2015年2月より日本に帰国しています。
旅の間にお世話になった友人たちに日本を案内したり。
日本にいながらも相変わらず旅心地な日々を過ごしています。
旅日記はまだ続いていますので、たまに覗きにきてください(^_^)


なぜ『リボーンプログラム』は、女子一人旅の参加が92%を占めるのか?

2014年12月21日

フランチェスコとエンリーカがいるモッジョーナへ

フィレンツェの友人ロレンツォ。
IMGP1971.JPG
昨日一緒にピッツァを食べに行ったマリオは
ロレンツォのお兄さんで、
この二人はオレたちにとってかけがえのない
フィレンツェの家族だ。

そのロレンツォとマリオの両親、
フランチェスコとエンリーカが住んでいるのが
フィレンツェからの車で1時間半くらいのところにある
Moggionaモッジョーナという村。
風景IMGP1956.JPG
今日はそのモッジョーナに行った。
理由はもちろん、
フランチェスコとエンリーカに会うためだ。

イタリア人の典型的なマンマ(お母さん)である
エンリーカがパスタをよそってくれる。
IMGP1959.JPG
当然、山盛り。(笑)

シンプルだけど、ハンパなく美味い。
IMGP1960.JPG
エンリーカが作ってくれたご飯で、
まずかったことは一度もない。

そしてこちらはフランチェスコ。
IMGP1961.JPG
何か切ってる。

フランチェスコが切ってくれたのは
彼が作ったチーズ。
IMGP1962.JPG
熟成が進んでるのが目に見えてわかる。
こういうチーズは100%美味いよ。間違いない。

オレたちはフランチェスコやロレンツォたちと一緒に
パンやチーズを作ったことがあるんだけど、
彼らはなんでも手作りなんだよね。

フランチェスコの生ハムとサラミは
フィレンツェのレストランが買っていって
店で出しちゃうぐらい本当に美味い。

ちなみにフィレンツェやトスカーナ州の
名物はイノシシ料理なんだけど、
フランチェスコはイノシシを近くの山で撃ってきて、
自分で捌いて、エンリーカが料理をする。

前にロレンツォにこんな質問したことがあった。

オレ:
ねぇロレンツォ、フィレンツェやトスカーナって
イノシシが名物でよく食べるけど、
どこでイノシシ肉を売ってるの?
オレ、イノシシ肉売ってる店見たことないよ?

ロレンツォ:
どこだろう?知らないな〜
だってうちの親父(フランチェスコ)が獲ってきた
イノシシしか食わないからさ〜

オレはめっちゃ驚いた。
自分の親父が山でイノシシを撃ってくるとはいえ、
それしか食ったことがないなんて、すごすぎる!

そういえば、
確かにロレンツォの家にある生ハムやサラミは
フランチェスコが作ったものしかない。
ジャムの類はエンリーカが作ったものだった。

イノシシだけじゃなくて
生ハムやサラミの仕込みに使うハーブも
フランチェスコが山で採ってくるって言ってたっけ。

こんなんだから、自分たちで全部作るから、
全部美味しいんだろうな。
フランチェスコとエンリーカは本当にすごいよ。

彼らと出会えたのは本当にラッキーだった。

どこでどんな風に誰と出会うかなんて誰にもわからない。
だから人との出会いは大事にしたいな〜と心底思うよ。

いつもありがとう。
ロレンツォ、マリオ、
エンリーカ、フランチェスコ。

Grazie mille,
Lorenzo, Mario, Enrica e Francesco.
Siete la famiglia nostra.
Grazie ancora!




イタリア語でありがとうは「グラツィエ」
今日も読んでくれてありがとう♪グラツィエ!\(^o^)/
ブログランキングに参加中です。
↓↓↓バナーをクリックで応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ
にほんブログ村 夫婦世界一周

←よかったらこちらも応援お願いします♪
人気ブログランキングへ

「トリップアドバイザー」の
おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報
posted by なおのぶ at 22:22| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。