2015年2月より日本に帰国しています。
旅の間にお世話になった友人たちに日本を案内したり。
日本にいながらも相変わらず旅心地な日々を過ごしています。
旅日記はまだ続いていますので、たまに覗きにきてください(^_^)


なぜ『リボーンプログラム』は、女子一人旅の参加が92%を占めるのか?

2014年12月12日

分断された首都 その2

Cyprusキプロスの首都Nicosiaニコシアは、
世界でも類を見ない分断された首都だ。

ちなみに分断されているのは首都だけではなく、
実はキプロスという国自体が二つに別れているんだよね。

そして...
キプロスの北側にはトルコ系、
南側はギリシャ系の人々が住んでいる。

トルコ系の人々が住んでいる
北キプロス側のモスクをよく見ると、
国旗が2つ掲げられてる。
IMGP16522.jpg
赤地に白で月と星が描かれているのはトルコの国旗で、
白地に赤い月と星のデザインは北キプロスの国旗。

北キプロスにとってトルコは特別な国だから、
こんな風に国旗が掲げられているんだよね。
IMGP16512.JPG
なぜならトルコは、
北キプロスを国家と認めている唯一の国だからだ。

首都ニコシアの北側でレストランに入れば、
美味しいトルコ料理が食べられる。
IMGP1670.jpg
これはトルコならどこでも食べられる
伝統的な料理ケバブ。
ピラフも添えられてて、正にトルコ料理!って感じだ。

ところで...
このレストランで昼飯を食べていた時、
お店の人にトルコ語で挨拶などをしてみた。

しかし、なんの反応もなかった。
これには少しビックリしたね。
通常トルコでオレたちがトルコ語を使うようなもんなら、
大抵トルコ人は喜ぶし、
なぜトルコ語が話せるの?って不思議がられたりする。

でも、(偶然かもしれないが)ニコシアの北側では
全くなんの反応もなかった。
逆に、外国人であるオレたちとトルコ語を話すことに
ためらいやマイナスの感情があるようにさえ感じた。

なぜだろう?
北キプロスの人々って
トルコ系の住民が多いんじゃなかったっけ?
自分たちの言語を何故積極的に使おうとしないんだろう?

真相はわからない。

でも、ニコシアの北側から南側に戻ってきた後、
現地に住むキプロス人の友達のから話を聞いたことで
少し謎が解けた気がした。

その友達の名前はアレクシア。
IMGP1688.jpg
彼女は自分たちにパフォスの家を貸してくれている方。
普段はパフォスに住んでいるのだが、
今はニコシアに用事があるためここにいる。

それはさておき、
分断されているニコシアおよびキプロスのついて
少し質問してみた。

オレたち:
アレクシアはギリシャ系の人だから
南側に住んでいるわけだけど、
ニコシアの北側(北キプロス)には行ったりするの?

アレクシア:
基本的には行かないわ。
行こうと思えば行けるけど、
今はもうあまり北側には行きたくないの。

オレたち:
どうして?

アレクシア:
私は紛争が起こる前のニコシアを知ってるの。
紛争が勃発した時、
ギリシャ系の住民は北側に住んでいられなくなってしまい
着の身着のままで家を出て南側に逃げたのよ。
だから北側にはギリシャ系の人たちが住んでいた建物が
逃げ出した当時のまま残っていて、
それを見るのが辛いの。
あなたたちもニコシアの北側にいた時、
そういう状態の建物をいくつも見たでしょ?

オレたち:
うん、確かにそういう
人の気配のない店や家を何軒も見かけたよ。
あれはギリシャ系の人々が住んでいた家だったんだね。

アレクシア:
ニコシアの北側には、
仲の良かった友達や親戚の家があったの。
だけど今はそこに誰もいないし、
そのうちの何人かはどこにいるのか、
生きているのかどうかもわからない。
だからもう北側には行きたくないのよね...
この気持ち、わかる?


この時の写真はアレクシアから
ニコシアの話を聞く前だったから
彼女にも笑顔があるけど、
話をしている昔のことを話している間はずっと
とてもとても悲しげな表情だった。


アレクシアから聞いたキプロスの紛争の話は
色々とショックだった。

多分そういった経験をした人は、
キプロスに沢山いるだろう。
それはアレクシアのようなギリシャ系の人に
限った話じゃなくて
トルコ系の人にも山ほどいるだろう。

彼らの心の中に残る悲しい記憶。
たとえ分断が終わり、
南北の行き来が自由にできるようなったとしても、
あの頃にはもう戻れない。

ギリシャ系の人々もトルコ系の人々も、
多くの人はおそらく争いたくなんかなかっただろう。

ニコシアの北側で見かけたたトルコ系の人々が
オレたちに対してトルコ語を使うことを
躊躇しているように見えたのは、
トルコ系であるがゆえに憎悪の対象になってしまうことを
恐れていてたからではないだろうか。

キプロスに住む人々は紛争の経験から、
ギリシャ系トルコ系を問わず
両者ともに心に大きな傷を負ってしまったのだろう。




では何故、争いは起こってしまったのか。

キプロスは元々イギリスの植民地だったのだが、
独立後にギリシャ系住民とトルコ系住民との間で
対立が起きて内戦状態になり、
国は2つに分かれてしまった。

ギリシャ系住民とトルコ系住民の双方に言い分があり、
どちらも正しいしどちらも悪くはない。
一般的に、戦争や内戦、紛争等の原因は
当事者以外の国にあることが多い。

ベトナム戦争やコソボ紛争などがいい例だよね。

だからギリシャ系住民もトルコ系住民も、
どちらも被害者なような気がする。
せつないし、とても悲しい気持ちになる。

オレたち人類は
こういう悲劇を繰り返してはいけないし、
繰り返さないためにも
事実を多くの人に伝えていくべきなのではないだろうか。






だからオレは、自分が見たことを
ずっと伝え続けていきたい。
それが、事実を知った人の務めだと思うから。
オレは小さな人間だけど、
戦争や紛争を止める力につながると信じてるから。






ギリシャ語でありがとうは「エフハリストー」
今日も読んでくれてありがとう♪エフハリストー\(^o^)/
ブログランキングに参加中です。
↓↓↓バナーをクリックで応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ
にほんブログ村 夫婦世界一周

←よかったらこちらも応援お願いします♪
人気ブログランキングへ

「トリップアドバイザー」の
おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報
posted by なおのぶ at 22:22| Comment(0) | キプロス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。