2015年2月より日本に帰国しています。
旅の間にお世話になった友人たちに日本を案内したり。
日本にいながらも相変わらず旅心地な日々を過ごしています。
旅日記はまだ続いていますので、たまに覗きにきてください(^_^)


なぜ『リボーンプログラム』は、女子一人旅の参加が92%を占めるのか?

2014年12月02日

特急列車に乗ってシラクーサからローマへ その2

シラクーサから特急列車に乗ってローマへ。

ご存知の通りシラクーサは長靴の形をしたイタリア半島の
つま先部分の先にあるシチリア島の町で、
そこからローマのあるイタリア本土へは海を渡らないといけない。

なのでシチリア島北東部にある港町メッシーナに到着したら、
そこから列車ごとフェリーに乗って海を渡るんだよね。
IMGP1221.JPG
これがイタリア本土とシチリア島を結ぶフェリー。

さぁメッシーナの港から
対岸のレッジョ・ディ・カラーブリアに向けて出航だ!
IMGP1228.JPG
鉄道の旅だけど船旅もできるのが美味しいね!!(笑)

船は地中海を進んで行く。
IMGP1237.JPG
対岸までの距離は3kmくらい。

ほどなくしてイタリア本土の
レッジョ・ディ・カラーブリアに入港。
港に着く頃になると、車両が乗った甲板が忙しくなってくる。
IMGP1244.JPG
航海中は閉じていた船首部分に船員と鉄道のスタッフが集まってきた。

港に接岸し開き始めた船首。
IMGP1245.JPG
この船首から列車を出すわけだね。

船首部分には線路が付いていて、
それを船着場にある線路に接続していく作業がこれから始まった。
IMGP1248.JPG
フェリーと船着場の線路をつなぎ終えると、
今度は列車を動かしていく。



バラバラにしてあった車両を連結させる作業を確認する車掌さん。
IMGP1252.JPG
大丈夫かな〜〜〜?

OK!完璧だ!!
IMGP1253.JPG
ずーっと連結する様子を見てたら車掌さんに
「車内に入らないと置いてくぞ〜!」と言われ車内へ。(苦笑)

オレたちを乗せた特急列車はローマへ再スタート。
IMGP1262.JPG
それにしてもローマは遠いやね。

ローマに到着したのは夜の7時頃。
さすがに疲れたから写真も撮り忘れた。

トータル11時間。
でもまぁこういうのも悪くないね。
ゆったり景色を眺める鉄道の旅。

またやりたいな〜〜〜


イタリア語でありがとうは「グラツィエ」
今日も読んでくれてありがとう♪ グラツィエ\(^o^)/
ブログランキングに参加中です。
↓↓↓バナーをクリックで応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ
にほんブログ村 夫婦世界一周

←←よかったらこちらも応援お願いします♪
人気ブログランキングへ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報
posted by なおのぶ at 22:22| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特急列車でシラクーサからローマへ

これはSiracusaシラクーサ駅。🎵
IMGP1178.JPG
ついにシラクーサを出る日になってしまった。

今日はこれからシラクーサ発の
特急インターシティに乗って
900km先のローマまで行くのだ。

所要時間はなんと約11時間!
IMGP1182.JPG
時刻は朝の7時半。

遅延が常のイタリアの国鉄でも
さすがに始発駅からの出発は遅れない。(笑)
IMGP1184.JPG
タラタラタラッタタータラターラー
って感じで「世界の車窓から」の
メロディが頭の中に流れてくるぜ!

これは最後の車両の端っこ部分。
窓からは線路が見える。
IMGP1186.JPG
VIETATO APRIRE(開けるな)って書いてある。
おいおい!
開けるヤツなんているのか?

途中で数日前に滞在してたカターニアに到着。
IMGP1200.JPG
うわ〜このSL覚えてるぜ!
サビちゃって可哀想な姿になっちゃってるけど、
間違いない!👊

実は、カターニアって
初めてイタリア旅行した時(20年以上前!)にも来てて、
その時にカターニア駅のホームでこのSL見たんだよね。
すっげぇ懐かしいな〜〜!!

カターニアを過ぎると、映画「グラン・ブルー」で有名な
タオルミーナが見えてきた。
IMGP1201.JPG
ちなみにここはIsola Bellaベッラ島という
海の満ち引きの具合によって陸地と繋がったり
離れたりする有名な島。

ここも20年以上前に行ったっけな〜〜〜
あの頃はデジカメもインターネットもなかったから
今とは旅の仕方や旅情報の探し方が全然違ってた。
この先、どんな風になっていくんだろう?

そんなことを考えてたら
オレたちが乗ったインターシティは
あるものの中へと入って行った。

さて、そのあるものとは?
一体ここはどこでしょう?
IMGP1222.JPG
実はこれ、フェリーの中なんだよね。

なんと❗シチリア島の北東の端メッシーナに到着すると、
列車は海を渡るフェリーに乗せられるのだ

船内はこんな感じ。
IMGP1208.JPG
フェリーの中には線路が引かれてる。

列車は2両づつくらいに分割されてフェリーに積まれてく。
IMGP1210.JPG
青森と函館を結んでた青函連絡船みたい。🚢

フェリーの中に車両が積まれると
乗客は車内から船内に入れる。
IMGP1213.JPG
AI SALONIと書いてあるのは船内客室へと登る階段。

ここを上がっていけば客室を通って甲板まで登れる。
IMGP1220.JPG
上まで登ると下にさっきまで乗ってた列車が見える。

そして対岸の
Reggio di Calabriaレッジョ・ディ・カラーブリアに
渡った後にまた列車をつなぎ合わせるって仕組み。
IMGP1215.JPG
このフェリーってず〜〜〜っと昔からあって
それが今でも使われ続けてる。

これまたず〜〜っと昔にイタリアを旅した時、
このフェリーに乗ってレッジョ・ディ・カラーブリアから
シチリアに渡ったことがあったっけな。

この20年で変わったことも沢山あるけど、
イタリアには変わらないことが山ほどある。
そこがまたいいところであり、
厄介なところでもある。(笑)

それはともかく、特急列車に乗ったまま
シチリア島からイタリア本土に渡るってスゴくない?

ということで次回に続く〜〜❗❗❗


イタリア語でありがとうは「グラツィエ」
今日も読んでくれてありがとう♪ グラツィエ\(^o^)/
ブログランキングに参加中です。
↓↓↓バナーをクリックで応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ
にほんブログ村 夫婦世界一周

←←よかったらこちらも応援お願いします♪
人気ブログランキングへ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報
posted by なおのぶ at 11:11| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする