2015年2月より日本に帰国しています。
旅の間にお世話になった友人たちに日本を案内したり。
日本にいながらも相変わらず旅心地な日々を過ごしています。
旅日記はまだ続いていますので、たまに覗きにきてください(^_^)

2013年05月12日

神秘の湖、チチカカ湖へ!

今日はラパスを出てチチカカ湖畔の町、コパカバーナへ向った。

朝7時半ごろバスに乗り、まずはラパスを出た。
だけど反対車線はラパスに向う車で大渋滞。🚗🚌🚙🚗🚌🚙
なんでこんなに混んでんだ?
IMGP1630.JPG
乗り合いタクシーのワゴン車の中も、多分余裕で定員オーバーな感じ。
一体みんなでラパスに何しに行くんだろう?

ところでボリビアに入ってからず〜っと思ってたんだけど、
ここは日本か?っていうぐらい日本車が多い。
トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバル、
ダイハツ、スズキ、トラックの日野自動車まで、なんでもある。
その中でもトヨタがダントツに多い。頑張れ〜〜〜他の会社!!👊

途中で車のパーツを取り扱う店が並ぶ大通りを通り過ぎた。
NAGOYAバッテリーっていう車のバッテリー屋があった。
IMGP1628.JPG
他にもYOKOHAMAタイヤじゃなくてYOKOHAMAバッテリーってのもあった。
恐らくこれらは現地の会社で日本の会社じゃないと思う。
でもきっと日本に関わる名前にした方が客から信頼されるというか、
人気がでるというか、ようするに売れるんだろうね。

中国に行った時にもよく見かけたけど、やたら日本語を使ってる。
間違ってるのも少なくないんだけどね。

バスはチチカカ湖を目指して走って行く。
そしてついに湖が見えてきた!
それにしてもチチカカ湖は広い。琵琶湖の約12倍らしい。 w(゚0 ゚)w
IMGP1633.JPG
湖の側にサッカーグラウンドを発見。👀
ちなみに湖は標高3890mにある。
富士山より高いとこでサッカーやれるボリビア人ってスゴいよね。
フツーはこんなとこで走れね〜って!

途中、チュアChuaっていう町でバスを降りた。ここで湖を渡るためだ。
オレたち乗客は一旦バスから降ろされ、小さなボートに乗って湖を渡った。
IMGP1641.JPG
バスは車専用の小さなフェリーで同じく湖を渡った。
そして向こう岸でもう一度バスに乗り、
お昼すぎにバスはチチカカ湖の港町コパカバーナに到着。

宿にチェックインし、早速コパカバーナから湖に浮かぶ島
Isla del Sol(太陽の島)に行くツアーを扱う旅行代理店を探しに港に向った。

町中にはいくつもツアーを取り扱う代理店があったけど、
どこも同じ値段、同じような内容だった。
だから港に一番ちかいとこで手を打ち、昼飯を食べれる店を探した。

ツアーの出発時間は13時半で、あと30分ぐらいしかない。⏰
どっかでエンパナーダとかないかな〜?って
探してたら、美味しそうな店を発見。✌

店のおっちゃんにエンパナーダを注文したら、
エンパナーダを温めてやるから中で待ってろって中庭に案内してくれた。

中庭に入ると、店のおっちゃん一家が昼食の真っ最中だった。
スープみたいなのを美味しそうに食べるし、なんだかとてもいい匂い!
思わず、それな〜に?って聞いてみた。

おっちゃん曰く、チチカカ湖の魚を使ったスープらしい。
あまりに美味しそうだから一口味見させてって頼んでみたら、
なんとたっぷり一皿用意してくれた。😃
IMGP1652.JPG
中にはジャガイモと魚がまるまる一匹。
イモはチューニョって言うアンデス名物の冷凍乾燥イモと
普通のジャガイモの2種類が使われてて、この地方ならではの一品!
それから魚の名前はカラチって言うんだそーな。
日本では見たことない魚だったけど、とても美味しかったね。 ( ̄ー+ ̄)
なのに、スープのお代はいらないよって言われてしまった。
ボリビア人はいい人が多いな〜(泣)
ありがと〜おっちゃん!! \(^o^)/

そうこうしてるうちに時間が来たので港に移動し、
ボートに乗って太陽の島ツアーに出発!
IMGP1653.JPG
チチカカ湖自体の標高も高いけど周囲はもっと高い。
だから湖の周りの山々には雪が積もってて、とってもキレイ。✨
IMGP1666.JPG
そして湖が広くてまるで海みたいだった。

出発して約1時間、やっと太陽の島が見えてきた。
IMGP1660.JPG
チチカカ湖はただでさえ大きいのに環境を守るためなのか、
船ののスピードがやたら遅い。
ここからさらに30分ぐらい進んで、ついに島に到着した。

太陽の島はインカの起源とも言われる島で
幾つかの遺跡や伝説が残ってる。

これはインカの時代からあるという『若返りの泉』と呼ばれる湧水。
地元の人達が汲みにきてた。
IMGP1675.JPG
3つ水が出る穴があるんだけど、
右は真水で真ん中は濃度0.1%の塩水なんだそう。
一番左は水が止まってしまっていた。昔は出てたらしいんだけどね。
そして3つとも、どこが水源かわかってないんだって。 (・ ・?)

これはインカの遺跡。
IMGP1685.JPG
今は廃墟だけど、インカの人達がここに住んでた証拠だよね。

コパカバーナの町に戻ると夕日が湖に沈んでキレイだった。☀
IMGP1693.JPG
そしてついに…
明日はペルーなのだ!! v(・∀・)v

←1日1クリックで応援お願いします♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 世界一周
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報

食いしんぼう夫婦の世界みてある記
食いしんぼう夫婦の世界食べある記もみてね!
posted by なおのぶ at 22:22| Comment(0) | ボリビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

知るほどに魅力的な街ラ・パス

ラ・パス(LA PAZ)滞在最終日。

街の全貌を望むべく、やってきたのはライカコタの丘。
IMGP3693.JPG
ミニ遊園地のような公園になっていて
観光客よりも、地元の家族連れで賑わっていて
そののんびり感もまたヨカッタ(^_^)

ここから見ると、ラ・パスという街が
切り立った谷間に広がっている様子がよく分かる。
IMGP3685.JPG
頂上付近をクローズアップ。
IMGP36851.JPG
家々の密度の濃さ、伝わるかなぁ?

IMGP3688.JPG
どことなくイメージが富士山と被るイリマニ山も一望。

奥に見えるは「月の谷」
IMGP3696.JPG
よくこんな谷間にこんな大きな街を築いたものだ。

今日のお昼はラ・パス市民の定食チェーン「Sillpichs」にて。
IMGP3709.JPG
手前のお皿はボリビア(コチャバンバ)名物シルパンチョ。
これが見た目以上に美味!!!
ボリビアのお料理ってシンプルそうに見えても
ちょっと一味効いてるんだよね〜(゚∇^d)

夫の料理(チャイロ)には
全長20センチはあろうかという豚肉の塊や
乾燥ジャガイモ(チューニョ)がゴロンと入ってる。

ここでも、親子連れのお父さんに
メニューや具材の説明やらいろいろ教えてもらったり。
ボリビアの人って親切な人が多いなぁって印象♪

IMGP3716.JPG
この辺りはラ・パスの中でも歴史的地区。
やっぱりどこかヨーロッパっぽい雰囲気。
IMGP3712.JPG
夫の希望で楽器博物館(写真右手)にやってくるも
博物館の入り口らしき扉は閉ざされたまま。
(イグアスで手に入れた)歩き方には無休って書いてあるのに?

隣りのギャラリーのお兄さんのアドバイスで
チャイムを押したら、中から出てきた女性が
14時半から開けるよ〜という(ただいま14時20分)。

時間つぶしにさっきのお兄さんのギャラリーに寄らせてもらうと
そこでオーナーの女性も加わってお喋りが始まった。

ボリビアの民族音楽のCDを一曲一曲説明付きで聞かせてもらったり
ここラ・パスでも日本のアニメのフェスタ(コスプレ等有)が
開催されてるなんて話も(^ ^)

このギャラリー、小さいけれど趣味のいい作品が揃ってるし
お手製のアクセサリーもカワイくて
土産物のメッカ、サガルナガ通りよりも安価でオススメで〜す(^o^)/
(楽器博物館向かって左隣り、クルス・ベルデの説明書きの下)

土日に開催されている野外市場ロドリゲス市場は圧巻!
野菜・お花・日用品などなど。
売っているのは民族衣装の女性達ばかり。
IMGP1596.JPG
乾燥ジャガイモ(チューニョ)専門店も!

この日、街をあげて文化的イベントが開催されていたラ・パス。
サン・フランシスコ寺院前もものすごい人だかり。
IMGP3723.JPG
チェーンソー彫刻のデモンストレーション中。

日中露店を開いていた女性達は店仕舞。
IMGP3720.JPG
通り沿いに倉庫代わりのこんなロッカーが並んでたんだ!

ラ・パスでは、路頭で「コカの葉占い」をあちこちで見かけた。
みんな、結構真剣に占ってもらってる様子。

出逢う人々との会話で、ティワナク遺跡の話題になると
「ティワナクはエネルギーがすごい(場所だ)!」的なことを
言われることもしばしば。

買ってる人がいるのかどうか不明だけど
まじない道具を揃えた土産物屋には
リャマのミイラがずらっと並んでたりもする。
IMGP1605.JPG
ボリビアという国は
目に見えない何かを信じている人達が多いみたい。。。

そんなミステリアスなところもますます気になる国、ボリビア。
なかでもラ・パスはいつかまたゆっくり訪れたい街だ。

明日はラ・パスを出発して、いよいよチチカカ湖だ!

アルバム『ラ・パスーボリビア』公開中。

←1日1クリックで応援お願いします♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 世界一周
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報

食いしんぼう夫婦の世界みてある記
食いしんぼう夫婦の世界食べある記もみてね!
posted by けいこ at 22:22| Comment(0) | ボリビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月10日

ティワナク遺跡って知ってる?

この日はラパスから西へ約70km離れた場所にある
ティワナク遺跡に行ってきた。✌

朝の8時過ぎ、宿までガイドさんが迎えに来てくれた。
オレたちの前にすでに何人か車に乗ってたけど、
その後同じようにピックアップを繰り返した。

最終的にはブラジル人3人、オーストラリア人1人、
アメリカ人1人、フランス人3人、スペイン人1人、
ウルグアイ人2人、オレたち2人、ガイドとドライバーの合計15人で
トヨタのハイエースに乗って遺跡を目指した。

こないだまでいたウユニはランクルばっかだったけど、
ここラパスを走るワゴン車の9割はハイエースだね。
トヨタすげーな!!

ここがティワナク遺跡の入口だ〜💨💨💨
IMGP1440.JPG
最初に遺跡の中にある博物館でティワナクの文明や歴史についてお勉強。
館内が写真撮影NGなのは残念だったけど、展示は結構面白かった。

ガイドの説明(スペイン語&英語)があったからある理解できたものの、
もし展示してあるものを見るだけだったら
ほとんどわかんなかっただろうな〜〜〜
いや〜ガイドさまさまだね。 (^ω^人)

それにしても毎度のことだけど、社会の先生をやってたのに
知らないことが多すぎでまいるね。(苦笑)
でも、そういう知らなかったことを知る為に
旅に出てるのだから、まぁ良しとしておこう。(。-д-。)ゞ

それから、何かしら困った時やわからない時には
スペイン人やウルグアイ人、ブラジル人に聞いて助けてもらった。
英語圏の人達よりなんとな〜く温かいんだよね、彼らの方が。💠

博物館見学の後はメインの遺跡巡りに出発。
これは遺跡の見取り図。立体的でとてもわかりやすい。
IMGP1442.JPG
これを見てたウチの嫁が右上にある目印を見つけ、
あれ?これって世界遺産のマークだよね?
ティワナク遺跡って世界遺産なの?と、のたまった。

おいおい!知らなかったんかい〜? ヾ(-_-*)
ボリビアで世界遺産っていったらここティワナクは外せないだろ〜
って言ったら、嫁さん石になってた。

だけどね、別にいいんだよ。世界遺産かどうかなんて。
これからもどんどん増えてくし。(笑)
オレたちが見たいモノを見るのさ〜〜〜!👊

そんな無知なオレたちのために(?)ガイドさんが色々説明してくれる。
ティワナク文明が始まったのは紀元前1580年だそうで、
しかも未発掘の場所がまだまだ沢山あるから
未だに解明されてない謎も多いんだって。
IMGP1444.JPG
オレ、ここがインカよりも
前の時代の遺跡だってことぐらいしか知らなかったよ〜

これは遺跡の一部の石壁なんだけど、
石がキレイに削り出されててビックリ。 w(゚0 ゚)w
IMGP1453.JPG
見てよ、この直線と直角!
IMGP1450.JPG
ちなみに色が濃い方がオリジナルの石で、
白っぽい方が現代人が復元した石。

よ〜く見ると白い石の方がビミョーにデコボコなんだよね。
道具が揃った現代の方が真っすぐに出来ないなんて!
「なんで?」ってガイドに質問したら、
「何でだろうね?」って言われた。(笑)
こういうガイドさん、たまんないね。(笑×2)

お次は太陽の門。☀
IMGP1454.JPG
門の上部には細かいレリーフが残ってた。
IMGP1455.JPG
これにはティワナクの暦が表現されてるんだって。
真ん中の神様(ピラコチャ神というらしい)を囲うように
48の戦士たちが描かれ、これが48週を表してるんだような。
ようするにティワナクの暦は48週間だったらしい。

続いてモノリートと呼ばれる巨大な石像。
IMGP1457.JPG
石像には全身に細かい彫刻が施してある。
そして刻まれた全ての彫刻には、それぞれ意味があって面白い。

例えば、ズボンというかパンツの部分には◯(丸)が364個掘られてる。
これはティワナクの暦が1年=364日だったことを示してるんだって。
48週で364日っていうのがどういう計算にになるのかチンプンカンプン。
スペイン語&英語力不足のため理解できなかった。💦
頑張れ、オレ!!

こっちはピラミッドの隣にある半地下の神殿。
IMGP1478.JPG
この半地下神殿の壁には多くの顔が彫られている。
いろんな表情があって面白かったけど、
風化が進んでしまっているものも多かったのが残念。⤵

修復や保存に向けて努力をしているようではあるけれど、
恐らく資金不足なんだろうと思われる。😖

ティワナクのことを知りたくてWikipediaを見てみたら、
「入場料は10US$するが、破壊がすさまじく、めぼしいものはない。」
なんてことが書いてあった。

確かにこの遺跡、過去にはピラミッドの石材等を
線路の枕木がわりに使っちゃってた…なんてこともあったらしいし、
スペインの植民地時代に破壊されてしまった部分も少なくはない。

けれど、それでも素晴らしいものが沢山残ってるのは事実!
もしボリビアに行くことがあったらぜひ見てほしいな〜と思う。
一見の価値はあります!! \(^o^)/

実は今回ブログに載せたのは、遺跡のほんの一部。
詳しくは食いしんぼう夫婦の世界みてある記の方に書いてます!

これは、ラパスに戻る帰り道。
遠くに雪が積もった山々が見えた。(行きの時にも見えてたんだけど。)
ラパスの周りには6000m級の山々が沢山あって本当にキレイ。
IMGP1506.JPG
ラパスからほんのちょっと足を伸ばせば、
そういった山々に行ける(登れる)みたい。
いつかそういうとこも行ってみたいね。 ヽ(*´∀`)/

夕方にはラパスに到着した。
これまた知らなかったんだけど、ラパスはフォルクローレの本場らしい。

だから夜はフォルクローレのお店に行こうと思ってたんだけど、
演奏が始まるのは8時過ぎでお腹が減って耐えられない...😵
さらには、その店の料理がかなり高めだったこともあり
先に別の店で夕飯を食べることにした。

向ったのは昨日も食べに行って美味しかったお店。 ( ̄ー+ ̄)
IMGP1436.JPG
40ボリビアーノ(約600円)でスープにメイン、デザートも食べられる。
しかも地元の食材であるキヌアやチョクロ(とうもろこし)、
リャマ、トゥルーチャ(鱒)等が食べられるから面白いし、
味も良かったし申し分なし。

このお店『THE COLONIAL POT』はおススメだね!
住所はCalle Linares 906だよ〜

夜8時、バッチリ食事をとってフォルクローレのお店へ。
中に入ると演奏が始まった。🎵
IMGP1530.JPG
これはサンポーニャっていうアンデスっぽい響きがする民族楽器。
一つの筒がひとつの音で、なんだかハーモニカみたい。
他にもチャランゴやギター、
ドラムが加わって、アンデスミュージック全開!

ダンサーも入ってきた!
IMGP1537.JPG
このお店はボリビアの幾つかの民族の踊りを披露するのが売りみたいで、
ダンサーが何度も衣装を変えて出て来た。
IMGP1544.JPG
どれも個性的で楽しかったね!

あ〜それにしても充実した一日だったな〜!!

←1日1クリックで応援お願いします♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 世界一周
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報

食いしんぼう夫婦の世界みてある記
食いしんぼう夫婦の世界食べある記もみてね!
posted by なおのぶ at 22:22| Comment(2) | ボリビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月09日

ウユニからラ・パスへ、世界最高所の首都は想像以上に美しかった!

昨晩、ようやく乗れたバスの発車時、車掌さんはこう言った。
「到着は予定時刻より4時間以上遅れますのでどうかご了承下さい。」

これがイタリアだったら「私たちのせいじゃないもんね〜」と
寒空に放り出されてもおかしくないような事態 ┓( ̄∇ ̄;)┏

多少の遅れなんていいよ〜。
無事にラ・パス(LA PAZ)へ向けて出発してくれただけでも有り難いと
二人で話していたけれど。。。
(某ガイド本掲載のバス会社トド・ツーリズモ、かなり信頼できます!)

バスはほぼ予定時刻にラ・パスに着いたΣ( ̄□ ̄;)

どこをどうやったら、4時間以上の遅れを取り戻せたんだろう?
たしかに悪路をかなりかっ飛ばしてたような気もするけど…(;゚∀゚)

まぁ、無事に到着したということで
その辺はあまり追及しないことにしよう(^∇^;)

バスを降り、車掌さん推薦のタクシーに乗り
朝8時前にはホテル(HOTEL SAGARNAGA)に到着。
IMGP3528.JPG
フロントで、開口一番「今日は嫁さんの誕生日なんだ!」と夫。

そうしたら、受付のおじさんがお決まりの
ハッピーバースデー・トゥー・ユーをフルコーラス♪
朝食サービス&眺望のよいお部屋を用意してくれた(^ ^)

お部屋の清掃が済んだ後、午後までしばらく休息。

飛ばしたせいかバスがかなり振動したのと
暖房がかなり強かったのとで、まともに眠れてなくて。。。

起きたら夫から、バースデーケーキのプレゼントが!

塩のホテルで仲良くなった従業員のジョバンニに
明日、嫁さんの誕生日だから
クッキー程度で構わないから何か用意できないか?って
私に内緒で相談していたそう。

そうしたら、それを聞いていた主らしき女性が
「それならタルトだ!!!」と厨房へ走ったらしい。

こっそり持ってくるにはかなりの大きさのケーキ。
あの夫にしては珍しく(笑)、最後まで上手くやってくれて
私はここまで全く気付かなかったー!!!

夫も、塩のホテル(LUNA SALADA)のみなさんも
本当にありがとう〜(^o^)

素敵なプレゼントを平らげ、街へ出ると
早速、ボリビア名物サルテーニャを食べる夫。
IMGP3529.JPG
エンパナーダに似てるけど
挽肉やタマネギ等をジューシーに炒めた具の味付けが
ほんのり甘口なところが日本人の口にあって美味しい♪

宿のあるサガルナガ通り周辺は民芸品・土産物屋のメッカ。
IMGP3533.JPG
ちなみに泊まった宿の名もサガルナガ(SAGARNAGA)
ここの朝食のコカ茶は濃い(コカの葉の量が多い!)のがいい(*゚∀゚)=3

地元民の日用品市場となっていてるメルカド・ネグロ辺りをウロウロ。
IMGP3532.JPG
伝統衣装に身を包んだ露店の女性達がみな
器用に編み物をしているのが気になってしょうがない私。

編み物文化に触れるのも南米の楽しみのひとつだったんだよね〜。

アルゼンチンの露店でも売りながら編んでいる人達がいたけれど
ここボリビアの女性達は全然レベルが違う!!!

アルゼンチンで多かったのは、化繊の並太以上の毛糸で
ニット帽など、売り物を編んでいる人。(主にかぎ針)

一方、ここボリビアの女性達のほとんどは
売り物ではなく、自分たちが身に付ける物を編んでいる。
(かぎ針、棒針(輪針)、アフガン針など種類もさまざま)

それも、レース糸か?!ってほどの細さの糸で編んでる人も少なくない。

そんな風にして編んだと思われる美しいショールを肩にかけ
おさげの端にはビーズや毛糸で作ったキレイなフリンジ。
そんな伝統衣装の女性達、パッと見みんな同じように見えるけど
よ〜く見るとそれぞれに個性があってオモシロイ(^_^)

ウユニの辺りでもいっぱい見かけたけど
まさか首都のラ・パスにまでこんなにいるとは想像もしなかった!

彼女達はシャイ(そう)な人が多いけど
中には、編んでいる姿に興味津々見入る私に
これは売り物じゃないんだよ〜。
編み物が好きなら教えてあげるから明日おいで〜。
と声を掛けてくれた女性もいたり。

そして、土産物売りの女性達との立ち話では
ボリビアの人たちがいかに子沢山かというのを肌で感じた。
その場にいた三人の女性。
一人は8人、一人は10人、一人は15人(!?)も
子どもがいるっていうんだから。。。

それでもボリビア全体の人口は約1千万人。
東京一都市の人口にも及ばないなんて。

子沢山の彼女達は他にも
古代から続くボリビアの民族言語アイマラ語は
アジアの言葉にちょっと似てるんだよ〜なんて話も聞かせてくれた。

街歩きの醍醐味ってやっぱり
こんなちょっとした出逢いにあるよね(^ ^)

ほんの少しだけど、スペイン語が分かるようになれてヨカッタ♪

これは何よりも、スペインそして南米に来て出逢った沢山の優しい方々が
カタコトの私たちに根気よく付き合ってくれた賜物に他ならない。
本当にありがたいことです (=´∀`)人(´∀`=)

夕食後、部屋に戻るとこんな夜景が待っていた (*゚o゚)ノ
IMGP3536.JPG
今朝、バスの中からラ・パスの街並が見えたとき
そのあまりの美しさに驚愕したけれど
世界中廻ってもこれほどの景観の首都を持つ国はないと思う。
(この写真はラ・パスの街のほんの一部に過ぎません)

写真じゃわかりにくいけれど
街を囲む切り立った崖のような山肌に
張り付くように家々がぎ〜っしりと建ち並んでいるのです。

イタリアやスペインなんかでも
崖にびっしり家が建ち並んだ街がいくつもあるけれど
ここまでの規模は未だかつて見たことがない!!!

しかも、ここは標高3650m。
山の上の方はもう4000mにもなるというw(゚0 ゚)w

さらに夜が更け・・・いきなり花火が始まった!
IMGP3542.JPG
ラ・パス、なんだか楽しそうな街だ♪

←1日1クリックで応援お願いします♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 世界一周
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報

食いしんぼう夫婦の世界みてある記
食いしんぼう夫婦の世界食べある記もみてね!
posted by けいこ at 22:22| Comment(0) | ボリビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月08日

バスに乗るのに一苦労

いや〜、塩のホテルっていいね〜〜〜🎵🎵🎵
何か目覚めが違う!(ほんとかいな?)

このホテル、実は町中からかなり離れてて、
かつウユニ塩湖を見下ろす丘の上に建っている。
IMGP1404.JPG
だから部屋やテラスから素晴らしい景色が見れるのだ〜〜〜✨
でも写真ではほんの一部分しか写らなくて、その迫力が伝わらないのが残念。
IMGP1409.JPG
滅多にこんな高級ホテルに泊まることはないんだけど、
ここは大枚はたいて良かったね!って心底思えるホテルだったな〜〜〜

そんな素晴らしいホテルも、
当たり前のことだけどチェックアウトしなくちゃいけない。
あ〜いつかまた来たいな〜〜〜!!
そうだ!今度は鏡張りのウユニ塩湖が見れる雨期の時期にしよう。 \(^o^)/

ところで...
今夜は次の目的地ボリビアの首都ラパス行きのバスに乗るために、
ウユニの町中に行く必要があった。

でも町に行くためにホテルに頼んでたタクシーがなかなか来ず、
結局予定の時間より45分遅れで到着した。
まぁよくあることだよと最初は思っていた。

早速乗り込むと、タクシーの運ちゃんが遅れた言い訳をしてきた。
「先日から続く道路封鎖のせいで、いつもより余計に時間がかかってさ〜」
「何?道路封鎖?今日もやってるの?」
「そうなんだよ。ところで、お客さんはウユニからバスに乗るのかい?」
「ウユニ発ラパス行きのバスを予約してるんだけど…」
「それはマズいな...バス出ないかもしれないよ。道路塞がれてるからね〜」
「へ?そりゃ困る!でもとりあえずウユニの町に行ってみるしかない!!」
2日前にウユニに着いた時にも
道路封鎖のとばっちりをくったってのに、今回もかよ?💢

道路封鎖をしてる地元住民の方々、
権力に立ち向かう心意気は素晴らしいと思うんだけどさ〜
全く関係のないただの旅人を巻き込むのはやめろ〜〜〜!!!😠

そんなことを話してたら、いきなりタクシーの運ちゃんが進路を変えた。
行こうとしてた道が封鎖されてるのがわかったらしい。
そして運ちゃん、なんと線路の上を車で走りだした!!
IMGP1415.JPG
わかるかな〜?
見にくいけど、線路の上を走ってるんだよね。(苦笑)
タクシーの運ちゃん的にはオレらを一刻も早く町に連れてってやろうという
親切心からなんだろうけども、ここまでやるか〜!?って感じだよね。
オレは自分のことを常識に縛られない人間だと思ってたけど、世界は広いな。
上には上がいるもんだ。この運ちゃんのドラテクと度胸にはマジで感心したよ。

この素晴らしい(?)運ちゃんのおかげで、多少時間はかかったものの
無事にバスの停留所兼事務所に到着したオレたち。
心配だから今夜のバスが出るか聞いてみた。

バス会社の人の話だと、一応バスは出る予定らしい。
しかし道路封鎖が行われているのは事実。
今言えることは「あくまでバスは出る予定。」ってことらしい。
おいおいしっかりしてくれよ〜! ヾ(-_-*)

そしてバスの出発予定時刻の直前、バス会社の人がこんなことを言った。
「バスが道路封鎖の影響で、このバス停まで辿り着けません。でも近くまでは
来てるから、そこまで各自タクシーに荷物を積んで移動して下さい!」
出た出た!出ましたよ〜!このラテン的ドタバタ劇!!
タクシーはバス会社の方で用意するから、金は払わないからまだいいけどさ〜
このバタバタした感じ、なんか嫌な予感がするな〜〜〜⤵⤵⤵

バスを待つ他の乗客と相乗りでタクシーに乗り込み数分、
パトカーに先導され町外れまでやって来たところでタクシーが止まった。
そこからバスまで歩いていかなきゃいけないらしい。😵

ここは町外れ。街灯はひとつもない。
IMGP1420.JPG
真っ暗な中を荷物を持って歩く。
途中で有刺鉄線があるようなとこを超え、どうにかバスまで辿り着いた。

バスはオレたち乗客を乗せると、これまたガタガタの道を走りだした。🚌
道路封鎖を避けるため幹線道路じゃない道を走ってるからなのか、
もともとこういうデコボコ道なのか外は真っ暗だからわからないけどね。

明日の朝にはラパスに着く予定なんだけどな〜
あくまで予定は予定ってことで。😃

←1日1クリックで応援お願いします♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 世界一周
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報

食いしんぼう夫婦の世界みてある記
食いしんぼう夫婦の世界食べある記もみてね!
posted by なおのぶ at 22:22| Comment(0) | ボリビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする