2015年2月より日本に帰国しています。
旅の間にお世話になった友人たちに日本を案内したり。
日本にいながらも相変わらず旅心地な日々を過ごしています。
旅日記はまだ続いていますので、たまに覗きにきてください(^_^)

2014年11月17日

紆余曲折の国、アルバニア

Albaniaアルバニアの首都Tiranëティラナに滞在中。

ところで、アルバニアってどんな国か知ってる?
IMGP0351.JPG
知ってる!って胸を張って言える人がいたら、
それはかなりスゴいことです。

ちなみにオレは良く知らない。(。-д-。)ゞ
社会の先生がそんなんでいいのか?って自分にツッコミたくなるが、
本当にほとんど知らない。
国や首都の名前ぐらいは記憶にあるけど、あとは…(苦笑)

しかし❗だからこそ、オレたちはここに来たのである❗
知らないことは、これから知りゃあいいんだよ❗❗

ということで、ティラナの街を歩いてみる。
IMGP0353.JPG
これは街のメインストリート。

他の旧共産圏の国々と同様に、非常に幅が広い。
敵国が攻めてくる的な緊急事態に
戦車とか軍隊がスムーズに配置に付けるようにするために、
こんな風に道路が広く作られているんだそうな。

オレたちは見かけなかったが、アルバニアには
戦争に備えたトーチカという防空壕みたいな建造物が
30万以上も存在する(存在した?)ようだし、
ティラナの近くには巨大な核シェルターもあったらしい。

現在のアルバニアが戦争に巻き込まれる可能性は
昔に比べたら格段に低いと思われるけど、
戦争を想定したものが沢山存在することはやっぱり切ない。

アルバニアという国は1990年代に入るまでの約十数年、
周りの国と国交を絶ち鎖国をしていた時期がある。

敵国から攻撃に備え軍備を整え核シェルターやトーチカを作った結果、
世界で最も貧しい国と呼ばれる程に国家財政が悪化した。
結局戦争は起こらず準備したものが使われないで済んだことは
良いことだが、国民の暮らしは非常に過酷なものになったという。

街中を歩いていると、これまた旧共産圏っぽい建物が目に付く。
IMGP0338.JPG
うまく言えないけど、何かこう地味で特徴のない集合住宅みたいな建物。
民主化が進んで随分変わってきているらしいが、まだまだな感じだ。

この近代建築っぽい建造物は、
以前は美術館として使われていたらしいけど…
IMGP0343.JPG
今はただの廃墟だそうな。

ここはティラナのスタジアム。
IMGP0348.JPG
どんな国でもサッカーのスタジアムだけはある。
IMGP0347.JPG
サッカーは本当に世界的なスポーツだね。⚽

これはティラナのモスク。
IMGP0369.JPG
見どころに欠けるこの街で、このモスクの壁画は素晴らしかった。
IMGP0354.JPG
本当にきれい。
IMGP0362.JPG
このモスクは、アルバニアのイスラム教徒にとって非常に重要な場所だ。

実は、このアルバニアという国は一時期『無神国家』だったことがある。
簡単に言えば、全ての宗教を信仰してはいけない時代があったのだ。
その為、このモスクもその時代には閉鎖されていたそうな。

今このモスクは、アルバニアのイスラム教徒にとって
信仰の自由を象徴する場所でもあるのだ。

共産主義だったアルバニア。
鎖国をしてたアルバニア。
無神国家だったアルバニア。

これは過去のことだけど、今もその影響は少なからず残ってる。
これからアルバニアはどんな国になるんだろう?


アルバニア語でありがとうは「ファレミンデリト」
今日も読んでくれてありがとう♪ ファレミンデリト\(^o^)/
ブログランキングに参加中です。
↓↓↓バナーをクリックで応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ
にほんブログ村 夫婦世界一周

←←よかったらこちらも応援お願いします♪
人気ブログランキングへ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報
posted by なおのぶ at 22:22| Comment(0) | アルバニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする