2015年2月より日本に帰国しています。
旅の間にお世話になった友人たちに日本を案内したり。
日本にいながらも相変わらず旅心地な日々を過ごしています。
旅日記はまだ続いていますので、たまに覗きにきてください(^_^)


なぜ『リボーンプログラム』は、女子一人旅の参加が92%を占めるのか?

2013年12月01日

クルドの青年にお別れ

ディヤルバクルの宿からの眺め。
IMGP6351.JPG
旧市街の年季の入った建物の奥には近代的なマンション。

そんな新築住宅が立ち並ぶ市内を巡る路線バスに乗り
オトガル(バスターミナル)を目指す。

新興住宅地と呼べば聞こえはいいけれど
まるで焼け野原のような台地に
キレイなマンションだけが無数に乱立する姿は
なんだか無性に切なくなる。。。

そんな住宅街を迂回して約45分。やっとオトガルに着いた。
IMGP6382.JPG
こうしてみるとフツーの近代都市だけど
高層住宅の周囲には赤土がむき出しの荒野が広がっている。
トルコを旅していてしばしば目にする光景。。。

三日前にここに到着したとき
市内までのバス乗り場を教えてくれたクルドの青年が
私達を覚えていてくれた。
IMGP6385.JPG
ここでは、彼らのように明るく人懐っこい人々もいれば
ひたすらに怪訝そうな視線を送ってくる人々もいる。

次の目的地は黒海沿岸の街トラブゾン。
10時間、トルコ内での移動で最長距離となる。

舗装されているものの表面が滑らかでない道が多いトルコ。
細かい振動が乗り物に弱い私には堪える。
パーソナルテレビも気分が悪くなるので楽しめない(>_<)
むしろ南米のバスみたいに共有画面(?)の方が助かる。

トルコの長距離バス。快適と旅人に好評らしいけど
座席、トイレ、食事や休憩等々、私達は南米の方が好み。

湖畔を通り抜け、いつしか日が沈み・・・
IMGP6387.jpg
トラブゾン到着予定時刻の午後10時半。
IMGP6399.jpg
バスが停まったのは標高1950mの街エルズルム。
トラブゾンまでまだ200キロ以上もある・・・
てか、雪積もってるし(;゚∀゚)

ようやくトラブゾンに到着したのは午前2時半!
こんな時間でもセルビス(オトガルー市内間の無料送迎バス)
出してくれたのは助かったけど。。。

ツカレタヨーーー○| ̄|_

トータル13時間半のバス旅。
コンヤ行きもだったけど、またもや所要時間チェックミス (T-T)
とにかく無事着いてくれてヨカッタ。

←クリックで応援お願いします♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 夫婦世界一周
にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報

食いしんぼう夫婦の世界みてある記
食いしんぼう夫婦の世界食べある記もみてね!
posted by けいこ at 22:22| Comment(0) | トルコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする