2015年2月より日本に帰国しています。
旅の間にお世話になった友人たちに日本を案内したり。
日本にいながらも相変わらず旅心地な日々を過ごしています。
旅日記はまだ続いていますので、たまに覗きにきてください(^_^)


なぜ『リボーンプログラム』は、女子一人旅の参加が92%を占めるのか?

2013年12月26日

カシャーンのヒストリカルハウス

現在、Iranイランの中部にあるKashanカシャーンという町に滞在中。💡
今日はカシャーンの見どころのひとつである
ヒストリカルハウス(もしくはトラディショナルハウス)って
呼ばれるちょっと古い邸宅を見に行くことにした。

宿からヒストリカルハウスがある地区に向かって歩いてたら、
嫁さんがある生き物を発見した。👀
IMGP7121.JPG
ウサギだ〜〜〜!

野良ウサギ??
IMGP7118.JPG
しかも一匹(一羽っていうんだっけ?)だけじゃなくて、何匹もいる!

どうしてこんな場所で?不思議だ…(・ ・?)
そんなことを二人で話しながら歩いてたら、
今度はタクシーの運ちゃんに声をかけられた。

カシャーン周辺の見どころをタクシーで見に行かないか?
この町の近くには砂漠や塩湖、地下都市、
キャラバンサライ(隊商宿)があるんだよ。
他にも◯◯や△△も行くこともできるぜ?
□□ドルで行くけど、どうだい?

ふーん、どうしよっかな〜〜〜ってちょっと考え、
砂漠、塩湖、地下都市、キャラバンサライをセットで、
料金は二人で30ドルならいいよって話をつけた。

じゃあ明日、宿に10時に迎えに来てね!って運ちゃんと別れようとしたら、
今はどこに行くんだ?って聞いてくる。
ヒストリカルハウスの方に行くつもりだって答えたら、
運ちゃんがそこまで乗せてってやるという。

そいつはありがたい。頼むぜ!
ついでにあんたの車の運転テクをチェックするよ。
もし下手だった明日は行かないからね!
って冗談を言ったら、運ちゃん笑ってた。

タクシーの運ちゃんは走りながら、
町の中に幾つかあるヒストリカルハウスを紹介していく。
その中でもイチオシのTabātabāeiタバタバエイという
ヒストリカルハウスに前で車を降ろしてもらった。

ここは100年前に建てられたとある金持ちの邸宅。
IMGP7140.JPG
カシャーンにはこういう金持ちの家が残っているんだって。

さすがは金持ちの家。
IMGP7128.JPG
壁の装飾がすごい。w(゚0 ゚)w
IMGP7139.JPG
王様でも貴族でもなく、ただの金持ちらしいけど、
そんじょそこらの金持ちとは別次元の金持ちだったんだろうな。

部屋の中にはきれいなステンドグラスがあったりして、なかなか素敵な家だ。
IMGP7152.JPG
夕日が入ってきてステンドグラスの色が部屋の中に広がっていく。✨
IMGP7133.JPG
イスラム世界の家とは思えない雰囲気だよね。

タバタバエイを出ると、そのすぐ近くにあるモスクに人が集まっていた。
IMGP7159.JPG
そろそろお祈りの時間なのかな?

集まってる人の多くが真っ黒な服で信心深そうなのに、
モスクに赤いネオンで何かが書いてあるのが
なんだかとても不釣り合いで不思議な感じがした。

オレたちはペルシャ文字が読めないから全然わからないけど、
実はとってもありがたい言葉が書かれてんのかもしれないね。
何て書いてあるのかな〜??
とっても気になる!知りたいな〜〜〜!!\(^o^)/

←クリックで応援お願いします♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 夫婦世界一周
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報

食いしんぼう夫婦の世界みてある記
食いしんぼう夫婦の世界食べある記もみてね!
posted by なおのぶ at 22:22| Comment(0) | イラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。