2015年2月より日本に帰国しています。
旅の間にお世話になった友人たちに日本を案内したり。
日本にいながらも相変わらず旅心地な日々を過ごしています。
旅日記はまだ続いていますので、たまに覗きにきてください(^_^)


なぜ『リボーンプログラム』は、女子一人旅の参加が92%を占めるのか?

2014年12月02日

特急列車でシラクーサからローマへ

これはSiracusaシラクーサ駅。🎵
IMGP1178.JPG
ついにシラクーサを出る日になってしまった。

今日はこれからシラクーサ発の
特急インターシティに乗って
900km先のローマまで行くのだ。

所要時間はなんと約11時間!
IMGP1182.JPG
時刻は朝の7時半。

遅延が常のイタリアの国鉄でも
さすがに始発駅からの出発は遅れない。(笑)
IMGP1184.JPG
タラタラタラッタタータラターラー
って感じで「世界の車窓から」の
メロディが頭の中に流れてくるぜ!

これは最後の車両の端っこ部分。
窓からは線路が見える。
IMGP1186.JPG
VIETATO APRIRE(開けるな)って書いてある。
おいおい!
開けるヤツなんているのか?

途中で数日前に滞在してたカターニアに到着。
IMGP1200.JPG
うわ〜このSL覚えてるぜ!
サビちゃって可哀想な姿になっちゃってるけど、
間違いない!👊

実は、カターニアって
初めてイタリア旅行した時(20年以上前!)にも来てて、
その時にカターニア駅のホームでこのSL見たんだよね。
すっげぇ懐かしいな〜〜!!

カターニアを過ぎると、映画「グラン・ブルー」で有名な
タオルミーナが見えてきた。
IMGP1201.JPG
ちなみにここはIsola Bellaベッラ島という
海の満ち引きの具合によって陸地と繋がったり
離れたりする有名な島。

ここも20年以上前に行ったっけな〜〜〜
あの頃はデジカメもインターネットもなかったから
今とは旅の仕方や旅情報の探し方が全然違ってた。
この先、どんな風になっていくんだろう?

そんなことを考えてたら
オレたちが乗ったインターシティは
あるものの中へと入って行った。

さて、そのあるものとは?
一体ここはどこでしょう?
IMGP1222.JPG
実はこれ、フェリーの中なんだよね。

なんと❗シチリア島の北東の端メッシーナに到着すると、
列車は海を渡るフェリーに乗せられるのだ

船内はこんな感じ。
IMGP1208.JPG
フェリーの中には線路が引かれてる。

列車は2両づつくらいに分割されてフェリーに積まれてく。
IMGP1210.JPG
青森と函館を結んでた青函連絡船みたい。🚢

フェリーの中に車両が積まれると
乗客は車内から船内に入れる。
IMGP1213.JPG
AI SALONIと書いてあるのは船内客室へと登る階段。

ここを上がっていけば客室を通って甲板まで登れる。
IMGP1220.JPG
上まで登ると下にさっきまで乗ってた列車が見える。

そして対岸の
Reggio di Calabriaレッジョ・ディ・カラーブリアに
渡った後にまた列車をつなぎ合わせるって仕組み。
IMGP1215.JPG
このフェリーってず〜〜〜っと昔からあって
それが今でも使われ続けてる。

これまたず〜〜っと昔にイタリアを旅した時、
このフェリーに乗ってレッジョ・ディ・カラーブリアから
シチリアに渡ったことがあったっけな。

この20年で変わったことも沢山あるけど、
イタリアには変わらないことが山ほどある。
そこがまたいいところであり、
厄介なところでもある。(笑)

それはともかく、特急列車に乗ったまま
シチリア島からイタリア本土に渡るってスゴくない?

ということで次回に続く〜〜❗❗❗


イタリア語でありがとうは「グラツィエ」
今日も読んでくれてありがとう♪ グラツィエ\(^o^)/
ブログランキングに参加中です。
↓↓↓バナーをクリックで応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ
にほんブログ村 夫婦世界一周

←←よかったらこちらも応援お願いします♪
人気ブログランキングへ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報
posted by なおのぶ at 11:11| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。