2015年2月より日本に帰国しています。
旅の間にお世話になった友人たちに日本を案内したり。
日本にいながらも相変わらず旅心地な日々を過ごしています。
旅日記はまだ続いていますので、たまに覗きにきてください(^_^)

2013年12月31日

まさかの年越しinイラン

12月31日、今日は大晦日。

でも、この国ではそんなことは関係なし。

イランとという国は本当に面白い国で
イスラム教の国なのに、メインで使われている暦は
ゾロアスター教が起源のイラン暦。

ゾロアスター教は漢字にすると拝火教と書かれるように
火を祀った宗教で、その歴史は古く
現代のさまざまな宗教に影響を与えたとも言われるもの。

イラン(ペルシャ)はそのゾロアスター教が興った土地で
イスラム国家になったいまでも
ゾロアスター教に由来する習慣が多く残っている。
その一つが1年の始まりが(西暦で)3月21日のイラン暦。

だけれども・・・ここはイスラムの国。
もちろん、イスラムの暦(ヒジュラ暦)も大切です。

西暦2013年12月31日。
今日はイスラムの暦によると預言者ムハンマドの命日。
というわけで、いわゆる大晦日とは関係ないけれど
ここイランでは国を挙げての休日なんです。

博物館やバザールなどの観光スポットだけでなく
街中の殆どの商店はすべてお休み。

仕方がないのでお休みのないところへ出かけてみた。
IMGP7504.JPG
行き先は橋。

エスファハンには歴史的建築の橋が複数ある。
そのうちのちょっと遠くにある橋まで歩いて行ってみた。
IMGP7480.JPG
このハージュ橋、世界三名橋のひとつだそう。
ちなみにフィレンツェのポンテ・ベッキオもそのひとつ。
IMGP7470.JPG
いまは完璧に干上がっている川。
IMGP7487.JPG
ここに水が満ちるなんてにわかには信じがたい光景。
IMGP7485.JPG
橋の袂に狛犬みたいなものがあった。

近寄ってよ〜く見てみたら、口の中に人の顔があるw(゚0 ゚)w
IMGP7484.JPG
なんだこれ?!
IMGP7502.JPG
橋のあっち岸とひとつずつ、対になってるのも狛犬っぽい。

女の子たちが狛犬(仮称)に股がって
家族連れがワイワイ楽しそうに写真を撮ってた。

その様子があまりにも盛り上がってたから
何がそんなに面白いんだろう?って
ちょっと不思議だったんだけど
じつは、この狛犬(仮称)に股がるとあっという間にお嫁にいける
という言い伝えがあることをあとで知り納得(笑)

この日は同じ宿に宿泊している日本人のMさんと
たまたまロビーで居合わせてお喋り。
IMGP7510.JPG
Mさんが訪れたという
マシュハドというシーア派の聖地の話を伺っていたら
ちょうど(ムハンマドの命日なので)多くの人が参拝に訪れている
マシュハドのモスクの映像がロビーのTVに映し出された。
IMGP7512.JPG
画面を通しても独特の熱気が伝わってくる。
マシュハド・・・今回は行く予定にないんだけど
いつか行ってみたいな。

そんなイランの話をいろいろしてるなか
そういえば・・・と、私達がさっきケバブ屋で買ったペプシ2本。
この写真よ〜く見て👀
IMGP7460.jpg
量が全然違うでしょ?
でもね、これ正真正銘未開封。。。(笑)

ラベルを見ると表示はこんなふうになってる。
IMGP7462.JPG
プラスマイナス3%って。。。
アバウトなんだか、むしろキッチリしてるのか???
(明らかに最大6%以上の差が生じている気がするが…^_^;)

飲物に限らず、イランって
この±(プラスマイナス)の内容量表示がかなり普及してる。
(世界みてある記→個体差も見てね)

そんなイランで年越しするなんて
この旅に出る前は想像もしなかったな〜。

お陰さまで2013年も無事に過ごすことができました (^_^)
突然こんな旅に出た私達を支えてくれる家族、
日本の友人、世界中の友人たちに感謝です♪

←クリックで応援お願いします♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 夫婦世界一周
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ←こちらも応援お願いします♪

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報

食いしんぼう夫婦の世界みてある記
食いしんぼう夫婦の世界食べある記もみてね!
posted by けいこ at 22:22| Comment(0) | イラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月30日

これぞ世界遺産!イマーム広場!!

イランの古都Isfahanエスファハーン。🎵
この街にはベルギー人の友達マルティーヌさんに紹介された
ナデレさんというイラン人知り合いがいる。
今日はそのナデレさんにエスファハーンを案内してもらうことになっている。

ナデレさんとはVankヴァーンク教会で待ち合わせ。
IMGP7288.JPG
ここはキリスト教(アルメニア正教)の教会だ。
イランはイスラム教の国だけど他の宗教も存在してる。
エスファハーンは、アルメニア人やユダヤ人等の他民族
そして他の宗教が共存している街なんだそうな。💡

中はいかにもキリスト教っぽい宗教画や
イスラム教の影響を受けたと思われる
幾何学模様がデザインされたタイルがいっぱい。
IMGP7293.JPG
とてもきれいだった。

教会に併設された博物館には
これまた興味深いものが沢山あった。
↓例えばコレ。世界最小の聖書。
IMGP7295.jpg
こんな小さくても中にはちゃ〜んと文字が!👀

もう一つのブログには
博物館にあったさらにスゴいものが紹介してあるので
そっちも見てみてね〜〜〜!→『世界みてある記』

その後に行ったのはスィー・オ・セ橋。
ほんとならここには川の水があるはずなんだけど、完全に干涸びてた。
IMGP7326.JPG
赤い矢印に注目!川の真ん中を人が歩いてるよ〜w(゚0 ゚)w

これは橋の下。全く水がない...
IMGP7328.JPG
地元の人に聞いたら、地球温暖化の影響なのか
最近は一年のうち3ヶ月ぐらいしか水が流れてないんだって。
めっちゃヤバいよね〜〜〜😞

街の食堂で昼ご飯。
職人さんが窯でパンを焼いてておいしそうだったから、この店に決めた。👊
IMGP7334.JPG
インドのナンのように、窯の内側に生地をくっつけて焼いていく。
IMGP7337.JPG
グルジアのトビリシで見かけたパン屋もこういう窯だったし、
地球はつながってるんだな〜って感じたね。

食べたのはケバブ。( ̄ー+ ̄)
IMGP7336.JPG
これもトルコと一緒だよね。

言葉や宗教が違っても、
不思議と食べてるものは同じだったり似てるのが多かったり。
もちろん、その逆もあるんだけどね。
陸続きで国をハシゴしていくと
違ってる部分と同じ部分を肌で感じられるから、それがとっても面白い。😃

食事の後はイマーム広場へ。
IMGP7345.JPG
すっげぇ広〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜い!

嫁さんとナデレさん。
その後ろにはあるのがシャイフ・ロトフォッラー・モスク。
IMGP7346.JPG
イランって女性はみなスカーフをしてなきゃいけない。
大変だよな〜って思ってたら、嫁さん的にはこれはこれで楽しいらしい。(o'ヮ'o)

シャイフ・ロトフォッラー・モスクの入口。
IMGP7368.JPG
いかにもイランっぽいブルー。

外側がスゴいけど中もスゴい。
IMGP7353.jpg
申し訳ないけどスゴいとしか言えない。
IMGP7354.jpg
とても幻想的。✨

そして、スゴいのは模様や絵柄の美しさだけじゃないんだ。
模様や絵柄の表現の仕方がまたスゴい。
実は全部陶器で作られたモザイクなんだよね。
IMGP7364.JPG
よ〜く見ると、文字は細かく分割されてるのがわかる。

草木の花びらや葉っぱ、そして枝なども、
細かく分割された陶器を組み合わせて描かれてる。
IMGP7363.JPG
それが壁や柱、天井のドーム、建物の全ての部分を飾っている...
信じられん!どんだけ手が込んでるんだ!!

次はイマーム・モスク。
IMGP7373.JPG
別名、王のモスク。✌

イマーム・モスクの正面には2本の柱がある。
IMGP7376.JPG
これは昔この広場で行われたポロの試合で使っていたゴールなんだって。

ここからイマーム・モスクの中だよ〜
IMGP7378.JPG
このモスク、ペルシャ建築の最高傑作と呼ばれているだけのことはある。
IMGP7377.JPG
ところどころ修復中なのが残念だけど、十分スゴい。
IMGP7386.JPG
柱や壁、天井、どこを見ても溜め息が出てしまう。(´・∀・`)
IMGP7401.jpg
今まで色んなものを見てきたけど、
イスラム教の建物としてはトップクラスの衝撃を受けたね。

外側を修復していたこのドームもスゴかった。
IMGP7420.JPG
ドームの下で喋ったり手拍子をするとメチャクチャ響くんだよね。

こういう音が反響することを考慮して作られた建築物を、
オレはこれまで幾つも見てきたし実際に音を出して試してきたけど
ここの響き具合は他のものとはレベルが違う!
その理由は屋根のドームがが二重になってるからなんだそうな。

いや〜これはホントに激ヤバだったね!
もしエスファハーンに行ったら、ぜひこのイマーム・モスクの
ドームの下で音の響き方の違いを実感してほしいな〜〜〜!\(^o^)/

そうこうしてる内に夜になってた。
IMGP7428.JPG
ライトアップされたイマーム広場の建物たち。
IMGP7430.JPG
昼もいいけど夜もいいね。

ちなみにここイマーム広場は世界遺産に登録されてて見どころ沢山!
今日見きれなかったアーリー・カープー宮殿とかは後日見に行くよ〜!!

←いつも応援ありがとう♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 夫婦世界一周
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ←こちらも応援お願いします♪

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報

食いしんぼう夫婦の世界みてある記
食いしんぼう夫婦の世界食べある記もみてね!
posted by なおのぶ at 22:22| Comment(0) | イラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月29日

イラン(&トルコ)のケバブ裏話

Kashanカシャーンのバスターミナル。
IMGP7276.JPG
今日はイランの古都Isfahanエスファハンに移動だ。

ここでビックリw(゚0 ゚)w

トルコのディヤルバクルからトラブゾンへ同じバスで移動して
同じ日にトラブゾンのイラン領事館にビザを取りに行った
ニュージーランドの女性たちと偶然の再会!!!
IMGP7278.JPG
彼女たちの一人は領事館でビザがもらえなくて
テヘラン空港でのアライバルビザにトライすると話していたから
どうしたかな?と気にはなっていたのだけど
彼女たちはトルコから直接イラン入りすると聞いていたから
まさかの再会に本当に驚いたー(*゚o゚)ノ

エスファハンへはつつがなく到着し
さっそく夕暮れの街歩きに出かけた。
IMGP7237.JPG
これはスィー・オ・セ橋。
全部で33個のアーチがある長〜い橋。
IMGP7238.JPG
ちなみにスィー・オ・セとは
そのものずばり、33という意味らしい。

この時期、川はすっかり干上がっている。
IMGP7240.JPG

スープのようなディップのような謎の食べものを見つけた。
IMGP7247.JPG
かぼちゃとチーズを混ぜたような味。
上に乗ってる茶色いのは揚げタマネギ。

イランでもトルコでも
ケバブの付け合わせによく生タマネギがついてくるから
たまに火が通っているとちょっと嬉しいヽ(*´∀`)/

私達は生タマネギも平気でガシガシ食べるけど
スライスしてない4分の1カットの生タマネギを丸かじりなんて
苦手な人にはかなりキツいだろうなぁって思う。

しかも、いい感じにツーンとくるタイプのタマネギなんだよね。
トマトのケバブ(焼きトマト)はよくあるのに
タマネギを焼いてみようとは思わないのかなぁってフシギ(・ ・?)

もしも、タマネギ焼いてって頼んだら
「焼いたタマネギなんて喰えるかぁ!」って
ケバブ屋のオヤジに一喝されそう・・・なくらい
どこに行っても生タマネギが基本なんだよね〜。

タマネギケバブ、やってみたらイランで流行らないかな?(笑)

←いつも応援ありがとう♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 夫婦世界一周
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ←こちらも応援お願いします♪

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報

食いしんぼう夫婦の世界みてある記
食いしんぼう夫婦の世界食べある記もみてね!
posted by けいこ at 22:22| Comment(0) | イラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月28日

カシャーンの長ーいバザール

この日はKashanカシャーンの最終日。
今日こそはカシャーンの長〜いバザールを端から端まで歩いてやるぞ!
ということで、町歩きを開始。💨💨💨

バザールに到着!
でもお昼休みの時間だからか閉まってる店が多い。
人が少なくてちょっと寂しいけど
店が開いてたら開いてたで人が多くて歩きにくいからね〜
これはこれでまぁいいや。

そしてら、あんまり人がいないバザールの中を
台車を押して歩いてるおっちゃんに遭遇した。
「お!あんたたちカメラ持ってるじゃろ?ワシを撮ってくれんか?」
「うん、いいよ!ハイチーズ!」📷
IMGP7184.JPG
「こんな感じだよ〜」ってカメラのモニターを見せると
おっちゃんはうれしそうに笑顔で礼を言い、また台車を押して歩いていった。

写真がやカメラが珍しいのかね〜?
外国人と話したかっただけかな?
理由はよくわからないけど、
人が笑顔になる瞬間に立ち会えるのは嬉しいもんだ。

ところで、イランのお店ってしっかり昼休みをとる場合が多い。
テヘランみたいな大都市にある店や観光地の店はちょっと違うけど、
普通の店は昼休みがしっかりある。

理由は、イランでは今みたいな冬ならともかく
夏はもちろん春や秋でも相当暑くなるから、
恐らくお昼過ぎは店をやってても客が来ない…
だから昼休みをしっかりとるんだろうな。
イランで買い物をする時は、昼休みに注意しないといけないね。💡

バザールを歩いていたらちょっとした広場に出た。
IMGP7196.JPG
そしたらそこで、ペルシャ絨毯を作ってる職人さんを見つけた!
IMGP7194.JPG
どうやら仕上げの工程らしい。
IMGP7255.jpg
草花のデザインがキレイだね。😃

ところで、手織りの絨毯と機械織りの絨毯の見分け方って知ってる?
よっぽど目が肥えた人なら見分けられるのかもしれないけど、
普通はパッと見だけじゃ絶対わからないんだよね。
でもオレたちみたいなシロウトでもわかる方法があるんだ。✌

その方法とは、絨毯の裏を触ってみることなんだよね。
機械織りは硬くて、手織りはフニャフニャしてて柔らかいんだ。
試しに両方触ってみれば絶対わかるよ。是非やってみてね〜〜〜!

バザールを抜けた後、今度は町中にある大きなモスクへ行った。
IMGP7259.jpg
立派だね〜〜〜
でもこのモスクは、現在はあまり使われてないような感じだった。

これは別のモスク。
IMGP7270.jpg
こっちには今も人々がお祈りに来るみたい。
沢山の人が集まってきてたよ。

夕方、もう一度バザールの中へ。
この横断歩道の向こう側にあるのがバザールの入口。
IMGP7266.jpg
夕方は店が再び開き始めるから、
店がやってる様子を見ながら宿に帰ることにした。

そしたらバザールの入口で、
先日町で出会ったアフガニスタン出身の兄ちゃんに再会した。
IMGP7236.JPG
お〜!これまた奇遇だね!!w(゚0 ゚)w
こないだは助かったよ〜〜〜〜

こんな偶然もあるんだね。
カシャーンは小さい町だからかな?
もしかしたら、またどこかで会ったことがある人に再会したりするかも…??

←クリックで応援お願いします♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 夫婦世界一周
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報

食いしんぼう夫婦の世界みてある記
食いしんぼう夫婦の世界食べある記もみてね!
posted by なおのぶ at 22:22| Comment(0) | イラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月27日

砂漠と塩湖と地下都市と・・・

今日はKashanカシャーン郊外を貸切タクシーで観光。
IMGP7104.JPG

イラン南部は大半が砂漠。
IMGP7098.JPG
チリのアタカマ砂漠とは砂の質が全然違う。
アタカマの砂はサラッサラでずんずん埋もれる感じだったけど
ここの砂は乾ききっているのは表面だけで地盤はギュッと固い。

生えている草木も違う。
砂漠と一口に言ってもこんなに違いがあるなんて
日本にいるときは考えてもみなかったな。
IMGP7096.JPG
バイクに乗って遊んでる若者を羨ましそうに眺める夫。

砂漠の中に一部、塩湖がある。
IMGP7073.JPG
わかりにくいけど、白い部分が塩が地表に現れているところ。

ここも一面、塩だよ!
IMGP7113.JPG
ちょっとほじくると中は真っ白な塩。
IMGP7116.JPG
ここはキャラバンサライ(隊商宿)。
IMGP7128.JPG
その昔、ラクダで商品を運んだ商人たち(キャラバン)が
身体を休めたり、ラクダを休ませたり、商いをした場所。
砂漠の中には点々とこうしたキャラバンサライがある。

カシャーン郊外のとある街中。
この入口を下って行くと、なんと地下都市があった!
IMGP7180.JPG
貰ったチケットには英語で
「世界一広い地下都市」という謳い文句があった。
それはカッパドキアじゃなかったの?!
とツッコミつつも潜ってみると・・・
IMGP7174.JPG
おお〜っ、立派に地下都市だ!
IMGP7173.JPG
トイレだ〜!とうかれる夫(笑)
ちなみに、カッパドキアの地下都市では
トイレは発見されていない。というのが謎のひとつらしい。
IMGP7179.JPG
このモスク跡みたいな広い空間も地下だよ。

ササーン朝時代のものということで
カッパドキアのよりは新しいけれど
夏冬・朝晩の寒暖の差が激しい乾燥した地域の人にとっては
やっぱり地下は過ごしやすかったのかもしれないね。

街に戻る途中に寄ったモスク。
IMGP7146.JPG

IMGP7165.JPG
色とりどりのモザイクとピカピカの鑑に飾られた
典型的なイラン様式のモスク。
IMGP7163.JPG
偶然居合わせた若者に誘われるまま内部も見学。
(入口・内部ともに男女別に仕切られている)

お祈りをする人もいれば、ただ休んでいる人もいたり
輪になってお喋りをしている少女たちもいたり。
思い思いに過ごしているのが印象的。
IMGP7166.JPG
華やかなモスクも一歩出ると
黒いチャドルに身を包んだ女性が土壁の街並に消えて行く。
これも典型的なイランの風景。。。

←いつも応援ありがとう♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 夫婦世界一周
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ←こちらも応援お願いします♪

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報

食いしんぼう夫婦の世界みてある記
食いしんぼう夫婦の世界食べある記もみてね!
posted by けいこ at 22:22| Comment(0) | イラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする