2015年2月より日本に帰国しています。
旅の間にお世話になった友人たちに日本を案内したり。
日本にいながらも相変わらず旅心地な日々を過ごしています。
旅日記はまだ続いていますので、たまに覗きにきてください(^_^)

2013年07月19日

ブルノの世界遺産

これな〜んだ?
IMGP8095.JPG
この建物、現在は国の所有物だけど
建てられた当時はある個人のお家だったもの。
そして今、この家はなんと世界遺産なのだ!

この日まず向かったのはブルノBrnoの街中にある世界遺産、
Vila Tugendhatトゥーゲントハット邸。
ここは世界遺産の割には新しく、1920年代のもの。

あんまり近代建築っていうもには興味がないけど
世界遺産に登録されてるんだからスゴいんだろ〜って思って行ってみた。(笑)

そしたら、内部の見学はガイドツアーのみ(!)
ということを行ってみて初めて知った。😞
しかも本日分のツアーは予約でいっぱい...

だから中は見学は不可で、庭のみを見ることができるとのことだった。
ちょっと中を覗いてみたかったけど、まぁ仕方がないか。

庭の方から建物の外側は見れるしね。
IMG_0619.JPG
もう少しで100年経つ建物だけど、それを全く感じさせない。
もし不動産屋とかに「最近新しく作られた物件です」って言われたら
そのまま信じちゃいそうなくらい、今っぽい建築だ。

でも建築当時としたら、かなり先進的なデザインだったろうね。
その斬新かつ個性的なデザインが評価されて
世界遺産に登録されてるんだってさ。

外から家を見てたら窓が開いた。
IMG_0620.JPG
お〜!中々面白いレイアウトだ。
これは完全に今のデザインと比較しても遜色ないね。
写真じゃそれがイマイチ伝わらないのが残念。
ちなみに、庭の入場料は50コルナ(約250円)でガイドツアーだと300コルナ。
結果的には庭だけにしといて良かったかも。(笑)

その後行ったのはブルノ城(シュピルベルク城)。
IMGP8162.JPG
城壁が立派。
IMGP8165.JPG
小高い丘の上に建っててお堀があって、典型的な中世の城だね。

お次は大聖堂。
IMGP8174.JPG
ブルノの街には大きな建物が他にないからここがダントツでっかく見える。

そして最後に、昨日も行ったビアレストランで飯を食べた。
この店はマジで激ウマ!それなのに安い!!最高だ!!!
IMGP8181.JPG
先日までいたプラハは世界的観光都市だから、
観光客目当ての店ばかりでちょっとガッカリだったんだよね。⤵
全然地元の人が行くようなとこが見あたらなかった。

おととい行った店は結構良かったけど、
多くの店が値段だけは立派でさ〜〜〜 ┐(´〜` ;)┌
それに対しブルノはそんなに観光都市じゃないから、
そういう観光客狙いの店が少ないのがいい。

何しろこの店は地元客でいっぱい(これがとっても重要!)でいい雰囲気。👊
冗談抜きで、昨日ここで食べた直後に
もう一度食べにくることを決めたくらい美味しかったんだよね。
個人的には世界遺産に登録してもいいくらい。(笑)

もちろん今日もウマかった。♪( ´▽`)
明日もここで飲み食いしたいけど、それは無理。(涙)

明日はハンガリーのブダペストに出発だ!

←クリックで応援お願いします♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 世界一周
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報

食いしんぼう夫婦の世界みてある記
食いしんぼう夫婦の世界食べある記もみてね!
posted by なおのぶ at 22:22| Comment(0) | チェコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月18日

隠れ美食の街ブルノ

最後にもう一度プラハの街を散策。
今日もトルデルニークのお店を発見!

あれ〜?このお店、旧市街広場からカレル橋への観光通りの
いつも行列が出来てるこの↓お店のチェーン店だ。
IMGP7641.JPG
だけど、よ〜く見ると値段がこっち↑よりも
一個につき10コルナ(約50円)も安かった Σ( ̄□ ̄;)
地下鉄Můstek駅そばのこっち↓で買った方がお得だよ〜!
IMGP7992.JPG

IMGP8009.JPG
ここは由緒ある市場らしいけど、いまは思いっきり土産物市場。
果物も売ってるけどもちろん観光地値段。
山盛りのベリー類が美味しそうにみえるけど
表記値段は一箱ではなく100グラム単位なので要注意!
ここはのんびりと雰囲気を楽しむだけの私たち(^_^)

小一時間ほど散策したら宿で荷物を受取ってプラハの中央駅へ。
今日はチェコ第二の都市ブルノ(BRNO)への移動日。

駅の表示を見ているとブルノ中央駅行きが一切ない。
心配になってインフォメーションに尋ねると
ブルノの中央駅は閉鎖中で、代わりに市内に新しい別の駅があるとか。

それでは、中央駅とその新しい駅との距離はどれくらい?
移動手段は?と尋ねてもイマイチな回答。
本当はプラハ市内の交通インフォだから仕方ないっちゃ仕方ないけど
目の前にネットに繋がるPCあるのに調べる気ゼロだもんね〜 ┐(´〜` ;)┌

まぁ、行けばなんとかなるだろうと
20分遅れできた列車に乗車し、約2時間の移動。
中央駅の代わりにできた新しいブルノの駅ってこれ?
IMGP8010.JPG
あの〜、これでも一応国際列車の停まる駅なんですが???(;゚∀゚)

これって新しい駅というより一時的な簡易駅だってことがすぐに判明。
駅を出るとすぐに中央駅までの無料シャトルバスが待っていた。
なんだー、そういうことか。。。

無事着いたブルノ中央駅。
IMGP8012.JPG
ブルノ(BRNO)というと真っ先に浮かぶのがサーキット。
それ以外で日本にいてブルノの名を聞くことはまずないからね。
でも今回はサーキットには行かないけどね。

観光地観光地したプラハと違って
もう少しフツウのチェコの街の雰囲気を味わってみたい♪
というのがブルノに立ち寄った一番の目的。

中央駅の真ん前のキオスクでトラムの切符を買ったけど
おばさんが全く英語を解さなかったのが
逆にフツウのチェコの街っぽくていい!(意思疎通は大変だけど)

宿に荷物を置いてさっそく出かけてみると
街の中心らしき広場ではジャズフェスティバルが開催されていた。
IMGP8020.JPG
この広場のこじんまり感がまたいい感じ♪
ドイツとは一味違うチェコらしさが漂う建物も味がある。
街の中心部のこじんまり感もじつに私好み(*´∀`*)
IMGP8033.JPG

IMGP8036.JPG
ブルノの大聖堂。
チェコ貨幣10コルナのデザインにもなってるというのに
周囲の建物と超密着。
これじゃ、ファサードが全然正面から拝めない…(^∇^;)

ブラブラと散策していると旧市街の中心らしきエリアに
いい雰囲気の居酒屋(ブリュワリー)を発見。
IMGP8024.JPG
テラス席ではほろ酔いで上機嫌のおじさん達が
手招きしてくれてるし(^_^)

外の黒板メニューにはビールしか書いてないから
お料理はどんな感じか全然分からないけど
(どのみちチェコ語じゃ分かりませんが…^∇^;)
今日の気分はもう絶対このお店!

ってことで入店した途端。。。
食い入るようにメニューを見る二人。
みんなめっちゃ美味しそうなお料理ばかり〜( ̄¬ ̄)
メニュー見ただけでこんなにワクワクできるってそうそうないよ!

そして、期待以上のお料理がやってきたヾ(=^▽^=)ノ
IMGP8059.JPG
ビールはチェコ国内のコンペティションで金賞を穫ったもの。
同じ銘柄で10度、11度、12度、13度と
細かく別れたアルコール度数にも拘りが感じられる。

いや〜、このお店に来るためだけに
ブルノに寄ってもいいくらいオススメ(^o^)v
(このお店のURLはこちら→http://www.ucertu.cz)

美味しいお料理にありつけると
それだけで一気に街の評価上がっちゃうね♪
プラハよりも物価がぐ〜んと下がるのも魅力(^ ^)

ちなみにアルコールの弱い私は
ノンアルコールビール(チェコ語でネ・アルコ・ピボ)を注文。

だけどコレ、しっかりアルコール入ってた(^∇^;)
ばっちり反応出ちゃったし。。。
日本のビール(5%)よりは軽かったけど1%は余裕で超えてる。
普通のノンアルコールのつもりで飲むのは要注意だね。
でも、味はかなり本格的。さすがビール消費量世界ナンバーワンのチェコ!

それにしても一見ただの飲み屋っぽいこのお店が
こんなグレードの高いお料理を出すなんて。
ブルノ、なかなかやるなぁ〜。

世界みてある記更新→チェコの国民的ドリンクKofola

←クリックで応援お願いします♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 世界一周
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報

食いしんぼう夫婦の世界みてある記
食いしんぼう夫婦の世界食べある記もみてね!
posted by けいこ at 22:22| Comment(0) | チェコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月17日

奇跡の街プラハ

プラハの歴史は古い。😃

千数百年前から人が住み、9世紀にはプラハ城が築かれた。
その後大きな戦争や天災などの被害を受けず、
また第二次世界大戦後は、社会主義国になったゆえに
急激な高度経済成長もなかった。

だからプラハには各年代の建築が奇跡的に残っている。
そういう訳で、ここは『建築博物館の街』と呼ばれているんだそうな。

今日はそんなプラハの街を散策。
まずはプラハを見渡せる丘に登るケーブルカーに乗ってみた。
このケーブルカーの料金は、他のプラハ市内のトラムやメトロ、
バス等と共通で、90分券で32コルナ(約160円)だ。

ちなみにオレたちは1日乗車券を買っておいた。
1日券っていちいち切符を買わなくていいから楽。🎵
それに加えて、もし間違えて別の路線や逆方向に乗っても
何度でも乗り換えられるしね。

日本みたいに改札があるような国やきっちりとした切符のチェックが
ある国は少ないから、せっかく切符を買ってても誰にも見られることもなく
目的地まで辿り着けちゃうこともある。
そういう時って「切符買わなくても良かったな〜」なんて
思っちゃうことがあるけど、このケーブルカーはちゃんと検札をしてる。
もし無賃乗車が判明したら高い罰金を払わなくちゃ行けないから、
ちゃんと切符は買った方がいいよ!(当然ちゃあ当然なんだけどね)

話を戻そう。
丘を登るとまずはキレイな庭園。✨
IMGP7854.JPG
通天閣みたいな形の展望台もあった。

そして高い木々が沢山。まるで森。
緑の合間からプラハの街が見える。👀
IMGP7865.JPG
真ん中に見える線路は登ってきたケーブルカーの線路。

眼下にプラハの街並みが広がる。
IMGP7880.JPG
とても緑が多くて素敵な公園だったね。
地元の人達がのんびり過ごしてる感じがいい。

ところで、ここにはリンゴや洋梨の木が沢山植えてある。
そしてそれらの果物をとって食べてもいいんだって。
オレたちは洋梨の木を見つけたんだけど、まだ熟してなくて食べれなかった。
それにしてもタダでリンゴ狩り洋梨狩りが出来るってスゴいよね!

その後、プラハのユダヤ人街へ行った。
ユダヤ人はマリア・テレジアを始めとして多くの王や支配者から
迫害を受けてたけど、プラハではその反対に保護されてたことも
あったため巨大なユダヤ人街が形成されたんだって。
IMGP7924.JPG
↑この建物のとなりにユダヤ人墓地がある。
見学も出来るらしいけど、お墓をじっくり見るのはちょっと気が引ける...

こっちはプラハのユダヤ人を代表する作家であるカフカの生家。
IMG_0595.jpg
名前の書かれたプレートと彫刻が目印。

これは旧新シナゴーグStaronová synagogaというユダヤ教の教会。
IMG_0596.jpg
ここは今でもミサ(って言っていいのかな?)が行われてる。
ちなみに世界遺産にも登録されてんだって。

その隣にはユダヤ人の集会所がある。
屋根の上には時計が二つあって、上側のは普通の時計。
IMGP7929.JPG
もうひとつ(下側)はユダヤの時計。

この時計、文字盤にはヘブライの文字が書かれ、
時計の針の長短と針の回る向きが逆になってる。
なんでも、ユダヤのヘブライ語は英語等とは逆に(右から左に)
書いていくから、この時計も反対にしているんだとさ。

そして夕飯。
見てちょーだい!この肉のかたまり!!
IMGP7942.JPG
素晴らしすぎる!!

これは豚のスネを丸焼きにしたもの。
よくある表現だから嫌なんだけど、
外はカリッと中は柔らかくてもうサイコー!

夕食後、夜景を見に行った。
IMGP7967.JPG
プラハは夜10時頃にならないと暗くならないんだよね。
夜景を見るのも大変だ。

でもこの景色を見たら、疲れもどっか飛んでくよ。(笑)
IMGP7961.JPG
左はカレル橋、対岸に見えるのはプラハ城。
いや〜絵葉書みたい!奇跡の街とはよく言ったもんだね!!

←クリックで応援お願いします♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 世界一周
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報

食いしんぼう夫婦の世界みてある記
食いしんぼう夫婦の世界食べある記もみてね!
posted by なおのぶ at 22:22| Comment(0) | チェコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

プラハ城散策デー

これを見ずしてプラハを見たとはいえない!
というわけで、行ってきましたプラハ城。
世界で最も古く最も大きいお城です(ギネス情報)。

お城の入口を守る衛兵さんは写真を撮られるのもお仕事。
IMGP7650.JPG
お疲れさま (^ ^)

世界最大級のお城といっても
内部はいくつもの建築物の複合体。
なかはまるでひとつの街のよう。
IMGP7651.JPG
城内には、広場もあればカフェもある。
IMGP7742.JPG
プラハ城の目玉はなんといっても聖ヴィート教会。
IMGP7654.JPG
ザ・ゴシック!ヨーロッパに来ました〜って感じ。

ステンドグラスが自慢のこの教会。
みどころはやっぱりミュシャのデザイン。
IMGP7661.JPG
チェコ人のミュシャ。
じつはミュシャという名はフランス語読みで
チェコ語では「ムハ」なんだそう。

それにしてもミュシャの絵って少女漫画チック。
まあ正確には順番が逆で
少女漫画がミュシャチックなんだろうけど。。。

見応えのあるステンドグラスが並ぶなか
IMGP7678.JPG
この↑下段中央の手を合わせている子どもが
この教会にその名を冠する聖ヴィート。

そして、もうひとつのプラハ城名物といえば
この黄金の小路。
IMGP7764.JPG
昔、ここに錬金術師を住まわせていたことから
この名が付いたとのいわれらしいが
いやいや、本当は衛兵や召使いが住んでいたとか諸説あるよう。

この長屋みたいな造りの家々の2階は繋がっていて
ちゃんと銃眼がついていて城壁としての役割も果たしている。
その2階通路も今は古い甲冑が並ぶミニ博物館。
ここの甲冑、ゆるキャラがいっぱいいたのが楽しかった♪
IMGP7752.JPG
そのうちのひとつ↑。これで敵の戦意を削ぐ作戦 (・ ・?)

昔の工房を再現した部屋。
IMGP7775.JPG
パッと見、マリオやロレンツォ達の工房と雰囲気がほとんど同じ。
それもそのはず、彼らの工房ではさすがに道具は古くても
1800年代のものだけど、建物は12世紀の修道院だからね〜。

いまさらだけど、12月にフィレンツェに寄ったとき
彼らの工房で出会った日本人の青年のことを思い出した。
フィレンツェに彫金を学びに来たという青年。

彫金師の工房は山とあるフィレンツェだけど
見学はことごとく断られまくったらしい。。。
そうして行き着いたのがマリオ&ロレンツォの工房。
ホントに懐が広い彼らは、見ず知らずの日本人である彼にも
惜しむことなく快く見学させてくれたという話だった。
さすが!我らがマリオ&ロレンツォだ \(^o^)/

いまは土産物屋が連なる黄金の小路。
これまたチェコ名物のマリオネット(操り人形)やさんもあれば
IMGP7770.JPG
チェコの絵本から生まれた有名キャラ
もぐらのクルテクもいたよ〜。

黄金の小路を出たところで
昨日食べたグルグルの焼き菓子トルデルニークを発見
さっそく買ってみると・・・

昨日のお店とは食感が違うー!見た目はほぼ同じなのにね。
お店によってこんなに違うなんて。。。
これは他のお店も食べ比べてみなければ!(笑)

城壁からプラハの街を眺めて一休み。
IMGP7787.JPG
プラハ城では正午に行われる衛兵の交代式が名物らしいけど
毎正時にも城門の衛兵のプチ交代式が行われている。
IMGP7796.JPG
みんなサングラスをしているのがちょっと気になる。
なんとなくKGBっぽい。。。(あくまでイメージです)

街に下りモルダウ川(チェコ語でヴルタヴァ川)から望むプラハ城。
IMGP7811.JPG
土産物屋&レストランが並ぶ観光目抜き通りで一軒
ボチボチそうなところを見繕って夕食。
IMGP7819.JPG
クネドーリキ(クヌーデル:小麦粉を錬ったお団子みたいの)が付いて
いかにもチェコ料理らしい一品。

以前行ったスロバキアの首都ブラチスラバが
思っていたより小都市で、いかにも旧共産圏な雰囲気だったのに対し
ここプラハは予想以上に栄えていて驚いた。
というか、想像が控えめすぎただけかもしれないけど(^_^;)

そしてシーズンというのもあるけど、観光客の多さが尋常じゃない!
イタリア人は特に多い〜。やっぱ物価が安いからかな。
中国人が多いのは分かるけど、ここもなぜだか韓国人の多さが目立つ街。

反して、ヨーロッパの観光地にしては
日本人観光客が少なめなのも印象的。
(プラハは世界で7番目の観光都市らしいが)

街を歩いていて観光客相手の客引きに掛けられる言葉が
「ニイハオ!」
「アンニョンハセオ!」で
これでこちらの反応がないとようやく「コンニチワ!」なのも
それを物語っている。

旧市街広場で寛ぐ人々。
IMGP7825.JPG
のびのびとした空気が心地良いひととき♪
あ〜、今日もいっぱい歩いたーーー。

ちなみに、プラハ城とカレル橋は
チェコの貨幣50コルナのデザインにもなってます。
本日のチェコ豆知識でしたー!

〜プラハ観光情報〜
トラム&地下鉄&バス&ケーブルカー(ペトシーン公園)
全て共通の1日券(24時間)110コルナが便利!
3日券(72時間)310コルナもあり。購入はキオスクで。

プラハ城のチケットは一般的なみどころ見学なら
聖ヴィート教会&旧王宮&聖イジー教会&黄金の小路に入場可の
ショートツアー250コルナで充分です。
チケット販売窓口は数カ所あるので空いてるところでOK。
(ただしオーディオガイドの貸出しは限定箇所のみ)
チケットは2日間有効(ただし一カ所につき一回のみの見学)

飲料水は前もってスーパーで購入してからお城見学へ。
お城付近の売店で購入するとスーパーの10倍以上します!(;゚∀゚)

←クリックで応援お願いします♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 世界一周
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報

食いしんぼう夫婦の世界みてある記
食いしんぼう夫婦の世界食べある記もみてね!
posted by けいこ at 22:22| Comment(0) | チェコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

ドレスデンからチェコのプラハへ

今日はドイツのドレスデンを出て、チェコの首都プラハに向う日。

今回の移動は鉄道。国をまたぐから国際列車だ!😃
といっても、こっちでは国際列車なんて普通のことだから
特にはな〜んにもないんだけどね。

出発予定時刻の10分前、ホームに到着。
その後待つこと30分以上。電車が来ない...😞
IMG_0513.jpg
日本ばりに列車運行が正確なことで有名なドイツの鉄道。
どうした?しっかりしろ!!💢

あの遅延蔓延王国イタリアでさえ、
国際列車だけは(あまり)遅延をしないのにな〜〜〜と
ブツクサ言ってたら、やっと来た。
IMG_0514.jpg
ドイツも大したことないな。(笑)

ドレスデンからプラハまでは約2時間。
いつの間にか国境を越え、チェコに入ってた。
検問とかパスポートのチェックの類は全くなし。
あっさり過ぎて寂しいくらい。⤵⤵⤵

これは途中のチェコの駅。
IMG_0516.jpg
アルファベットの上に、やたら点や
小さなvみたいのが付くのがチェコ語の特徴。

はじめ車内のアナウンスはドイツ語と英語だけだったんだけど、
チェコに入ってからはチェコ語のアナウンスが追加された。
チェコ語の発音は濁音と巻き舌の音が多くて、何だかロシア語みたい。

プラハに到着し街を歩いてたら、こんなポスターを見つけた。👀
IMG_0519.jpg
あらら、やっちゃいましたね〜〜〜

こーいう◯oo◯le翻訳をそのまま使いました〜的なのが、時々ある。
英語から仏語、独語、伊語、スペイン語など(もしくはその逆)、
ヨーロッパの言語どうしならある程度大丈夫なんだろうけど、
日本語と他の言語はけっこうイマイチ。
大方日本語はへんちくりんになる。

このポスターって多分チェコかプラハの観光局とかが作ってると思うんだけど、
原稿の時点で誰でもいいから日本人に見てもらうことが出来なかったのかね?

外国人の友人(特に日本語を勉強してる人)に、
翻訳ソフトは参考にならないよ〜ってオレはよく言ってるんだ。
こういう変な日本語がうじゃうじゃ出てくるじゃん?
あれってもう少しどうにかならないもんかなぁ〜〜〜 ┐(´〜` ;)┌

でもまぁ、プラハの街がキレイだから許してあげよう。✨
IMG_0522.jpg
さすがはプラハ!世界遺産に登録されるだけのことはある!!

そいうやドレスデンも以前は世界遺産だったのに、
景観を壊す橋を作ってしまったせいで
世界遺産のリストから外されちゃったんだって。😞
そんなことがあったなんて知らなかったよ〜〜〜

いろんな世界遺産があるもんだ!! \(^o^)/

←クリックで応援お願いします♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 世界一周
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報

食いしんぼう夫婦の世界みてある記
食いしんぼう夫婦の世界食べある記もみてね!
posted by なおのぶ at 22:22| Comment(0) | チェコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする