2015年2月より日本に帰国しています。
旅の間にお世話になった友人たちに日本を案内したり。
日本にいながらも相変わらず旅心地な日々を過ごしています。
旅日記はまだ続いていますので、たまに覗きにきてください(^_^)


なぜ『リボーンプログラム』は、女子一人旅の参加が92%を占めるのか?

2014年11月13日

コトルからウルツィニへ

今日はモンテネグロのKotorコトルをから
別の町Ulcinjウルツィニに移動する日。
宿をチェックアウトする前に町を見て廻り、
11時過ぎに旧市街の南にあるバス停に向かった。
IMGP0137.JPG
AUTOBUSKA STANICAとは、バスステーションのこと。
ここからウルツィニ行きのバスに乗る。

残念ながらコトルではお天気に恵まれなかったけど、
町の人は温かくて結構良かった。
次に行くウルツィニも期待しちゃうな〜🎵

ところで、ウルツィニって町を知ってる人は
そんなにいないんじゃないかな?
コトルは小さいけど世界遺産だし、
クロアチアのドブロブニークからも近いし、
モンテネグロの都市としては日本でもそれなりに有名だ。

でもウルツィニは...(・ ・?)

実はオレも最近まで知らなかった。
日本を出る前にはウルツィニという町の名前を
一度もオレは聞いたことがなかった。
多くの日本人とっても同じような感じなんじゃないかな?

でも、ヨーロッパにおいてウルツィニは注目の場所らしいんだよね。
雰囲気はいいし、海はあるし(これ大事!)、物価も安い。
そして、そんなに有名じゃないから観光客は少ない!

だからヨーロッパの人々からは、
注目のバカンス先として人気が出てきてるんだそうな。
すっげー楽しみ!\(^o^)/

昼過ぎにコトルを出たバスは14:30ごろにウルツィニに到着。
バスターミナルにいたタクシーの運ちゃんと交渉し
予約していた宿へと向かった。

今回泊まるのはアレクセイさんという方のお宅で、
一応は民宿みたいな感じ。
アレクセイさんは人当たりがよいし、
子ども達はちょっと照れ屋さんだけどニコニコしてて
とても雰囲気がよかった。☀

でも、最初はアレクセイさんの家を見つけるのがマジで大変だった。
彼の家は町の住宅地の一角にあるから目印になるような場所がなくて
タクシーの運ちゃんも困ってた。(苦笑)
アレクセイさんと子どもがオレたちを見つけてくれて
どうにか辿り着けたからよかったけどね。ε-(´▽`)

アレクセイさん家は小高い丘の上にあって
眼下にはウルツィニのシンボル、
STARI GRADスタリ・グラードが見える。
IMGP0143.JPG
とりあえずあそこに行ってみよ〜!

坂道を下って海まで出ると、
海に突き出したSTARI GRADが見えた。👀
IMGP0144.JPG
STARI(スタリ=昔とか古いの意味)とGRAD(グラード=町、街)で、
要するに古い町ってわけだね。

そういえばボスニア・ヘルツェゴビナのモスタルにあった橋は
スタリ・モスト(古い橋)だったもんな〜
言葉がわかるとちょっと嬉しいね。(o'ヮ'o)♪

高い城壁に囲まれたウルツィニの旧市街。
IMGP0148.JPG
あそこには明日行ってみよう!
今日はもう日が暮れちゃったしね。

散歩がてらスタリ・グラード近くの港をウロウロしていたら、
地元の兄ちゃん達に一緒に写真を撮ろう!って言われた。
IMGP0147.JPG
どうやらアジア人が珍しいみたい。

代わる代わるいろんな人と記念撮影。
IMGP0146.JPG
なんだか有名人になった気分。(笑)

それにしても、ここの町の人もなんだかとても温かい。
たまたま偶然?それともラッキー?
でもまぁどっちにしても、
ウルツィニの町が人気がある理由がなんとなくわかった気がしたね。😃

明日はどんな一日になるかな?

モンテネグロ語でありがとうは「フヴァーラ」
今日も読んでくれてありがとう♪ フヴァーラ\(^o^)/
ブログランキングに参加中です。
↓↓↓バナーをクリックで応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ
にほんブログ村 夫婦世界一周

←←よかったらこちらも応援お願いします♪
人気ブログランキングへ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報
posted by なおのぶ at 22:22| Comment(0) | モンテネグロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。