^ ^)
https://www.facebook.com/elmadomates

トルコ語でありがとうは「テシェッキュレル」
今日も読んでくれてありがとう♪ テシェッキュレル\(^o^)/
ブログランキングに参加中です。
↓↓↓バナーをクリックで応援いつもありがとう♪
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ
にほんブログ村 夫婦世界一周

←←よかったらこちらも応援お願いします♪
人気ブログランキングへ 

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報
posted by けいこ at 22:22| Comment(0) | トルコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月19日

イスタンブールの建物は...

朝、雨の音で目が覚めた。☔
部屋から外を眺めると、とても強い雨でビックリした。

こりゃ参ったな〜って思ってたら、
やたら部屋のドアの向こう側が騒がしい。
なんかわからんが人の声とビシャビシャバシャバシャといった音がする。

どうした?ってドアを開けたら、
上の階から水が滝のように流れ落ちてきてた。😞
IMGP6382.JPG
↑写真じゃわかりにくいけど、相当なもんだったね。💦

原因は雨漏り。
そういや去年イスタンブールにいた時に泊まってた宿でも雨漏りがあったよな〜
イスタンブールの(トルコの?)建物の屋根は一体どうなってんだ?😠

時間が経つにつれ、雨脚は弱まってきた。
お昼にはNさんとの待ち合わせがあるので雨が止んでくれると助かる。

Nさんは先日もイスタンブールでお会いした日本人女性。
トルコには自分のお店で扱う商品の買い付けに来てる。

待ち合わせ場所に行きNさんと再会してみると、
彼女はちょっと憤慨してた。
どうやらイスタンブールのタクシーにぼったくられたらしい。

彼女は今朝夜行バスでイスタンブールに到着したのだが、
その時間帯、雨が物凄かったんだそうな。
いつもなら歩くところを、今回はタクシーに乗ることに。
土砂降りの中大きな荷物を持って歩くのはしんどいもんね。

トルコ語が堪能なNさんでもそんなことに遭うんだ〜って驚く反面、
やっぱりイスタンブールは油断ならないな〜って強く思った。

もちろんぼったくりはイスタンブールに限った話じゃないし、
日本でもどこでもあることだ。
だけど、その割合の多さやタチの悪さを考慮すると、
イスタンブールは世界トップクラスだと個人的には思う。

こないだ日本語の上手なトルコ人詐欺師みたいなヤツにも会ったし、
オレたちも気をつけないとね。👊

さてさて、今日もNさんにお付き合いして買い出しに行くことにした。
彼女と巡る問屋街は新しい発見ができて楽しい。

そして、前回会った時にも思ったことだが、
Nさんが商品を見定めてる時の決断の早さにも感銘をうける。
迷いがほとんどない。
彼女といると勉強になることがホントに多い。( ̄∧ ̄)

一通り買い物を終え、一休み。
IMGP6394.JPG
お疲れ様でした〜☕

頂きまーす!!
IMGP6395.JPG
↑トルコの名物お菓子のひとつ、ロクム。

Nさんとの楽しいひと時。😃
彼女のトルコ各地での買い出し話で盛り上がってしまい、
いつの間にか夜10時を回ってた。

帰りに乗ろうと思ってたバスも終わってしまい、
徒歩で宿まで戻ることに。

12時近くのİstiklâl Caddesiイスティクラール通り。
IMGP6396.JPG
さすがはIstanbulイスタンブール随一の繁華街。
夜はまだまだこれから!って感じ。⤴⤴⤴

ところでこのイスティクラール通り、
クラブやバーの音が通りに漏れまくっててかな〜りうるさい。
きっとトルコの建物って屋根とか壁とか全ての作りが甘いんだろう。(笑)
そりゃ〜雨漏りもするわけだ。┐(´〜` ;)┌

トルコ語でありがとうは「テシェッキュレル」
今日も読んでくれてありがとう♪ テシェッキュレル\(^o^)/
ブログランキングに参加中です。
↓↓↓バナーをクリックで応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ
にほんブログ村 夫婦世界一周

←←よかったらこちらも応援お願いします♪
人気ブログランキングへ 

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報
posted by なおのぶ at 22:22| Comment(0) | トルコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする