2015年2月より日本に帰国しています。
旅の間にお世話になった友人たちに日本を案内したり。
日本にいながらも相変わらず旅心地な日々を過ごしています。
旅日記はまだ続いていますので、たまに覗きにきてください(^_^)


なぜ『リボーンプログラム』は、女子一人旅の参加が92%を占めるのか?

2014年12月10日

キプロスの昔と今

猫の修道院を出て、Limassolリマソルに向かう。
色々寄り道してたら予定より遅くなっちゃった。(汗)

まぁでもしょうがない。
オレたちの旅はいつでもマイペース。

自分たちの見たい物やいたい場所に
時間を割くのがオレたちの旅だしね。(笑)

街中に入り駐車場を探すと、
なかなかいいロケーションを見つけた。
IMGP1626.jpg
リマソルの港近くの駐車場。
ここに車をとめ、町歩きに出発だ!

街の中心には古い町並みが残ってる。
IMGP1621.jpg
いいね〜

ここはリマソル城。
IMGP1617.JPG
中世のお城。

十字軍の頃に建てられた建物らしい。
IMGP1614.jpg
シンプルで装飾とかが少なくて、
いかにも戦闘を重視した作りだね〜

現在この城の内部は中世の博物館になっているらしく、
城の周囲の公園(広場?)には
その頃に使われてた道具などが展示してあった。

これはオリーブオイルを絞る機械。
IMGP1613.jpg
オリーブの実をすり潰すための石があったり、
油を絞る道具があるね。

これは絞ったオリーブオイルが流れる部分。
IMGP1615.JPG
数百年前のものだけど、今でも使えそうだ!

ここのお城はキリスト教徒が建てた城。
IMGP1616.jpg
しかしその後、
キプロスがオスマントルコの一部だった頃には
イスラム教徒に使われていた過去がある。

ちなみに...
キリスト教徒とイスラム教徒がここにいた証は、
この城以外にもキプロスには沢山ある。

これはリマソルの街中にあったモスク。
IMGP1618.jpg
ミナレット(尖塔)が綺麗だね〜

そのモスクの外壁をよく見ると、
キリスト教の教会の上に建てられているのがわかる。
IMGP1619.jpg
弧を描いている石組みの部分は、
元々は教会の壁なんだよ〜!

実はキプロスって
キリスト教徒が支配した時代もあるけど、
イスラム教徒が支配した時代もあるし、
両方が混ざりあってる時代もあった。

キプロスはギリシャとトルコが近いから、
キリスト教徒であるギリシャ系の住民と
イスラム教徒であるトルコ系の民族が
一つの島に混ざって住んでいたんだよね。

だけど今は、
キプロスという国は二つに別れてしまっている。

ギリシャ系の民族は南側に、
トルコ系の民族は北側に住んでいる。
北側と南側には境界線があり、
少し前まで内戦があった。

キプロスって国は非常に難しい問題を抱えているんだよね...
(この話はまた今度書くつもりです!)

街を見た後、港の方へ。
IMGP1627.JPG
素敵な雰囲気の港。

夕日が沈む。
IMGP1629.JPG
リマソルは夏になると
ヨーロッパから多くの観光客が来るらしい。
なんとなくそれがわかる気がしたね。

この街にもいつかまた、
夏に来て見たいな〜〜〜








ギリシャ語でありがとうは「エフハリストー」
今日も読んでくれてありがとう♪エフハリストー\(^o^)/
ブログランキングに参加中です。
↓↓↓バナーをクリックで応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ
にほんブログ村 夫婦世界一周

←よかったらこちらも応援お願いします♪
人気ブログランキングへ

「トリップアドバイザー」の
おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報
posted by なおのぶ at 23:23| Comment(0) | キプロス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。