2015年2月より日本に帰国しています。
旅の間にお世話になった友人たちに日本を案内したり。
日本にいながらも相変わらず旅心地な日々を過ごしています。
旅日記はまだ続いていますので、たまに覗きにきてください(^_^)


なぜ『リボーンプログラム』は、女子一人旅の参加が92%を占めるのか?

2014年12月12日

分断された首都 その2

Cyprusキプロスの首都Nicosiaニコシアは、
世界でも類を見ない分断された首都だ。

ちなみに分断されているのは首都だけではなく、
実はキプロスという国自体が二つに別れているんだよね。

そして...
キプロスの北側にはトルコ系、
南側はギリシャ系の人々が住んでいる。

トルコ系の人々が住んでいる
北キプロス側のモスクをよく見ると、
国旗が2つ掲げられてる。
IMGP16522.jpg
赤地に白で月と星が描かれているのはトルコの国旗で、
白地に赤い月と星のデザインは北キプロスの国旗。

北キプロスにとってトルコは特別な国だから、
こんな風に国旗が掲げられているんだよね。
IMGP16512.JPG
なぜならトルコは、
北キプロスを国家と認めている唯一の国だからだ。

首都ニコシアの北側でレストランに入れば、
美味しいトルコ料理が食べられる。
IMGP1670.jpg
これはトルコならどこでも食べられる
伝統的な料理ケバブ。
ピラフも添えられてて、正にトルコ料理!って感じだ。

ところで...
このレストランで昼飯を食べていた時、
お店の人にトルコ語で挨拶などをしてみた。

しかし、なんの反応もなかった。
これには少しビックリしたね。
通常トルコでオレたちがトルコ語を使うようなもんなら、
大抵トルコ人は喜ぶし、
なぜトルコ語が話せるの?って不思議がられたりする。

でも、(偶然かもしれないが)ニコシアの北側では
全くなんの反応もなかった。
逆に、外国人であるオレたちとトルコ語を話すことに
ためらいやマイナスの感情があるようにさえ感じた。

なぜだろう?
北キプロスの人々って
トルコ系の住民が多いんじゃなかったっけ?
自分たちの言語を何故積極的に使おうとしないんだろう?

真相はわからない。

でも、ニコシアの北側から南側に戻ってきた後、
現地に住むキプロス人の友達のから話を聞いたことで
少し謎が解けた気がした。

その友達の名前はアレクシア。
IMGP1688.jpg
彼女は自分たちにパフォスの家を貸してくれている方。
普段はパフォスに住んでいるのだが、
今はニコシアに用事があるためここにいる。

それはさておき、
分断されているニコシアおよびキプロスのついて
少し質問してみた。

オレたち:
アレクシアはギリシャ系の人だから
南側に住んでいるわけだけど、
ニコシアの北側(北キプロス)には行ったりするの?

アレクシア:
基本的には行かないわ。
行こうと思えば行けるけど、
今はもうあまり北側には行きたくないの。

オレたち:
どうして?

アレクシア:
私は紛争が起こる前のニコシアを知ってるの。
紛争が勃発した時、
ギリシャ系の住民は北側に住んでいられなくなってしまい
着の身着のままで家を出て南側に逃げたのよ。
だから北側にはギリシャ系の人たちが住んでいた建物が
逃げ出した当時のまま残っていて、
それを見るのが辛いの。
あなたたちもニコシアの北側にいた時、
そういう状態の建物をいくつも見たでしょ?

オレたち:
うん、確かにそういう
人の気配のない店や家を何軒も見かけたよ。
あれはギリシャ系の人々が住んでいた家だったんだね。

アレクシア:
ニコシアの北側には、
仲の良かった友達や親戚の家があったの。
だけど今はそこに誰もいないし、
そのうちの何人かはどこにいるのか、
生きているのかどうかもわからない。
だからもう北側には行きたくないのよね...
この気持ち、わかる?




南側で暮らしているアレクシアから聞いたことは
色々とショックだった。

多分そういった経験をした人は、
キプロスに沢山いるだろう。
それはアレクシアのようなギリシャ系の人に
限った話じゃなくて
トルコ系の人にも山ほどいるだろう。

彼らの心の中に残る悲しい記憶。
たとえ分断が終わり、
南北の行き来が自由にできるようなったとしても、
あの頃にはもう戻れない。

ギリシャ系の人々もトルコ系の人々も、
多くの人はおそらく争いたくなんかなかっただろう。

ニコシアの北側で見かけたたトルコ系の人々が
オレたちに対してトルコ語を使うことを
躊躇しているように見えたのは、
トルコ系であるがゆえに憎悪の対象になってしまうことを
恐れていてたからではないだろうか。

キプロスに住む人々は紛争の経験から、
ギリシャ系トルコ系を問わず
両者ともに心に大きな傷を負ってしまったのだろう。




では何故、争いは起こってしまったのか。

キプロスは元々イギリスの植民地だったのだが、
独立後にギリシャ系住民とトルコ系住民との間で
対立が起きて内戦状態になり、
国は2つに分かれてしまった。

ギリシャ系住民とトルコ系住民の双方に言い分があり、
どちらも正しいしどちらも悪くはない。
一般的に、戦争や内戦、紛争等の原因は
当事者以外の国にあることが多い。

ベトナム戦争やコソボ紛争などがいい例だよね。

だからギリシャ系住民もトルコ系住民も、
どちらも被害者なような気がする。
せつないし、とても悲しい気持ちになる。

オレたち人類は
こういう悲劇を繰り返してはいけないし、
繰り返さないためにも
事実を多くの人に伝えていくべきだと思う。






だからオレは伝え続ける。





ギリシャ語でありがとうは「エフハリストー」
今日も読んでくれてありがとう♪エフハリストー\(^o^)/
ブログランキングに参加中です。
↓↓↓バナーをクリックで応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ
にほんブログ村 夫婦世界一周

←よかったらこちらも応援お願いします♪
人気ブログランキングへ

「トリップアドバイザー」の
おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報
posted by なおのぶ at 22:22| Comment(0) | キプロス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

分断された首都

今日はCyprusキプロスの首都である
Nicosiaニコシアにやって来た。

ちなみに...
日本では一般的にニコシアと呼ばれているが、
これは英語での呼び名であって地元で話されている
ギリシャ語ではΛευκωσίαレフコシアと呼ばれる。

そしてこのニコシアは、実はちょっと特別な首都なのだ。
いや、ちょっとどころじゃないな。
世界で唯一の首都だ。

その理由は、首都の中心付近にある
この通りの先にあるものを見ればわかる。
IMGP1636.jpg
何だかわかるかな?

通りの先にあるものはパスポートコントロール。
IMGP1640.jpg
そう、ここは国境なんだ。

なぜ首都の中に国境があるのか...?
それはここニコシアの北側は別の国だから。
なんとニコシアは、
世界に一つしかない分断された首都なんだよね。

これは街中で見つけた看板。
IMGP1638.JPG
THE LAST DIVIDED CAPITAL
最後の分断された首都って書いてある。

これはニコシアの地図。
IMGP1642.JPG
ニコシアは周囲を城壁で囲んだ典型的な城郭都市。
古代や中世の都市に良くあるタイプなんだけど、
外敵からの攻撃を防ぐために
街の外側をぐるっと城壁やお堀で囲んだ都市だ。

逆に言えば、
城壁の内側はみんな仲間というか味方なワケだ。

でも...
現代のニコシアは街の中心に国境ゲートがあり、
そこで入出国の手続きをしなければならない。
ようするに、
一つの街の中に二つの国が存在するってことなんだ。

さらに言えば、
キプロスは北側と南側に分かれてて、
行き来を自由にはできないんだよね。

北側にはトルコ系、
南側にはギリシャ系の人々が住んでいる。

北側と南側で分断されたキプロス。
一時期は内戦状態だったキプロス。
北側にも南側にも言い分があり、
どっちが正しいとかって簡単には言えない。

しかし、争いの原因はともかく、
オレたちは南側から北側に入ってみたかった。
こんな場所は他にはないのだから。

ニコシアの北側、北キプロスの領土に入ってすぐ、
イスラム教のモスクが見えてきた。
IMGP16522.jpg
モスクはイスラム教徒にとってとても重要なところだ。
多分、社会の時間に習ったと思うけど、
イスラム教の信者は一日5回お祈りをする。

モスクはその祈りをする重要な場所なのだ。
IMGP16572.jpg
これはモスクの入り口にある手や足を清めるための洗い場。

清め方の説明。
IMGP16582.JPG
神社の手水舎みたいに、ちゃんと順番(作法?)があるんだね。

モスクは土足厳禁。
IMGP16562.jpg
ここで靴を脱いでモスクの中に入る。

中は絨毯が敷かれている。
IMGP16592.JPG
ところで...
この写真で何かに気付く人がいるんじゃないかな?

このモスクの建物、
実はキリスト教の教会を改装したものなんだよね。

建物の外側をよく見てほしい。
IMGP1666.jpg
モスク特有の尖塔(青い矢印)があるけど、
窓(赤い矢印)の形はキリスト教の教会や
大聖堂とかによくある形でしょ?

この場所がいつキリスト教会から
イスラム教のモスクになったのかは
さすがにわからない。

確実にわかることは、
以前ここ(ニコシアの北側)にはキリスト教徒である
ギリシャ系の人々がいたから
キリスト教の教会があったということだ。

そして、今ここにはギリシャ系の人々が住んでおらず、
イスラム教徒であるトルコ系の人々がいる。

現在キリスト教の教会はモスクとして使われ、
北側にいたギリシャ系の住民は
南側に脱出した(逃げざるをえなかった)ということだ。

でも逆に、南側ではどうなんだろう。
南側に住んでいたトルコ系の住民もいたはずだよね?
その人たちは...?


それはまた次回に!!





ギリシャ語でありがとうは「エフハリストー」
今日も読んでくれてありがとう♪エフハリストー\(^o^)/
ブログランキングに参加中です。
↓↓↓バナーをクリックで応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ
にほんブログ村 夫婦世界一周

←よかったらこちらも応援お願いします♪
人気ブログランキングへ

「トリップアドバイザー」の
おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報
posted by なおのぶ at 11:11| Comment(0) | キプロス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月10日

キプロスの昔と今

猫の修道院を出て、Limassolリマソルに向かう。
色々寄り道してたら予定より遅くなっちゃった。(汗)

まぁでもしょうがない。
オレたちの旅はいつでもマイペース。

自分たちの見たい物やいたい場所に
時間を割くのがオレたちの旅だしね。(笑)

街中に入り駐車場を探すと、
なかなかいいロケーションを見つけた。
IMGP1626.jpg
リマソルの港近くの駐車場。
ここに車をとめ、町歩きに出発だ!

街の中心には古い町並みが残ってる。
IMGP1621.jpg
いいね〜

ここはリマソル城。
IMGP1617.JPG
中世のお城。

十字軍の頃に建てられた建物らしい。
IMGP1614.jpg
シンプルで装飾とかが少なくて、
いかにも戦闘を重視した作りだね〜

現在この城の内部は中世の博物館になっているらしく、
城の周囲の公園(広場?)には
その頃に使われてた道具などが展示してあった。

これはオリーブオイルを絞る機械。
IMGP1613.jpg
オリーブの実をすり潰すための石があったり、
油を絞る道具があるね。

これは絞ったオリーブオイルが流れる部分。
IMGP1615.JPG
数百年前のものだけど、今でも使えそうだ!

ここのお城はキリスト教徒が建てた城。
IMGP1616.jpg
しかしその後、
キプロスがオスマントルコの一部だった頃には
イスラム教徒に使われていた過去がある。

ちなみに...
キリスト教徒とイスラム教徒がここにいた証は、
この城以外にもキプロスには沢山ある。

これはリマソルの街中にあったモスク。
IMGP1618.jpg
ミナレット(尖塔)が綺麗だね〜

そのモスクの外壁をよく見ると、
キリスト教の教会の上に建てられているのがわかる。
IMGP1619.jpg
弧を描いている石組みの部分は、
元々は教会の壁なんだよ〜!

実はキプロスって
キリスト教徒が支配した時代もあるけど、
イスラム教徒が支配した時代もあるし、
両方が混ざりあってる時代もあった。

キプロスはギリシャとトルコが近いから、
キリスト教徒であるギリシャ系の住民と
イスラム教徒であるトルコ系の民族が
一つの島に混ざって住んでいたんだよね。

だけど今は、
キプロスという国は二つに別れてしまっている。

ギリシャ系の民族は南側に、
トルコ系の民族は北側に住んでいる。
北側と南側には境界線があり、
少し前まで内戦があった。

キプロスって国は非常に難しい問題を抱えているんだよね...
(この話はまた今度書くつもりです!)

街を見た後、港の方へ。
IMGP1627.JPG
素敵な雰囲気の港。

夕日が沈む。
IMGP1629.JPG
リマソルは夏になると
ヨーロッパから多くの観光客が来るらしい。
なんとなくそれがわかる気がしたね。

この街にもいつかまた、
夏に来て見たいな〜〜〜








ギリシャ語でありがとうは「エフハリストー」
今日も読んでくれてありがとう♪エフハリストー\(^o^)/
ブログランキングに参加中です。
↓↓↓バナーをクリックで応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ
にほんブログ村 夫婦世界一周

←よかったらこちらも応援お願いします♪
人気ブログランキングへ

「トリップアドバイザー」の
おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報
posted by なおのぶ at 23:23| Comment(0) | キプロス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫だらけの修道院!?

この日はCyprusキプロスのPaphosパフォスから
東に向かってドライブ。
目指したのはキプロス南部の海岸線沿いにある
Limassolリマソルという街。
別名はΛεμεσόςレメソスという。

ちなみにリマソスは英語でレメソスはギリシャ語。
キプロスはイギリスの植民地だった過去がある。
だから英語とギリシャ語の2つの都市名があるんだよね。

ついでに言うと、キプロスの南部には
現在もイギリスが支配している地域がある。

実は途中で立ち寄った
古代ローマの遺跡のあたりもイギリス領。
国境にはパスポートコントロールとかはないけど、
イギリス領の中には軍の基地があり
入っちゃいけない部分が存在する。

キプロスはイギリスから独立したものの、
国内には英国軍の基地があり軍隊が常に駐留してる。
なんだかどこかの国の話と似てて嫌な感じだな。

それはさておき、キプロスと英国領の境界近くにある
中世に建てられたKolossi Castleコロッシ城に到着〜!
IMGP1593.jpg
ここは十字軍の拠点になった城。

コロッシ城のすぐ近くには教会が立ってた。
IMGP1598.JPG
オフシーズンだからか、
城も教会も見にきてる人がいない。
本当にのどかな田舎の村って感じ。
でもまぁ観光客でごった返してるよりはいいかな。

城からさらに南に行き英国領内を進むと、
次の目的地に着いた。

その目的地の名前は...
Holy Monastery of St. Nicholas of the Cats
猫の聖ニコラウス修道院!

へ?猫の聖ニコラウス修道院って何だ?って思うよね。
まぁ見てよ。
IMGP1603.jpg
ここは修道院の入り口ね。

これが修道院。
IMGP1606.JPG
時間が遅かったからか、
建物に中には入れなかった。
残念だけど仕方がない。

でも別にいいんだ。
IMGP3062.jpg
ここのメインは猫だから。(笑)

修道院の庭。
IMGP1607.jpg
猫が寝てる。

写ってるのは数匹だけど、実際は結構いる。
IMGP3060.jpg
猫たちはオレたちが近寄っても
全く気にする様子はない。
IMGP1611.jpg
完全にマイペース。

猫ってそういう生き物なんだろうけど、
それにしてもダラダラしすぎじゃないか?(笑x3)

さてさて。
何でこんなに猫がいるかっていうと...
IMGP1604.jpg
昔々(1700年くらい前?)、
キプロスには毒蛇が沢山いて人々は困ってたらしい。
でもキリスト教徒によって連れてこられた猫が
ほとんどの毒蛇をやっつけたんだって!

だから(?)、
猫はキプロスの人々を救った聖なる動物なので
今も大事にされてるんだとか。

修道院の建物などは
キプロスがオスマントルコに支配されてた時代に
破壊されちゃったらしいんだけど、
徐々に復興し今に至るんだそうな!

ホントかいな〜?と思いつつ、
こういうのは信じた方が楽しいから信じよう。(笑)
IMGP3055.jpg
本当かどうかわからんけど、
ここには何百匹も猫がいるらしい!
猫好きの人にはオススメの場所だよ〜〜〜!!


ギリシャ語でありがとうは「エフハリストー」
今日も読んでくれてありがとう♪エフハリストー\(^o^)/
ブログランキングに参加中です。
↓↓↓バナーをクリックで応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ
にほんブログ村 夫婦世界一周

←よかったらこちらも応援お願いします♪
人気ブログランキングへ

「トリップアドバイザー」の
おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報
posted by なおのぶ at 22:22| Comment(0) | キプロス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エネオスで給油 in キプロス

CyprusキプロスのPaphosパフォスから
海沿いの道を東に進むと、
アフロディテが生まれたという伝説の残る海岸
Petra tou Romiouペトラ・トゥ・ロミウニ着く。
IMGP1567.JPG
先日ここに来たのは夕暮れ時だったから、
今日は昼間に来てみた。

夕方も良かったけど、昼間の太陽がある時間帯も
海の青さが際立ってめっちゃいい感じ。
IMGP1581.JPG
気に入った場所に時間帯を変えて何度でも行けるのも、
ツアーではない自由な旅ならではだな〜と心底思う。

海岸に来る途中で立ち寄ったお気に入りのパン屋さんで
買った揚げパンみたいなものを食べながら海沿いを散歩。
IMGP1574.JPG
中にはハーブを効かせた野菜と
ひき肉の詰め物が入っててうまい。
IMGP1575.JPG
名前はわからないけど、
この揚げパンの類は美味しかったね!

海岸からさらに東に進んで行くと、
今度はKourionクリオンの古代遺跡がある場所に着いた。
IMGP1582.JPG
なんとここは2世紀頃に作られた
古代ローマ時代の競技場なんだよね。

でかい!長い!!
遺跡IMGP1584.JPG
嫁さんの大きさと比較すると、
この競技場がどんだけ長いかがわかる。

ここでは競走、高飛び、幅跳び、投げやりなどの競技や
映画のベン・ハーみたいな馬車の競走をやってたそうな。
どうりでやたら細長い競技場なわけだね!
IMGP1588.JPG
今はこんな風な基礎部分の石組みしか残ってないけど、
当時はちゃんとしたスタジアムだったんだろうな〜

遺跡を出て次の目的地へ!と思ったら...
IMGP1592.jpg
あれ?このガソリンスタンドってENEOSエネオスじゃん!

思わず給油しちゃったね。
どうしてかっていうと、
エネオスってオレが学生時代にバイトしてた
ガソリンスタンドの会社なんだよね〜
懐かしいじゃん?(笑)

実はガソリンスタンドの業界って
アメリカのMobilモービルとか
オランダのShellシェルみたいな世界的な石油関連企業や
スペインのREPSOLレプソルのような
地元に特化した会社が強くて、
エネオスみたいな日本の企業ってほぼ皆無。

だからキプロスにエネオスがあったのには驚いたよ!
それにしてもなんでエネオスがここに?謎だ...


ギリシャ語でありがとうは「エフハリストー」
今日も読んでくれてありがとう♪エフハリストー\(^o^)/
ブログランキングに参加中です。
↓↓↓バナーをクリックで応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ
にほんブログ村 夫婦世界一周

←よかったらこちらも応援お願いします♪
人気ブログランキングへ

「トリップアドバイザー」の
おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報
posted by なおのぶ at 11:11| Comment(0) | キプロス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする