2015年2月より日本に帰国しています。
旅の間にお世話になった友人たちに日本を案内したり。
日本にいながらも相変わらず旅心地な日々を過ごしています。
旅日記はまだ続いていますので、たまに覗きにきてください(^_^)

2013年08月19日

バルト三国最終章リトアニアからポーランドへ

バルト三国ともお別れ。
今日はリトアニアを出てポーランドへ向かう。

バスは午後発なので半日ビリニュスを散策。

橋の下にぶら下がってるモニュメント。
IMGP0122.JPG
夫曰く、なんか意味があるらしいんだけど
その説明をどこで見たのか?どんな内容だったのか?
忘れちゃったんだって ┐(´〜` ;)┌

IMGP0123.JPG
新市街と旧市街を分ける川の畔の
小高い丘にあるゲディミナス塔まで登ってみた。
IMGP0126.JPG
ケーブルカーというかエレベーター?な乗り物もあったけど
若者(?)はもちろん歩きです!
IMGP0136.JPG
緑豊かなビリニュスの街を瞼に焼き付けて・・・

昼食は水餃子(ロシア風)。
IMGP0140.JPG
サンクトペテルブルクから
エストニア、ラトビア、そしてリトアニアと
ロシア風水餃子もいろいろあってそれなりに美味しいけれど…

外はパリッと中はジュワ〜ッと!
そんな焼き餃子が恋しい今日この頃。。。(^∇^;)

ビリニュス→ワルシャワ、今回のバスはECOLINES。
その名の通りリーズナブルでシンプルサービス。

ビリニュスからポーランド方面の鉄道が現在運行してないせいか
ワルシャワ行き路線は数日前からすでに完売のバスも。
私たちは3日前かろうじてこのバスの切符を手に出来たという状況。

というわけで、とにかく予定通り移動出来るだけ有り難いのだけど…
このバス、シート間もかなり狭い上に、またしてもでこぼこ道。。。
これで約10時間の移動は若者(?)にはキツかったっす (;^ω^)

ワルシャワの手前の街まではずうっと片側一車線の牧歌的風景。
一見田舎道にだけど、国と国と結ぶれっきとした幹線道路。
大型トラックもたくさん通るためか
アスファルトには深〜い轍がくっきりと刻まれている。
これがでこぼこの原因その壱 (^_^;)

9時を廻ってようやく辺りが暗くなり
現れた満月の下には低くたれ込めた霧に包まれた草原。
息を飲むほど神秘的な光景だった。

それから2〜3時間。
ワルシャワの街が近づいてくると
近代的な大型ビルが目に付くようになってきた。

そうして宿に着いたのは午前0時半。。。
無事ワルシャワ到着でーす ε-(´▽`)

←励みになります!クリックよろしく♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 夫婦世界一周
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報

食いしんぼう夫婦の世界みてある記
食いしんぼう夫婦の世界食べある記もみてね!
posted by けいこ at 22:22| Comment(0) | リトアニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月18日

ビリニュスの超巨大ショッピングモール、アクロポリス

今日はビリニュスVilniusにある
アクロポリスAKROPOLISという超巨大ショッピングモールに行ってみた。

どどーん!でっかいね〜!!w(゚0 ゚)w
IMGP0976.JPG
写真じゃ全くそのスケール感が伝わらないのが、ひじょ〜〜〜に残念!

どのくらいデカいのかっていう総面積などの数値的なデータはわからないけど、
こんなアイススケートリンクがこのモールの中には存在する。
IMGP0988.JPG
信じられん!日本じゃ考えられん広さだ!!💦

日本のショッピングモールで、
モールの中にアイススケートリンクがあるようなとこってあるのかね〜
って話してたら、嫁さんが
「昔、西葛西(嫁の地元)のジャスコにあったよ〜」って言い出した。
そうだ!確かにあった!!(笑)

だけどまぁ、このショッピングモールは
恐らくあのジャスコの数倍(数十倍?)の規模だろうな。😃

モールの中には洋服屋、電気屋、本屋、ケーキ屋、靴屋、
スーパーマーケット、スポーツ洋品屋、レストラン等、何でもある。

注目すべき(?)はスシキングSushi KINGっていう
バーガーキングみたいなスシ屋。
IMGP0984.JPG
メニューに注目!👀
IMGP0982.JPG
イクラの軍艦巻きだけど、ノリじゃなくて鮭で巻いてる!
恐らく日本人にはできないであろう、スゴい発想だ。
そしてこのスシの名前が笑える。
なんだこのLove sushiって⁉
意味が全くわからん。💦

これはモール内のホームセンターで売ってた4輪バギー(?)で、
その隣にはバイクが売られてた。
IMGP0985.JPG
海外ではスクーターやバイクが、何故か電気屋さんとかで
テレビや冷蔵庫なんかと一緒に売られてるんだけど、
こういう4輪バギーは初めて見たね。

それにしても、ショッピングモールって
その国その国でちょっとずつ違いがあって面白い。

例えば...
これはビリニュスにあるアクロポリスとは別の
ショッピングモールで見つけたスポーツショップの写真。📷
IMGP0928.jpg
リトアニアって他のバルト三国と同様にバスケが盛ん。
故に、ボールと一緒にバスケのリングが売ってた。
リングがこんな風に店で売られているのって初めて見たよ!
マイボールはわかるけど、
マイリングっていうのは日本じゃ滅多にないよね。👊

それから、アイススケートやアイスホッケーも人気だから
スケート靴やローラーブレードが山積みになって売られてる。💡
IMGP0926.jpg
ホッケーのスティックやヘルメット、マウスピースとかも
子ども用から大人用まで数十種類もそろってて感動したね。

こんな感じで、各国の文化や暮らしを
垣間見ることが出来るのがショッピングモール。🎵
これだからショッピングモール巡りはたまらん!

次はどこの街のショッピングモールに行こうかね〜〜〜?

←今日もポチッと応援よろしくね♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 夫婦世界一周
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報

食いしんぼう夫婦の世界みてある記
食いしんぼう夫婦の世界食べある記もみてね!
posted by なおのぶ at 22:22| Comment(0) | リトアニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月17日

湖に浮かぶお城とリトアニアの肉まんパイ

ビリニュスからバスで30分。
美しいお城が自慢のトラカイという町に行ってみた。

湖の畔をてくてく進むと
IMGP0013.JPG
あっ、お城が見えてきたー!
IMGP0017.JPG
澄みきった湖面にも感動〜(*´ω`*)

湖に浮かぶトラカイ城。
IMGP0026.JPG
現在のお城は博物館となっている他
コンサートなどの催事場としても利用されている。
IMGP0031.JPG

IMGP0037.JPG
城内はよく保存(修復)されていて往時の雰囲気が味わえる。
IMGP0047.JPG

展示説明の一部に見慣れない文字を見つけた。
IMGP0064.JPG
この民族「KARAIMS(カライム人)」というらしく
古くからこの土地に暮らす民族のひとつらしい。

服装や黒髪などがこの辺りの民族とは到底思えない。
カライム人の隣りには、なぜかタタール人の説明もある。

元社会科教師の夫に尋ねてみても
タタール人は知ってるけどカライムってのは聞いたことないな、と。

説明によると、ここトラカイは
東欧最大のカライム人の聖地なんだとか。。。
う〜ん、ますますわからないゾ?(^∇^;)

困ったときのウィキペディアでさっそく調べてみたら
カライム人とはユダヤ系の少数民族だけれども
イスラエルでは非ユダヤと捉えられているような
独特の信仰を持った人達で
その言語など文化的な面からもみても希少な民族らしい。

その昔、連れられてやってきたカライム人の末裔により
いまもこの地にその伝統が脈々と息づいているという。
タタール人も同様にこの地に縁のある人達のようだ。

いや〜、こんな小さな町にそんな歴史があったとは・・・

現在のトラカイは
リトアニアの首都ビリニュスから近いこともあり
ちょっとした観光地。
IMGP0079.JPG
夏休みでしかも土曜日の今日は
午後になったら、城へ渡る唯一の橋も
一昔前の竹下通りの映像みたいな混みっぷりだ(笑)

ボートも楽しそう♪
IMGP0081.JPG
貸しボート屋に声を掛けたら既に予約で埋まってるってΣ(゚Д゚;)

空きボートをなんとか見つけてこんなイルカに乗ってみた。
IMGP0018.JPG
気持ちいいねぇ〜⤴⤴⤴
IMGP0111.JPG
湖は成人男性が余裕で足がつく程度の深さ。
ボートから飛び降りてじゃぶじゃぶ遊んでる人達もいっぱいいたよ。

このパイのような食べもの。
IMGP0080.JPG
KIBINAS(キビナス)とかKIBINAI(キビナイ)とか呼ばれるもの。
ビリニュスに来てから目に付くようになったから
リトアニアの食べものなのかな?って思ってたんだよね。

それにしちゃ、ここトラカイでキビナス屋がやたらと目に付く。
もしかしてトラカイ名物なのかな???と思いきや
なんと、さっき初めて知った「カライム人」の伝統的食べもので
それがリトアニア全土に広まったんだって。
IMGP0115.JPG
こんな移動販売車もあるよ。

いや〜、このキビナスね。
とくに豚肉のプレーンキビナスはもうホント
日本人にも馴染みのある肉まん(豚まん)の風味にすっごく近いんだ!
私たちは「肉まん」って呼んじゃってるくらい (^ ^)

どうやってこの地に伝わったのかそれがずっと気になっていたんだけど
クリミア半島から連れて来られたというカライム人がルーツとは(´・∀・`)

透き通るような真っ青な瞳のキビナス売りのお姉さん。
IMGP0021.JPG
写真を求めたらちょっと照れくさそう(*´∀`*)

観光客のわんさかぶりとは打って変わり
トラカイのバスターミナル(Alytus・アリトゥス)は
切符売り場すらないようなローカルターミナル。
切符はバスの運ちゃんから直接買ってね。

ちなみに行きはひとり6リタスだったのに
なぜか帰りは6.10リタス。10セント多かった(;^ω^)
IMGP0119.JPG
バスの車内はイタリア語で賑わっていた。
そう、ここもイタリア人観光客がいっぱいなのだ!

物価が少し安いバルト三国はまだわかるとしても
デンマークやフィンランドでも大勢見かけたイタリア人。
声が大きいからすぐにわかっちゃうんだよね〜 ┓( ̄∇ ̄;)┏

←今日もポチッと応援よろしくね♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 夫婦世界一周
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報

食いしんぼう夫婦の世界みてある記
食いしんぼう夫婦の世界食べある記もみてね!
posted by けいこ at 22:22| Comment(0) | リトアニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月16日

ビリニュスで世界平和を祈る

現在リトアニアの首都ビリニュスVilniusに滞在中。😃
これは街の中心を流れるネリス川。
IMGP0864.JPG
バルト三国の他の国の首都(エストニアのタリンとラトビアのリガ)は
港町だったけど、ここビリニュスは海から遠くはなれた内陸の街だ。

この街も世界遺産に登録されてて見所たくさん。
まずは大聖堂に行ってみた。💨
IMGP0872.JPG
写真に入らないほど大きい大聖堂とその前に建つ鐘楼。
ここはリトアニア人にとっての聖地みたいなとこらしい。

大聖堂の前に人だかりができていたから行ってみると、
こんなプレートが埋め込まれてるのを発見した。👀
IMGP0867.JPG
何だこれ?

そのプレートを見てたら、人が立ってグルグル回りだした。
IMGP0868.jpg
何してんだ?

ツーリストインフォメーションのおねーさんに聞いたら、
このプレートに乗りグルグル回りながら
大聖堂に向かって祈れば願いが叶うとのことだった。

やってみた。✌
IMGP9945.JPG
写真はふざけてるみたいだけど、結構マジメに祈ってみた。

お次は夜明けの門。
IMGP0908.JPG
これはビリニュスを囲む城壁に9つあった門のうちの一つ。
でも今はこの夜明けの門しか残っていない。
ちなみにこれは門の外側で右側には城壁の一部が残されてる。

そしてこれが門の内側。
IMGP0898.jpg
門の上は礼拝堂になってて、中にはマリアの肖像が置かれている。

礼拝堂の中では多くの人が真剣にお祈りしてる。
IMGP0902.jpg
このマリアの肖像は奇跡を起こすと信じられているそうな。✨
オレも一緒に祈ってみた。

そしてお約束、街の市場。
IMGP0910.JPG
これを外しちゃいけないね。

ビリニュスは内陸の街だからか、魚介類を扱う店が少なかった。
そして、海の魚より鯉の仲間やニジマスみたいな淡水魚が多い。
IMGP0909.JPG
やっぱり地元で獲れるものを食べるってのが大事なのだ〜〜!👊

そして肉!
IMGP0913.JPG
特にハムやベーコンみたいな
スモークしてある肉のラインナップが尋常じゃなくて驚いたね。w(゚0 ゚)w
(詳しくは世界みてある記の方に載ってるよ〜)

最後に、杉原千畝さんのモニュメントを見に行った。
IMGP0921.JPG
彼は第二次世界大戦中のリトアニアで、
ユダヤ人の命を守る為に尽力した素晴らしい人物だ。

杉原さんや、彼と同様に多くのユダヤ人を救ったオスカー・シンドラー。
もし彼らがいなかったら...と考えると恐ろしくなる。
でも彼らが救えたのは、大量に虐殺されたユダヤ人のほんの一部なのも事実だ。

そもそも戦争がなければ、
ユダヤ人だけじゃなく世界中の多くの命が救われただろう。

戦争は恐ろしい。
でも、その恐ろしさが忘れ去られつつあるような気がする。

先日、日本では終戦記念日だったから、
恐らく第二次世界大戦に関するテレビ番組とかが
放送されていたのではないかと思われるけど、
実際のところどうだったんだろう?

オレが子どもの頃、終戦記念日や広島と長崎に原爆が落とされた
8月6日と9日には戦争関係の特番が沢山放送されてた。

でも最近は、沖縄の地上戦や東京大空襲、神風特攻隊、
グアムやサイパン等での出来事、シベリア抑留などを取り上げた
戦争の悲劇を振り返るような番組が
どんどん少なくなってるんじゃないだろうか。

そういう番組は視聴率が取れないのかもしれないけれど、
もっと戦争の無意味さや悲惨さを伝えていくべきだと思う。
それがマスコミの仕事というか使命なはず。
ぜひとも頑張ってほしい。

そして、戦争の恐ろしさを伝えることは、マスコミじゃなくてもできる。
戦争を体験したおじいさんやおばあさんじゃなくても、
歴史や社会の先生じゃなくても、伝えていくことはできる。
キミも、オレも、誰でも。

8月15日には戦争のことを考える人がいるだろうけど、
そこから数日経つと別の話題ばかりになる。
だから今日、戦争についてあえて書いてみた。

戦争の悲惨さを継続的に伝えていくことが
平和を維持し戦争を繰り返さないことに繋がると、
オレは信じているから。

←クリックで応援お願いします♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 夫婦世界一周
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報

食いしんぼう夫婦の世界みてある記
食いしんぼう夫婦の世界食べある記もみてね!
posted by なおのぶ at 22:22| Comment(0) | リトアニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする