2015年2月より日本に帰国しています。
旅の間にお世話になった友人たちに日本を案内したり。
日本にいながらも相変わらず旅心地な日々を過ごしています。
旅日記はまだ続いていますので、たまに覗きにきてください(^_^)


なぜ『リボーンプログラム』は、女子一人旅の参加が92%を占めるのか?

2013年12月30日

これぞ世界遺産!イマーム広場!!

イランの古都Isfahanエスファハーン。🎵
この街にはベルギー人の友達マルティーヌさんに紹介された
ナデレさんというイラン人知り合いがいる。
今日はそのナデレさんにエスファハーンを案内してもらうことになっている。

ナデレさんとはVankヴァーンク教会で待ち合わせ。
IMGP7288.JPG
ここはキリスト教(アルメニア正教)の教会だ。
イランはイスラム教の国だけど他の宗教も存在してる。
エスファハーンは、アルメニア人やユダヤ人等の他民族
そして他の宗教が共存している街なんだそうな。💡

中はいかにもキリスト教っぽい宗教画や
イスラム教の影響を受けたと思われる
幾何学模様がデザインされたタイルがいっぱい。
IMGP7293.JPG
とてもきれいだった。

教会に併設された博物館には
これまた興味深いものが沢山あった。
↓例えばコレ。世界最小の聖書。
IMGP7295.jpg
こんな小さくても中にはちゃ〜んと文字が!👀

もう一つのブログには
博物館にあったさらにスゴいものが紹介してあるので
そっちも見てみてね〜〜〜!→『世界みてある記』

その後に行ったのはスィー・オ・セ橋。
ほんとならここには川の水があるはずなんだけど、完全に干涸びてた。
IMGP7326.JPG
赤い矢印に注目!川の真ん中を人が歩いてるよ〜w(゚0 ゚)w

これは橋の下。全く水がない...
IMGP7328.JPG
地元の人に聞いたら、地球温暖化の影響なのか
最近は一年のうち3ヶ月ぐらいしか水が流れてないんだって。
めっちゃヤバいよね〜〜〜😞

街の食堂で昼ご飯。
職人さんが窯でパンを焼いてておいしそうだったから、この店に決めた。👊
IMGP7334.JPG
インドのナンのように、窯の内側に生地をくっつけて焼いていく。
IMGP7337.JPG
グルジアのトビリシで見かけたパン屋もこういう窯だったし、
地球はつながってるんだな〜って感じたね。

食べたのはケバブ。( ̄ー+ ̄)
IMGP7336.JPG
これもトルコと一緒だよね。

言葉や宗教が違っても、
不思議と食べてるものは同じだったり似てるのが多かったり。
もちろん、その逆もあるんだけどね。
陸続きで国をハシゴしていくと
違ってる部分と同じ部分を肌で感じられるから、それがとっても面白い。😃

食事の後はイマーム広場へ。
IMGP7345.JPG
すっげぇ広〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜い!

嫁さんとナデレさん。
その後ろにはあるのがシャイフ・ロトフォッラー・モスク。
IMGP7346.JPG
イランって女性はみなスカーフをしてなきゃいけない。
大変だよな〜って思ってたら、嫁さん的にはこれはこれで楽しいらしい。(o'ヮ'o)

シャイフ・ロトフォッラー・モスクの入口。
IMGP7368.JPG
いかにもイランっぽいブルー。

外側がスゴいけど中もスゴい。
IMGP7353.jpg
申し訳ないけどスゴいとしか言えない。
IMGP7354.jpg
とても幻想的。✨

そして、スゴいのは模様や絵柄の美しさだけじゃないんだ。
模様や絵柄の表現の仕方がまたスゴい。
実は全部陶器で作られたモザイクなんだよね。
IMGP7364.JPG
よ〜く見ると、文字は細かく分割されてるのがわかる。

草木の花びらや葉っぱ、そして枝なども、
細かく分割された陶器を組み合わせて描かれてる。
IMGP7363.JPG
それが壁や柱、天井のドーム、建物の全ての部分を飾っている...
信じられん!どんだけ手が込んでるんだ!!

次はイマーム・モスク。
IMGP7373.JPG
別名、王のモスク。✌

イマーム・モスクの正面には2本の柱がある。
IMGP7376.JPG
これは昔この広場で行われたポロの試合で使っていたゴールなんだって。

ここからイマーム・モスクの中だよ〜
IMGP7378.JPG
このモスク、ペルシャ建築の最高傑作と呼ばれているだけのことはある。
IMGP7377.JPG
ところどころ修復中なのが残念だけど、十分スゴい。
IMGP7386.JPG
柱や壁、天井、どこを見ても溜め息が出てしまう。(´・∀・`)
IMGP7401.jpg
今まで色んなものを見てきたけど、
イスラム教の建物としてはトップクラスの衝撃を受けたね。

外側を修復していたこのドームもスゴかった。
IMGP7420.JPG
ドームの下で喋ったり手拍子をするとメチャクチャ響くんだよね。

こういう音が反響することを考慮して作られた建築物を、
オレはこれまで幾つも見てきたし実際に音を出して試してきたけど
ここの響き具合は他のものとはレベルが違う!
その理由は屋根のドームがが二重になってるからなんだそうな。

いや〜これはホントに激ヤバだったね!
もしエスファハーンに行ったら、ぜひこのイマーム・モスクの
ドームの下で音の響き方の違いを実感してほしいな〜〜〜!\(^o^)/

そうこうしてる内に夜になってた。
IMGP7428.JPG
ライトアップされたイマーム広場の建物たち。
IMGP7430.JPG
昼もいいけど夜もいいね。

ちなみにここイマーム広場は世界遺産に登録されてて見どころ沢山!
今日見きれなかったアーリー・カープー宮殿とかは後日見に行くよ〜!!

←いつも応援ありがとう♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 夫婦世界一周
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ←こちらも応援お願いします♪

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報

食いしんぼう夫婦の世界みてある記
食いしんぼう夫婦の世界食べある記もみてね!
posted by なおのぶ at 22:22| Comment(0) | イラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。