2015年2月より日本に帰国しています。
旅の間にお世話になった友人たちに日本を案内したり。
日本にいながらも相変わらず旅心地な日々を過ごしています。
旅日記はまだ続いていますので、たまに覗きにきてください(^_^)


なぜ『リボーンプログラム』は、女子一人旅の参加が92%を占めるのか?

2013年04月10日

メンドーサからサンチアゴ、険しい国境越えで初没収!

今日はいよいよアルゼンチンを発ち、チリはサンチアゴに向かう。
のだけれど、まずは昨日の続きでメンドーサの話題を少し。

メンドーサの街に着いてすぐに気づいたのだけれど
他のアルゼンチンの都市では目にしなかった
排水溝が整備されている。
IMGP2069.JPG
しかも、そのほとんどがきれいな並木道。

ブエノスアイレスはもちろん大都市だし
コルドバもかなり近代的な印象だったけど
この整い方はちょっと潤っている街の香りがする。

やっぱりワイン製造業で世界的に成功してるから?
と思っていたら・・・
オフィスビルと思しき建物。
IMGP2127.JPG
なんとカジノだったー!
しかもちょっとリッチなホテルに併設してるみたい。
こういうものがある街は(モナコとかマカオとか)
たいていリッチだもんね。

市内の住宅街もこんなお屋敷が並んでるし!
IMGP2073.JPG
昨日のバスツアーで一緒になったチリ人夫婦から
チリはアルゼンチンの物価の2倍はするよ〜!
と聞いてぶっ飛んだーーー Σ( ̄□ ̄;)

もう十分アルゼンチンでも高いっちゅーに(T-T)
マジで〜〜〜!?

と初めはショックを受けたんだけど
冷静になって考えてみると、もしかしたら
アルゼンチンペソに対してチリペソが強いのかも?
ってちょっと思った。

アルゼンチンというのは為替レートが独特な国。
円に換算するには公式USドルレートを介している。
(そしてその公式USドルレートがかなり盛られてるって話)

もしかして、同じ南米のチリ&アルゼンチン間のレートは
公式USドルレートを介してないのかも???

たぶんそんな感じみたいで
アルゼンチン&チリの国境で
アルゼンチンペソからチリペソに両替したら、なんと
(それぞれの通貨を日本円に換算して)ほぼ半分の価値になった。
それだけチリペソに対しアルゼンチンペソが弱いってことだ。

これなら、チリの人が
アルゼンチンの物価は半値っていうのもナットク!

でも、私たちにとって(円換算での)
チリの物価は思っていた程高くはなかった。
ものによってはアルゼンチンより安かったりだし。
お金の価値ってなんかフシギ〜(・ ・?)

メンドーサの話しに戻るけど
排水溝だけでなく、道路も歩道も他の街より整っている。

その原因は街が潤っているからとばかり思っていたけれど
1861年に起こった地震の後
地震に強い町づくりを目指した結果こうなったそう。

そんなメンドーサの街で盛んなのはワイン業だけでないみたい。
IMGP2129.JPG
なぜだか、生地屋さんが多い!
写真の矢印み〜んな生地屋さん。
しかもどこもお客さんがいっぱいだw(゚0 ゚)w
メンドーサではみんな自分で服縫ってるの?ってくらいの混みよう。

余談の街情報。
コロン通りに良さげなレストランがいくつも軒を連ねてる。
IMGP2067.JPG
その一軒で食べたWOK DE POLLO(鶏肉の炒め物?)が
思いっきりきんぴら味で懐かし&オモシロかった♪
ちゃんと胡麻もかかってるよ(^_^)

そして今朝、9時30分メンドーサ発のバスに乗った。

チリのと国境付近までは
アルタ・モンターニャツアーの道のりと一緒。
IMGP2003.JPG
相変わらずすごい眺めだ!
IMGP1992.JPG
といっても、この写真はこの間撮ったもの(´∀` ●)ゞ

じつは、夫の咳が長引いて夜眠れない日々が続いている。
そんなこんなで今日は私も車内で爆睡。

アルゼンチン&チリの国境「ロス・リベルタドレス」

国境(の建物)を目前にバスが停まり。。。
そこで、出入国手続きを受けるまで約3時間の待ち時間!
出入国手続きが終わったら一旦バスに戻り
またしばらく待って、今度は荷物検査の為にまた降車。

アルゼンチンからチリの国境越え(特に陸路)は
荷物検査が厳しいことで有名だ!

野菜や果物やお肉といった生鮮食品がとくに厳しいと聞いていて
荷物をチェックされても中身がスムーズに出せるように
いつもにも増して完璧な荷造り!
我ながら準備バッチリ(^o^)vと思っていたら・・・

私たちの荷物の一つがX線チェックに引っかかった!
ハイハイ、中身を見れば何にも怪しいものはないですよ〜♪
と余裕綽々で説明する私たち。

ところが。。。

これ一体なに???
係員の目に留まったのはビタミン剤。
容器が嵩張る(大抵のビタミン類が容器ばっかり大きい)から
小さいジップロックに詰め直してきたもの。

それをいくら説明しても
とにかくこの薬(じゃないんけど)は容器がないから
この国境はパスできない!の一点張り。

ちゃんと調べれば、お薬はじゃないことは歴然なのに。
一体なんのために没収されなくちゃいけないのですか?
と説明を求めても、ま〜ったく聞く耳持たず。
(というか、なんのためのルールかなんて
彼らにとっては関係ないんだろうけどさ)

ついこの間ブエノスアイレスで買ったばかりのものもあるのに…
ぜ〜んぶまとめてボッシュートくん (T-T)

下っ端の係員のお兄さんは。ちょっと申し訳なさそうに
「サンチアゴでも売ってるからさ〜」と励ましてくれたりしたけど

ボスと呼ばれる男性の高圧的なことといったら!!!
ここホントに民主主義の国ですか?って聞きたくなるくらいだった。

いや〜。。。
没収という事実以上にあのやりとりに超疲れたーーー○| ̄|_

郷に入らば郷に従え。
それはわかっちゃいるけれど。。。

議論の余地なく全否定っていうのには、ついつい抵抗したくなるのが
10代から変わらない私たちの性で…(^∇^;)

でも、場合によっちゃほどほどにしとかないとね。
と(いまさらながら)肝に銘じましたよ。
(逮捕されたいか?!って散々脅されたしね〜^_^;)

そんなこんなで無事(?)チリ入国したぞー!

←1日1クリックで応援お願いします♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 世界一周
にほんブログ村 旅行ブログ アルゼンチン旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報

〜ブエノスアイレスでの滞在情報〜
日本人宿が人気のようですが
現地の暮らしに触れられる宿泊先も楽しいですよ♪
私たちもお世話になったシンシアさん&ご友人のお部屋をご紹介します。
ご興味のある方はコメント欄もしくは
サイト右のメールフォームにてお問い合わせください (^ ^)

海外旅行にオススメの貸し部屋サイトの記事です→旅の宿探し

食いしんぼう夫婦の世界みてある記
食いしんぼう夫婦の世界食べある記もみてね!
posted by けいこ at 22:22| Comment(2) | アルゼンチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
国境越え、おめでとうございます。

自分も、かつて、町の予算をぶんどってオーストラリアへ留学したとき、おみやげにもっていった角もちが検査にひっかかりました。これはなんだ?と係官が聞くので、しつこいほどに「これは石鹸です!石鹸なのです!」と繰り返して無事、通関しました。たかだか、一ヶ月の留学のために袋いっぱいの石鹸を持ってくる中学生などいないと思いますが・・・。

実におおらかなメルボルンの税関職員さんでした。

Posted by 村上 陽平 at 2013年04月14日 09:34
村上くん、コメントありがとう!

中学生にしてその機転の効き方、さすが〜(^_^)
私たちもせめて「ラムネです!」くらい言えればヨカッタかな?(笑)

お餅を食した現地の方達の反応も気になります〜。
石鹸なんて食べられるかー!なんてね♪
Posted by けいこ at 2013年04月15日 07:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。