2015年2月より日本に帰国しています。
旅の間にお世話になった友人たちに日本を案内したり。
日本にいながらも相変わらず旅心地な日々を過ごしています。
旅日記はまだ続いていますので、たまに覗きにきてください(^_^)


なぜ『リボーンプログラム』は、女子一人旅の参加が92%を占めるのか?

2013年12月04日

必見トラブゾンの市場

Trabzonトラブゾンにはいくつか見どころがある。
今日はそれらを歩いて回ってみることにした。💨💨💨

まずは街の旧市街をぐるっと囲む城壁。
IMGP6423.JPG
城壁の回りはきれいに整備され、公園みたいになってた。
IMGP6420.JPG

トラブゾンの旧市街を抜け西へ進むと、アヤソフィアがある。
IMGP6426.JPG
イスタンブールのアヤソフィアと同様に
ここも最初はキリスト教の教会として建てられ、
その後イスラム教のモスクとして使われた場所だ。

これは内部にあったフレスコ画。
IMGP6436.JPG

こっちはモスクとして使われている部分。
IMGP6429.JPG
天井にカバーがしてあって、ドーム屋根の内側に描かれたキリスト教の絵画が
全く見えないように覆われてたのが印象的だったね

建物の外側には古い教会の基礎部分も残ってた。
IMGP6427.JPG

アヤソフィアから見える海は黒海。
IMGP6440.JPG
周辺の山々には雪が積もってる。⛄
空の色といい海の色といい、冬だね〜〜〜

アヤソフィアからトラブゾンの街に戻り、市場へ。
IMGP6408.JPG

トラブゾンは海沿いの街だから、
これまで見てきた街に比べると魚屋に並ぶ魚の鮮度がいい。✨
IMGP6445.jpg
黒海名物のイワシがこれでもか!ってくらい売られてる。
他には小さいカツオやマス、アジ、サヨリ等など…
みんなウマそうだ!( ̄ー+ ̄)

市場の中を歩いてたら、物売りのおばちゃん達がいろんなものをくれた。
IMGP6449.JPG
ちょっとわかりにくいけど、嫁さんが持ってるのは
もらったパンとふかした芋、キャベツのピクルスみたいなやつ。
他にも干した果物(干し柿みたいだけど、柿じゃない)とかももらった。
ありがたいことだ。😃

山ほどミカンを買ってみたけど、これで1TL(約50円)。
IMGP6409.JPG
たまりませんな〜〜〜(笑)

夕飯は昨日も行った魚専門のレストランへ。
さっき市場で見たイワシのフライ。
小さいけど30匹は盛られてる。いい感じだ!
IMGP6459.JPG
最近肉が多かったからね〜〜〜
DHAをガッツリ補給だ!!\(^o^)/

こっちは小型カツオの焼いたもの。
IMGP6458.JPG
こんな小さいカツオがいるんだね!

両方うまかったし大満足〜〜〜!
やっぱ港町の魚は最高‼

ガイドブックとかに載ってないし、
ネットとかで見ててもあまり情報がないトラブゾンの市場。
でもすっごく良かった。
トルコでも何カ所か市場に行ったけどトップクラスの雰囲気だったね。💡

トラブゾンに来る旅人の多くはイランビザ取得が目的みたい。
オレたちもイランビザをここで取ったし、別にそれが悪いわけじゃない。
ただ、それだけで別の街に移動しちゃうのはもったいないよ〜!👊

何しろトラブゾンの市場はマジで超おすすめ。
イスタンブールの有名な二つのバザールなんかよりも
はるかに地元民向けで、しつこい客引きもほとんどいないし、
まさに地元の人々の生の姿が見れるよ〜〜〜🎵🎵🎵


←クリックで応援お願いします♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 夫婦世界一周
にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報

食いしんぼう夫婦の世界みてある記
食いしんぼう夫婦の世界食べある記もみてね!
posted by なおのぶ at 22:22| Comment(0) | トルコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。