2015年2月より日本に帰国しています。
旅の間にお世話になった友人たちに日本を案内したり。
日本にいながらも相変わらず旅心地な日々を過ごしています。
旅日記はまだ続いていますので、たまに覗きにきてください(^_^)


なぜ『リボーンプログラム』は、女子一人旅の参加が92%を占めるのか?

2013年12月21日

イランで過ごす冬至の一日

テヘランで日本語を教えているN先生に誘われるまま
日本語の授業を見学へ。
IMGP7011.jpg
日本語の動詞の活用について
チャナッカレ大で聞きかじったことを説明中の私。

たまたま出席学生が少なかったこともあり
今日は課外授業ってことで、このあと皆で街へ繰り出した(^_^)

N先生の計らいでテヘラン大学の構内へ。
IMGP7012.jpg
見学の許可をもらうため、いろいろと骨を折ってくださった。
ありがたや〜。

学内のカフェテリアまで男女別だったのには驚き!
でも高校まで男女別のイランの人にとってはなんてことない?

図書館では職員さん直々の案内で見学。
これがイランの古地図というけれど・・・
IMGP7018.jpg
みんなの頭から???が出てた。

しばらく経って夫が声を挙げた。
あーーーっ、この地図、南北(上下)が反対!

そんな地図もあるんだね〜(´・∀・`)
IMGP7024.jpg
ケバブ食堂にて昼食。
IMGP7028.jpg
このお店、レバーやハツの他、シロまであった。
シロのケバブはトルコでもお目にかからなかったけど
これがめちゃウマだった♪

食後はゴレスタンパレスという世界遺産の宮殿を見学。
ここで日本語クラスの生徒さんの一人が
私達の分まで入場料を払うと申し出てくれてビックリ!

いやいやそんな・・・と私達が困惑していると
イランの人はホントお客さんに優しいというか
お客さんを過保護にしちゃうんですよね〜(笑)とN先生。

有がたい申し出もここは丁重にお断りしましたが
本当にその言葉が大げさでないくらい
いままで出逢ったイランの人達、みんなとってもよくしてくれます。

タイルで彩られた外壁。
IMGP6937.JPG
これは玉座?
IMGP6938.JPG
撮影禁止の内部がこれまた独特だった。
床が一面タイル張りの大広間に
ヨーロッパ調のデコレーションの壁と天井。
和洋折衷ならぬ伊洋折衷?(イラン=伊蘭)

ここからはバザール内で働いているという若者も合流して
みんなでバザール見学。
IMGP7033.jpg
ほんの一本の辻しか歩けなかったんだけど
その広さにたまげた〜!!!
イスタンブールのグランドバザールみたいな
観光チックな華やかさはないけれど
こっちの方がずっと大きいんじゃないかな?
IMGP7059.jpg
イスラム圏ならではの貴金属屋通りはあったけど
全体的には日用雑貨や下着屋さんが多かった。
下着のデザイン(の派手さと大きさ)に
目を丸くしつつ、みんなで楽しくそぞろ歩き♪
IMGP7056.jpg
イランの伝統生地を扱うお店もあったよ。

おっ、ハマム(公衆浴場)だ〜!
IMGP7061.jpg
ここは男性専用なので夫が中の様子を見に行ったら
IMGP7060.jpg
おじさんが垢すり手袋をプレゼントしてくれた。

こうしてバザール内にあるハマムは
バザールで働く人達が汗を流す場所。
だから男性用しかないんだそう。
(イランではバザール内で働くのは基本的に男性のみ)

この辺りで美味しいと評判のファラフェルのお店。
IMGP7062.jpg
ここのファラフェルサンド
ホントに美味しくてビックリー(*゚∀゚)=3

ファラフェルが好物というニマさんも
こんなに美味しいのは食べたことがないって言ってた!

ちなみに、ファラフェルとは
アラブ圏でよく食べられるひよこ豆のコロッケ。
イランのはひよこ豆にプラスしてそら豆も使われるとか。

今日、12月21日冬至の日は
イランの人達にとって、とても大切な日。

一年で最も長いこの夜は
イランでは親族が集ってお祝いするというので
夕刻にはいつもに輪をかけた大渋滞が起きていた。
IMGP7069.jpg
ホストファミリーのアブドラさんたちも
今晩は親類と過ごすというので
昨日のパーティで知り合ったシャブナムさんが
一緒に夕食どう?と私達に声を掛けてくれた。

あっ!このお皿👀
IMGP7070.jpg
このデザインの食器、イランの家庭にひとつは必ずあると
噂に聞いていたけれど彼女の家にもあった〜♪

ちなみにイランでは冬至の日にはスイカを食べる習わし。
だから冬だというのに街角でたくさんスイカを売ってた。

日本ではカボチャを食べて、柚湯に入ったりするんだよ〜。
と話したらシャブナムさんも興味津々。

イランでは3月21日が1年の始まりなのだけど
その時期にお墓参りをすると聞き
その時期、日本でもお彼岸のお墓参りに行くよ〜と
意外な共通点で盛り上がり。

よく考えてみると、日本の四月が年度始めってのも
時期的にイランの新年と近いものがあるね。

イランに来てたびたび聞かれた質問を
シャブナムさんからも受けた。
それは「日本語の文章の書く方向」について。

日本では、昔は縦書きだったけど
今はすべて横書き(左から右)になったんでしょ?

へっ?!日本では今でも縦書きもありますよ。
縦書きと横書きを併用してるんです。
例えば、日本語(国語)の教科書は縦書き
数学の教科書は横書き、というように・・・

と説明しても縦横を「併用」してるということが
一回ではなかなか理解してもらえないことが多い。

横書きはパソコン用ってことでしょ?
なんていわれたこともあったっけ。

たまたま縦書き横書きの両方の印刷があるメモ帳を持ってたので
それを見せたらシャブナムさんは目をまぁるくしてた(^ ^)

日本語で何か書いて〜とリクエストされたので
今日のお礼などを綴ったついでに
漢数字と並行してアラビア語の数字を書いてみたら・・・

こんなふうに文字を覚えてくれるって
私達イランの文化をリスペクトしてくれてるんだって感じるわ!
すっごく嬉しいわ〜♪♪♪
って、シャブナムさんがむちゃくちゃ喜んでくれた \(^o^)/
IMGP7073.jpg
一生忘れられない冬至の一日になりました。

←いつも応援ありがとう♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 夫婦世界一周
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ←こちらも応援お願いします♪

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報

食いしんぼう夫婦の世界みてある記
食いしんぼう夫婦の世界食べある記もみてね!
posted by けいこ at 22:22| Comment(2) | イラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月20日

秘密だらけの夜

この日はアブドラさんの友人が開いたパーティーに参加した。
いきなりですが、みんなでカンパ〜イ!😃
IMGP7004.JPG
イスラムの教義上、本来飲酒は御法度なんだけどね。
ここは関係な〜し!!

イランは非常に厳格なイスラム教の国だと聞いていた。
だけどイラン国内に住むアルメニア人とかは飲酒が可能らしい。
また一部のイラン人の中には
「バレなきゃいいんじゃん?」っていう考え方もしっかりあるみたい。
その反面、イスラムの教えを守って一切酒を飲まない人も多いようだ。

ちなみにこれは、イランで売られてるノンアルコールビール。
IMGP7006.JPG
飲酒はダメなのにノンアルコールビールは売られてる国イラン。
なんか不思議だよね。

でもこれは酒じゃないじゃん?って思ったそこのあなた!
そうなんです!このままなら酒じゃないんです。
だからこれに少〜し工夫して、大人の飲み物にしてるんですね〜(笑)
よーするに、み◯ぞ◯しゅ♡ってやつですな。

このパーティーには◯ールに◯ォッカ、ワ◯ンなんかがあったけど、
当然全てがハ◯ド◯イド!
この日仲良くなったイラン人の友達が、
「俺たちはノンアルコールをアルコールに変えるんだ。
 水をワインに変えたキリストみたいだろ?がはは!(爆)」って言ってた。
たしかに!ある意味、あなたたちは神だね!!

一緒に飲んでたイラン人のひとりが、
こうやって酒を飲んだりしてる人の割合は
イラン人の10%ぐらいだよって教えてくれた。
逆に言えばそれ以外の人は酒を全く飲まないし、
それがフツウだと思ってるんだそうな。

例えばこのパーティーでは、
女の子はスカーフを外しタバコを吸ったりしてるけど、
本来女性は人前で絶対スカーフを外してはならずタバコもダメらしい。
もし公の場でスカーフをしてなかったり
タバコを吸ったりしたら警察のお世話になっちゃう。😞
厳し〜な〜〜〜イラン...

でも今夜の宴はそんなことを微塵も感じさせない。
IMGP7001.JPG
みんなで楽しく酒を飲み、ケバブを食べ、盛り上がった。

もちろんケバブは炭火焼!!👊
IMGP6999.JPG
これがめっちゃウマかった〜〜〜〜!!!(*゚∀゚)=3

ところで…
み◯ぞ◯しゅ♡はちゃんとしたとこでつくったものとは違うから、
正直なところ品質は???だ。
オレはちょっと飲んだだけだったのに、へんな悪酔いをしてしまった。
もしイランで酒を飲む時には気をつけた方がいいと思うよ〜〜〜!💡

←クリックで応援お願いします♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 夫婦世界一周
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報

食いしんぼう夫婦の世界みてある記
食いしんぼう夫婦の世界食べある記もみてね!
posted by なおのぶ at 22:22| Comment(0) | イラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

心温まる冬のテヘラン

日本語を学んでいるニマさんが今日も案内役。
IMGP6885.JPG
まずは街中に出て博物館を目指す。
IMGP6887.JPG
まるで宮殿のような門構えに驚くと
ここは公園ですね、とニマさん。

国立博物館にて。
IMGP6899.JPG
目を引いたのはこの牛像(?)
IMGP6900.JPG
なんと牛の胴体に文字が刻まれてた!

ニマさんが日本語の先生&仲間たちを紹介してくれた。
みんなでカフェでおしゃべり。
IMGP6918.JPG
たくさんあるメニューのなかから
ココナッツシェイクを選んだら、それはありませんと店員さん。
じゃあ、どれがあるの?と聞いたら
あったのはチョコシェイクとバナナシェイク・・・くらいだった。

メニューに書いてあってもないものばっかりなのよ〜(笑)と
イラン暮らしの長い日本女性のN先生が教えてくれた。
それでもここ数年でテヘランの飲食店は劇的に増加したという。

イランで日本語を学ぶ若者の多くが
アニメやドラマなどがきっかけだという。
それは他国でもよく聞くパターンだけれど
ここイランではネット閲覧などの規制が厳しいぶん
逆にそれらをすり抜けてしまえば、なんでもダウンロードし放題で
一般の日本人よりもむしろ多くの作品をフリーで観れちゃうらしい。

カフェを出てみんなでぶらり街散策。
IMGP6984.JPG
この丸いパン、中に白あんのような練り物が入ってて
あんぱんのような、おまんじゅうのような懐かしさ!!!
IMGP6981.JPG
みなさん、ありがとう〜♪

家に帰ると、アブドラさんがイランの楽器を聴かせてくれた。
IMGP6989.JPG
一般的な音階(ピアノの鍵盤のような)の間にさらに音階があって
それがまたエキゾチックな音色を醸し出すポイントになっている。
とっても素敵な音色で魅力的な楽器だった♪
叩いて音を出すところはヴィオリラにも通ずるところがある(^ ^)

そして夜は、アブドラさんたちのお友達の家での夕食会。

クルマで移動したのだけど
テヘランは世界的にも有数の大きさの都市だと思う。
本当に広くて、大きな幹線道路がいっぱいあって
その道路の殆どがクルマで埋め尽くされている。

渋滞をかいくぐって到着したお宅はこれまたモダンなお部屋。
これ↓はイランのお菓子GAZ(ヘルヴァの一種かな?)。
IMGP6920.JPG
こちら↓、トルコのロクムのようなお菓子は
IMGP6921.JPG
イランでは冬至のお菓子として親しまれているそう。
冬至の日はイランではとても大切な日で
家族揃って祝う風習なんだって。

おおっ?スープがこんな器に!?
IMGP6919.JPG
テーブルに並ぶご馳走の数々。
どれもめっちゃ美味しくて感動♪
IMGP6926.JPG
さりげにサンタ柄の紙ナプキンが添えられてる。
イランに来てから、街中でもクリスマスツリーをみかけたり
意外とクリスマスモチーフを目にするんだけど、尋ねると
クリスマスが何日なのか知らない人が結構いるんだよ。

N先生曰く、クリスマスがいつか知らないから
クリスマスツリーが2月まで飾られてたりするらしい(笑)
IMGP6922.JPG
ここでも伝統楽器を見せてもらった。
IMGP6932.JPG
じつはこの太鼓の持ち主は右の坊や。
彼がまた上手に叩くんだ〜(´・∀・`)

イランでは、外ではお酒は飲めないし
女性は常にスカーフを被っていなければならないから
必然的に家の中で過ごす時間が充実するのかもしれないけど
家族総出で集まって、食べて、歌って、笑って・・・
こんなにアットホームな国だったんだね。

外は寒いけど、家のなかは本当に暖かいね(^ ^)

←いつも応援ありがとう♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 夫婦世界一周
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ←こちらも応援お願いします♪

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報

食いしんぼう夫婦の世界みてある記
食いしんぼう夫婦の世界食べある記もみてね!
posted by けいこ at 22:22| Comment(0) | イラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月18日

ついにイランに来たぜ!

アルメニアArmeniaのエレヴァンYerevanから
イランIranのテヘランTehranへとバスは順調に走っていく。🚌
IMGP6915.jpg
同じバスに乗ってたイラン人の兄ちゃんが、
イランに入ったら道路が良くなるよって言ってたんだけど
本当にその通りだった。
これまでいたアルメニアやグルジア、
トルコなどとは全く比べ物にならないくらい
道路の舗装がすばらしく、正直驚いた。w(゚0 ゚)w
イランは石油が沢山あるからアスファルトも豊富に使えるのかね?

そして朝10時過ぎ、テヘランのバスターミナルに到着!
バスを降りた途端、大勢のタクシーの運ちゃん達が寄ってくる。
あーこいうの本当にめんどくさいんだよな...

でも、そんなタクシーの運ちゃん達にまぎれて
一人のイラン人青年がオレたちに声をかけてきた。
彼はテヘラン在住のイラン人、ニマ君。

Facebookを通して知り合った彼は、日本が好きで日本語を学んでおり、
オレたちの案内を買って出てくれたのだ。
ペルシャ語は全く理解不能だし
テヘランの右も左もわからんから、マジで助かる。

それにしてもオレとニマ君が話してる横からタクシーの運ちゃんどもが
俺のタクシーに乗れだとか、どこに行くんだとか、
しつこいったらありゃしない。
こちとら、おめーらに用事はねーんだよ!😠

エレヴァンから乗ってきたバスで一緒だったアルメニア人の兄さんも
困ってるオレたちを見かねて助け舟を出してくれた。
とりあえず、タクシー運転手が大勢いるこのターミナルを出よう。
すぐ近くにトラムもあるしね。

ターミナルを出てトラム乗り場まで来たら、
さすがにタクシードライバー達は寄って来なくなった。
まぁどこの国にもああいう輩はいるけどさ。
しつこいと逆効果ってことがわからんのかね。┐(´〜` ;)┌

とりあえずトラムや地下鉄を乗り継ぎ、街の中心へ移動。
そしてニマ君が教えてくれた両替屋でイランの通貨へ両替した。
日本円は両替できないので米ドルからイランのお金(リアル)へ。
200ドルが約5800000リアルになった。

ごひゃくはちじゅうまんリアル!?
いや〜〜〜〜いきなり大金持ちになりました。(笑)
でも桁が大きすぎて、慣れるまでは正直大変。
気をつけないとね。

その後、テヘランでお世話になる
アブドラさんとシミンさんのお宅へ行った。
カウチサーフィンでホストをやってる彼らの家に
数日間滞在させてもらうことになってるんだけど、
実はオレたちこれが初めてのカウチサーフィン。🎵

カウチサーフィンって世界中にいるホストをやってるお宅に
なんと無料で泊まらせてもらえるっていうスゴいシステムなんだよね。
事前に登録したりホストの方とのやりとり(英語もしくは現地語が基本)が
多少大変だけど、無料で泊めてもらえること以上に
普通の人の普通の暮らしに触れられるのは本当にうれしいことだ。😃

彼らの家に着くと、二人が暖かくオレたちを迎えてくれた。
歳も近く、趣味や仕事に共通点が多いってこともあって
すぐに仲良くなることができた。
これから数日泊めさせてもらえるんだから
本当はどんな人でも有り難いし文句は言えないんだけど、
お世辞抜きに素晴らしくいい人達でマジで良かったね。

アブドラさんたちとお昼を食べた後、
ニマ君と一緒にテヘランの街中に出かけた。
これは公園にあったオブジェ。
IMGP6916.JPG
宗教的な意味があるらしい。

夕日が沈んだテヘラン。
IMGP6924.jpg
テヘランは想像していた以上に大都市だった。
そしてパッと見はキレイな景色なんだけど、実は大気汚染がひどい。
テヘランに来る人は空気に気をつけた方がいいね。

これはテヘランのショッピングセンター。
IMGP6927.jpg
外側は一見モスク風。

中は金ピカ〜〜〜✨
IMGP6928.jpg
天井の小さな鏡を組み合わせた装飾はイランならではものらしい。
確かにこれまで旅してきたどこの国でも見たことがないタイプの装飾だ。

別のショッピングセンターでちょっとおやつタイム。
ニマ君と嫁さんが食べてるのは
ゆでたトウモロコシに塩コショウやマヨネーズとかで味を付けたもので、
メキシコ料理風だと説明されたけど、全くメキシカンじゃない。
IMGP6931.jpg
でも飛ぶように売れてた。
今、テヘランで大人気らしい。

そして夜、アブドラさん家に戻った。
そしてちょっとしたプチパーティー。
IMGP6934.jpg
アブドラさんシミンさんの友人もやってきて、みんなで食事。

そして何故かお箸の講習会が始まった。💡
IMGP6939.jpg
みんな、難しい〜と言いつつも楽しんでて面白かったね!
IMGP6940.jpg
テヘランそしてイラン、楽しくなりそうだ!!\(^o^)/

←クリックで応援お願いします♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 夫婦世界一周
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報

食いしんぼう夫婦の世界みてある記
食いしんぼう夫婦の世界食べある記もみてね!
posted by なおのぶ at 22:22| Comment(0) | イラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月17日

アルメニアからイランへ24時間バス移動

Yerevanエレヴァンのバスターミナル、通称キリキア。
ここからイランの首都テヘラン行きのバスに乗る。
IMGP6898.JPG
乗車時間約24時間 (^_^;)
でも、車内は3列並びのゆったりシート。
南米バスのカマクラス級の豪華版!
IMGP6899.JPG
道中、久々の青空に気持ちも弾み
こりゃ楽勝〜〜〜♪と思いきや・・・
IMGP6904.JPG
乗車後約3時間、最初のトイレ休憩。
まだまだシバれる峠道。

初めて日本人に逢った〜と嬉しそうな青年兵士と。
IMGP6907.JPG
寒くても、ここまではまだ余裕の笑顔の夫・・・

さらに3時間経過の午後4時。
バスが停まったのは山間の小さな小屋の前。

いよいよ、食事休憩か!?
期待を胸に小屋の扉を開けると
なんにも入っていないショーケースのカウンターと
テーブルや椅子があるだけ。
他の乗客たちはただモクモクと煙草を吸っている。

堪えかねた夫が、英語の通じる若い男性に
ここで食事できる?と尋ねると

出来るけど、ろくなものないよ。
この先にもっとマシなところに停まるから
そこで食べたほうがいいよ。とのこと。

そういうことならと、車内でサービスされた
ジュースと各種ウエハース詰め合わせで
かろうじて凌いでいたけれど・・・

夜9時、やっと着いたのはアルメニアとイランの国境。
バスを降りてまずアルメニアを出国。

出国するだけなのに、ずいぶんと念入りに
パスポートの写真と顔をチェックされた。
これ、ロシア出国の時と同じパターン。。。

そんなに怪しむくらいなら
顔認証システム導入して欲しいよ ┐(´〜` ;)┌
(導入済のグルジア出国はスムーズでヨカッタ)

お次はイランの入国手続き。
イラン人やアルメニア人たちは簡単にパスしていくなか
こちらでも私達だけ時間が掛かった。

父親の名前やイランの次の出国先などの口頭質問の他
トラブゾンでイランビザを取得したときにもやった
両手指すべての指紋(指先と指全体の2パターン)の採取を再び。
さらには、荷物を開けての所持品チェック。

これだけさせられるとウンザリしちゃうところだけど
ここ、イランの国境警備員の人達はすんごく人当たりがイイ♪

指紋の採取が一通り終わったら笑顔で握手!w(゚0 ゚)w
荷物を開けてのチェックに「ごめんね〜」の一言!w(゚0 ゚)w

いままでいろんな国境を抜けてきたけど
こんなこと、なかなかないよ。
(個人的にはチリ国境のお偉いさんに見習ってほしいね・笑)

そしてここから先、イランにいる限り
私は常にスカーフ&コート姿になる。

イランという国では、外国人、異教徒問わず
公衆の面前では女性は常に頭を覆い隠し
腰まで隠れる衣服を着用しなければいけないのだ。

巻き方に慣れていない私がスカーフを直すたびに
同じバスに乗っているイランの女性が
そんなの適当で大丈夫よ!と笑って教えてくれる。
どうやら、とりあえず頭に何か乗ってればいい程度の感覚らしい。

他にも、イランで言葉が通じなくて困ったら
オレが通訳してやるから、いつでも電話をしてくれ。
と番号を教えてくれるイランの若者、アルメニアの青年…

みんなが私達を気遣ってくれるのが本当にありがたい。
のだけど・・・依然、食事休憩はナシのまま。。。

入国手続きも無事済み、再度バスに乗り込み
深い眠りに就いた深夜0時過ぎ
食事休憩だぞーーー!と叩き起こされる。

念願の食事休憩。
だけど、もういっそこのまま朝まで眠りたい。
でも、いま食べなきゃ今度いつ食べれるかわからない。。。

寝ぼけながらも、寒空の下みんなに続いて
レストランだかなんだかよくわからない門をくぐった。
IMGP6914.JPG
言葉は全然わからない。
親切なアルメニア青年に通訳してもらい
なんとかケバブとライスのセットを注文。

これが食事の引換券。
IMGP6912.JPG
ペルシャ語(アラビア文字)が読めないのは当然としても
数字(赤文字の部分)までホントにアラビア語の文字。

こんなこともあろうかと数字だけは頭に入れといたけど
4の書き方には2パターンあることをここで知った。
(アラブ式とペルシャ式?)

それにしても、0123…の算用数字をアラビア数字って呼ぶのに
なんでアラビア文字の数字は違うんだろうね?

食事を済ませ戻ったバスで、瞬く間に眠りに就いた。
テヘランまであと9時間!

←いつも応援ありがとう♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 夫婦世界一周
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ←こちらも応援お願いします♪

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報

食いしんぼう夫婦の世界みてある記
食いしんぼう夫婦の世界食べある記もみてね!
posted by けいこ at 22:22| Comment(0) | アルメニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする