2015年2月より日本に帰国しています。
旅の間にお世話になった友人たちに日本を案内したり。
日本にいながらも相変わらず旅心地な日々を過ごしています。
旅日記はまだ続いていますので、たまに覗きにきてください(^_^)

2013年05月29日

ペルーからエクアドル長距離バス乗車時間最長記録に挑戦!

楽しくて、美味しかったペルーとも今日でお別れ。
リマからグアヤキル(エクアドル)まで移動する。
南米でのバス移動もこれが最後。
そして、これが最長(26時間の予定)となる。

15〜16時間程度の移動ならもう楽勝なんだけど
丸1日以上となると、さすがにしんどそうだ。。。
ということで今回は、ペルーの大手バス会社と評判の
クルス・デル・ソルのカマを利用することにした。

バスターミナルまでの移動はタクシー。
ホテルのお兄さんが停めてくれた白タクの運ちゃんは日本語に興味津々♪
オラ!ってなんていうの?とか運転しながらいろいろと尋ねてきたので
夫がいくつか言葉をメモ書きしてあげたら、すんごく喜んでくれた(^_^)

ペルーでは、バスターミナル内に待機してるタクシーは大抵正規タクシー。
安心だけど、その分料金もちょっと高め。
リマ市内の正規タクシーの運転手さんは
バリっとアイロンのきいた白ワイシャツに、髪型もこざっぱり。
どこか物腰も紳士的で。まるで日本の運転手さんのようで感心したー。

白タクに乗ったらとんでもないところに連れてかれて・・・
という事件は、どの国の注意情報でもあるパターンだけど
最近はあのイースター島でもそういうケースが後を絶たないと
聞いたときには本当に驚いた!

白タクは正規タクシーよりも料金が割安なのがウレシイけど
旅行者の私たちが安心して利用するにはやっぱり
現地のヒト(ホテルとか)に停めてもらって
事前に料金を確認するという最低限のステップは踏んだ方が賢明だろうね。
(白タクが市民の足として定着しているエリアが多い南米での話)

ペルーの長距離バスは
乗車前にカウンターで荷物を預けるのを忘れるべからず!
IMGP2884.JPG
荷物を預けたらあとは、乗車時刻までひたすら待つ。
小腹が空いたので
今朝(私が荷造りしている間に)夫が買ってきたお菓子を食べる。
ココナッツがギッシリまぶしてある菓子パン?ドーナツかな?
IMGP2886.JPG
と思ったら。。。↓中身も全部ココナッツ👀
IMGP2887.JPG
ココナッツの焼きおにぎり状態。なんて贅沢な…

バスに乗ったらいつもの通り私は爆睡〜💤
でもさすがに26時間睡眠は厳しいか? (^∇^;)

←1日1クリックで応援お願いします♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 世界一周
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報

食いしんぼう夫婦の世界みてある記
食いしんぼう夫婦の世界食べある記もみてね!
posted by けいこ at 22:22| Comment(2) | ペルー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

リマの意外な名物?

今日も市場へ行ってみた。 \(^o^)/
市場ってそこに住んでる人達の暮らしが感じることが出来るから好き。

それにしても、このリマの市場は活気がある。
IMGP2861.JPG
めちゃくちゃ人が多いし、店の数もハンパない。

市場の中心はどこ国や街にでもよくあるタイプで、
一つの建物に肉屋、八百屋、魚屋、乾物屋などが軒を連ねてる。
IMGP2845.JPG
でもその周りのかなり広い範囲にも、
さらに多くの店が集まって巨大な市場を作り出してる。
店の種類は何でもありで、恐らくないものはないんじゃないかな。

小さなケーキ屋さんを見つけたので買ってみた。
前に食べたパステル・デ・チョクロやパッションフルーツ、パイナップル、
イチジクなどのケーキがあってどれもこれも美味しそう。
IMGP2859.JPG
モグモグ、うまいな〜〜〜 (*^〜^*)
しかも一切れ1ソル(約40円)だし、たまんないね!

そして今日のお昼も中華屋さんへ。
昨日とは違う店へ入ってみた。

ここも大当たり!!💡
IMGP2867.JPG
スープ、炒め物、チャーハン、焼きそば、
全て好吃(ハオツィー、中国語で美味しいの意味)!
IMGP2868.JPG
ところで、オレたちはこれまでいろんな国や街の
チャイナタウン&中華屋に行ってきた。
例えばイタリア(ミラノ、モデナ等)、イギリス(ロンドン、リバプール)、
スペイン(イビ)、アメリカ(ロス)、アルゼンチン(ブエノスアイレス)、
チリ(サンチアゴ)などなど。もちろん横浜や池袋もね!
そしてどこのチャイナタウンでも共通してることが、
働いてる人(特に厨房)は中国人(と思われるアジア系の人)だということ。

でも、今回行ったリマのチャイナタウンでは中国人ぽい人がほとんど皆無。
多くの人がインディヘナかメスチーソ(インディヘナと白人の混血)だ。
これにはとても驚いた。 w(゚0 ゚)w
チャイナタウンなのに、料理もかなりちゃんとした中華なのに、
中華鍋を振ってるのが中国人じゃないなんて!!!!
そんなこともあるんだね〜〜〜〜

まぁウマい中華料理が出てくれば、
どこの国の人間が作ろうが関係ないんだけどね!

驚いたと言えば、これにもビックリした。
右側にいるおばちゃん、何売ってると思う?
IMGP2857.jpg
なんとウズラの卵を茹でて売ってた。
しかもその場で茹でて、卵の殻を剥いて売っている。

これが本邦初公開(!?)ウズウ屋さん屋台。
鍋とザルがあって、ウズラの卵と殻もある。
IMGP2865.JPG
人が剥いたゆで卵を買う人なんているのかな〜?って思ったんだけど、
これが意外と売れていく。
そしてウズラの卵を売ってるのは、このおばちゃんだけじゃない。
いろんな商売があるんだね〜

さて、明日はグアヤキルに向け出発だ!👊

←1日1クリックで応援お願いします♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 世界一周
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報

食いしんぼう夫婦の世界みてある記
食いしんぼう夫婦の世界食べある記もみてね!
posted by なおのぶ at 22:22| Comment(0) | ペルー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

リマ旧市街が熱い♪

さて、今日はどこに行こう?

ガイドブックやネット情報によると
新市街のキレイなショッピングセンターや
海岸沿いの恋人達の公園(キスをするカップルの巨大モニュメントがある)
なんかがリマ観光の定番らしいけど、どうもいまいちピンとこない。。。

とりあえずメルカド(中央市場)には行きたい!という夫のリクエスト。
旧市街の宿からも徒歩圏なので、とりあえずそっち方面に向かってみた。

メルカドと書いてある建物発見!
期待していた食品市場じゃなさそうだけど。。。
IMGP2836.JPG
平日の昼間というのに、休日の渋谷も顔負けの人出。
問屋街を思わせる雰囲気の街並は
衣類、日用品、調理器具、文具にお祭り用品…何でもあり!
屋台、軽食屋、レストランと、飲食店も選り取りみどり♪
とにかく、フツーのリマ庶民のお買い物ゾーンな感じが堪らない(゚∇^d)

ワクワクしながら歩いていると、漢字の看板がチラホラ。
そういえば、メルカドの近くに中華街もあるんだった!!!
店先にぶら下がる美味しそうに焼かれたお肉達に夫が吸い寄せられ…
お昼は中華に決定!
IMGP2839.JPG
昨日のペルー料理館でペルーの中国移民は広東系って見たけど
たしかにここのお店のお料理も、日本人の口にあう広東風のあっさり味。
IMGP2841.JPG
中華街の門を出たら
目の前に目指していた食品のメルカド(中央市場)発見!
IMGP2843.JPG
ここにも食堂があったけど、賑わいはクスコの市場食堂の方が上だ。

昨日行ったペルー料理館。月曜の今日は閉館日。
IMGP2849.JPG
昔の郵便局だったんだー!と外観の写真を撮ってたら
向こうで手招きしている人が・・・

昨日いろいろ教えてくれたチャネさんだーヾ(=^▽^=)ノ
ペルーで出逢う人達、ホントみ〜んなイイヒトばかり♪

リマでは、革ひもが激安ですよ〜!と
南米を旅しながらマクラメ編を覚えているという
クスコで出逢った日本人女性が教えてくれた。

食いしんぼう夫、こうみえて(?)じつは
石や革ひもで作ったお手製のアクセサリーが大好き。
(そこ、食べ物以外にも興味あったんだーって言わない!)

というわけで、その類いのお店が集まっているという
サント・ドミンゴ教会周辺へ行くと、それらしいお店がチラホラ。

コロニアル風の(パティオのある)お屋敷が
そのままショッピングセンターになったようなエリアに
アクセサリー(素材)専門店やお土産屋さんがギッシリ!
IMGP5023.JPG
見た感じ恐らく、大半のお店が
小売りしてるけど卸売りがメインっぽい雰囲気。

どの土産屋さんも特定の商品に特化してるし
クスコだとかマチュピチュだとかの地名が入ってる商品も多い。
各地の土産物屋がここリマで仕入れてる可能性高し。
ペルー土産はここでまとめて買うのが一番お買い得かも♪

通りがかったお店のご主人が気さくに声を掛けてきてくれた。
石、貝、ウシの角などから作ったアクセサリーパーツがメインのお店。

石も大好きの夫。
この石はなんて言う名前?ペルー産?といろいろ質問。

いままで聞いたことのない石や、木の実を加工したビーズなど
自然の素材(ペルー産)のオリジナリティが魅力的なパーツがいっぱい!
しかもみんな驚くほど安価なのがまたウレシイ〜ヾ(=^▽^=)ノ

ペルー産天然石のペンダントヘッド4つ
ペルー産天然石のビーズ1本(ネックレス2本&ブレスレット1本分相当)
木の実のビーズ100グラムが締めて15ソル(約600円)!
南米一安いと噂なのもわかるわ〜(*^-^)
(アクセサリーは素材だけでなく完成品を売ってるお店もいっぱいあるよ♪)

親切なご主人とのお喋りも楽しくて
このエリア、超気に入っちゃったー⤴⤴⤴

←1日1クリックで応援お願いします♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 世界一周
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報

食いしんぼう夫婦の世界みてある記
食いしんぼう夫婦の世界食べある記もみてね!
posted by けいこ at 22:22| Comment(0) | ペルー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

Chabuca Grandaはパラダイス!?

今、ペルーの首都リマにいる。
旧市街は世界遺産にも登録されている歴史ある街並が残っていて、
古い教会や博物館など見どころが多い。✌

そんな中、オレたちが食いしんぼう夫婦が向った先は…
La Casa de la Gastronomía(ペルー料理館)という料理の博物館。
だってペルーってご飯がうまいんだもん。(笑)
ここにはペルーの伝統的な食材や料理法などが展示してあるらしいし、
やっぱ最初に行くしかないでしょ〜!😃

でもオレたちが博物館に着いたのはお昼時で、ちょっと腹が減ってきた。
どうする?飯食ってから見に行く?って博物館の入口で相談してたら、
門番のガードマンのおっちゃんが「何か食べたいのか?」と聞いてきた。

そしておっちゃん、安くて美味しいペルー料理が食べれるという近くの
Chabuca Grandaチャブカ・グランダという広場の存在を教えてくれた。
チャブカ・グランダの詳しい説明はこちら

早速そこに行ってみると、大勢の人が集まってる! w(゚0 ゚)w
IMGP2803.JPG
セビーチェやアンティクーチョ、ワンカイアーナなどペルーの伝統料理が
ずら〜っと並んでいて、どれも美味しそう!! ( ̄ー+ ̄)
クイもあったよ〜〜〜!!
IMGP2805.JPG
まずは広場の端っこにある食券売り場でチケットを買う。
料理は一皿8から13ソルぐらい(約320〜520円)で
リマでの食事の相場から考えるとけっこうお買い得。🎵

チケットを持って食べたい料理のブースの前で並ぶ。
IMGP4963.JPG
嫁さんはPiqueo Criolloっていうペルー料理の盛り合わせ、
オレはArroz con Patoっていう煮た鴨と炊き込みご飯のセットを注文。

料理を受け取って席に座ろうかと思ったんだけど、人が大勢いすぎて席がない。
花壇をテーブル代わりにして食べることになった。
IMGP2802.JPG
で、一口食べて驚いた!う、う、うまい!! v(*^〜^*)v

ボリビアからペルーに入ってからずーっと思ってたけど、
この国って何を食べても美味しい。
そしてここの広場の料理も例に漏れず、全てがウマい。
確かに博物館で会ったガードマンのおっちゃんは
「ここは安くてうまい」と言ってたけど…
想像以上の美味しさにビックリだったね。

おっちゃんに聞かなかったら、こんな広場で食べれるなんて
絶対わからなかったし、超ラッキー。 v(・∀・)v

広場で昼飯を食べた後、さっき行った料理博物館に戻って中を見学した。
博物館には食べ物そのものはないけれど、ペルーの食材が絵や写真、
食品サンプルみたいなので丁寧に解説してあった。
IMGP4970.JPG
ペルーって海も山もあって、畑も田んぼもあって、
いろんな肉、魚、野菜、穀物、果物がとれて食材が豊富なんだよね。

だからペルーの料理はレベルが高いんだと思う。
どっかの国みたいに豆だけとか肉だけとかってのじゃ
どう頑張ったって味に深みが出ない。
だからそういう国は料理がイマイチなんだろうな。
でもまぁ、美味しくない国の話はどっかに置いといて博物館の話に戻そう。

そうそう!広場のことを教えてくれたガードマンのおっちゃん!!
博物館の中を見学してたらおっちゃんにまた出会った。
さっきは外にいたけど、今は館内の警備中らしい。
IMGP2811.JPG
「アミーゴ!さっきはありがとう!!広場で食べたらおいしかったよ〜!」
「そいつはよかった!博物館の中のことでわからなかったら何でも聞いてね!」
って感じで、おっちゃんはとても親切。ただのガードマンなのにね。(笑)

つたないスペイン語でペルー料理の話を聞いてたら、
おっちゃんは面白いことを教えてくれた。
ペルーにはヨーロッパやアジア、そしてアフリカなどから多くの移民が
渡ってきたから色んな国の料理法や味付けが伝わり、
それがペルー料理のベースになってるのだとか。

さらには、ペルーに渡ってきた移民の話をしてたら
「私のお母さんは日本人移民です。でも私は日本語を話せない。」だってさ〜
日本からペルーへの移民がいるだろうとは思ってたけど、
おっちゃんが日系二世だったとは!
う〜ん、世界はとっても広くてとっても狭いね!!

いろいろ教えてもらったおっちゃんに礼を言い料理博物館を出て、
ペルー政庁の前に行くと衛兵交代のセレモニーをやってた。
IMGP2815.JPG
衛兵交代式って言ったらロンドンのバッキンガム宮殿が有名だけど、
こっちはそんなに有名じゃない。(笑)
見てる人もちょっとだけ。

でも警備は厳しくて、マシンガンを持ってる警察が数メートル間隔でいた。
昔ペルーでは在日本大使公邸占拠事件とかがあったからかね。
テロ対策に相当力を入れてるのかも。💦

政庁のすぐ近くにあるアルマス広場では、キリスト教のお祭りをやってた。
IMGP2817.JPG
聖人が乗ってる山車(神輿?)をかついだ一団が広場を練り歩き、
お香を焚いたシスターや鼓笛隊がその周囲を取り囲む。🎩

ワッショイワッショイっていう掛け声こそないものの、完全に神輿。
詳しいことはわからないけど、今日はある聖人のお祭りなのだそう。
衛兵の交代式よりもそっちの神輿を取り巻いてる人の方が多かったね。

夜、もう一度昼間行った広場に行って夕飯を食べた。
売り切れちゃって注文できない料理が多かったのが残念だけど、
夕飯もしっかり美味しいものを食べれて十分満足。 ( ̄ー+ ̄)

その後広場を散歩した。
IMGP2829.JPG
広場には昼間以上に大勢の人がいて、大道芸をやってるのを見たり、
くっちゃべったり、何か食べてたりしてる。

今日は日曜だからそれなりに人が出てるのは理解できる。
でも、「明日は皆さん学校や仕事はないんですか〜?」って
聞きたくなるくらい、子どもも大人も老人も沢山いる。
オレたちが宿に帰る途中でも、「今から広場に行こうぜ!」
という感じの人達と何度も何度も(何十回も!)すれ違った。

いろんなことがツッコミどころ満載なんだけど、
みんながみんな楽しそうなのが素晴らしい。
こういう生き方っていいな〜と心底思う。 \(^o^)/

←1日1クリックで応援お願いします♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 世界一周
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報

食いしんぼう夫婦の世界みてある記
食いしんぼう夫婦の世界食べある記もみてね!
posted by なおのぶ at 22:22| Comment(0) | ペルー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月25日

ナスカからリマへ

朝7時のバスでナスカを出発ー💨

といっても、本来の出発予定は7時半・・・(^_^;)

30分前に来るようにいわれてたから
7時前にはターミナルに到着してたからいいけど。
まさか、予定時刻より30分も前に出発しちゃうとは💦

他の街が始発のバスだから
経由地のナスカの乗客が全員乗った時点で発車したんだろうけど
ちょっと焦るよね〜(;^ω^)

約7時間の道のりは殆ど砂漠地帯。
到着したリマ(LIMA)のターミナルはバス会社(Oltursa社)専用で
さすが首都と思わせる近代的な建物。

旧市街(セントロ)のメイン通り
のラ・ウニオン通り(Jiron de la Union)側の宿に直行。

まずはさておき腹ごしらえと外に出ると
宿からほんの数秒で、繁盛してる良さげなお店を発見👀

海岸沿いの街リマで
夫が食べたかったセビーチェ(CEBICHE)の文字も。

セビーチェとアロス・コン・マリスコスの盛り合わせ。
IMGP2792.JPG
アロス・コン・マリスコスは
シーフードのチャーハンとリゾットの中間みたいな食感。
魚介の風味がギュッと詰まってる (*^〜^*)
さすが海沿いのリマ。
ペルーで食べたセビーチェの中でも鮮度はピカイチ。

お魚に白っぽいスープを掛けたものが
ボリビア、ペルー辺りの定番セビーチェ。
この白っぽいスープにはオモシロイ名前が付いています。

さて、その名前はなんでしょう?
下の三つのなかからお答え下さい。

1)ゾウのミルク
2)トラのミルク
3)リャマのミルク

てれてれてれてれてれてれてれてれて〜♪
(ふしぎ発見!風でお願いします)

ちなみにペルーでは
一重の切れ長な目のことをチノス(CHINOS=中国人)と表現します。

ナスカのホテルにいた韓流好きお姉さんが
商用でペルーに来た日本人男性のおともをしたときの話。

誰かが彼に「チノス」と声を掛けたら
男性がものすごい剣幕で怒り狂ってビックリ Σ( ̄□ ̄;)
声を掛けた人は
スッとした切れ長の目がチャーミングですね♪
という褒め言葉のつもりだったのに・・・と。

ここでは、アジア人に対してだけでなく
涼しい目のペルー人に対しても
「チノス」という声掛けが日常的にされていて
中国人という意味は意識せず使われているそう。

覚えておくと
ペルーの人たちとの交流もスムーズかもしれません(^ ^)

というわけで、
ペルー豆知識をお届けしている間に答えは決まりましたか?

正解は2番!トラのミルク(LECHE DE TIGRE)でした〜(^o^)/

家族連れや若い人達でごった返すラ・ウニオン通りから
サン・マルティン広場を抜けて
近場のショッピングセンター、レアル・プラザ(Real Plaza)に行ってみた。

ここもまた大賑わい!!!
土曜日ってのもあるかもしれないけど、とにかくすんごい人出。
巨大フードコートも人でいっぱい(つ゚o゚⊂)
なんだか別の国に来ちゃったみたい(笑)

ここにはいくつかの銀行や
ペルーの大手バス会社クルス・デル・スル社のブースもあって
今日の内に済ませたかった用事も全部済んで大助かり♪

ペルーに来てからずっと
クレジットカード利用だとチャージ(5〜10%程度)有って言われたけど
ここリマではどうやらチャージなしがスタンダードらしい。
こんなところもまるでリマだけ別の国みたい(笑)

レアル・プラザの中の巨大なゲームセンターにて。
IMGP4941.JPG
家族連れに人気の太鼓の達人(もどき)も (´・∀・`)

リマの街もなんだか楽しそう〜♪

←1日1クリックで応援お願いします♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 世界一周
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報

食いしんぼう夫婦の世界みてある記
食いしんぼう夫婦の世界食べある記もみてね!
posted by けいこ at 22:22| Comment(0) | ペルー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする