2015年2月より日本に帰国しています。
旅の間にお世話になった友人たちに日本を案内したり。
日本にいながらも相変わらず旅心地な日々を過ごしています。
旅日記はまだ続いていますので、たまに覗きにきてください(^_^)

2014年12月06日

パフォスは世界遺産!

キプロスのPafosパフォス滞在2日目。
朝から街を散歩。
IMGP1328.JPG
すっげ〜海がキレイだ!
海の透明度がハンパない!!

港には漁船。
IMGP1337.JPG
もう漁を終えて帰ってきたのか、
網の修理をしてる漁師さん。

釣りを楽しむおっちゃん。
IMGP1331.JPG
あんま釣れてないみたいだけど楽しそう!

さてさて...
ここパフォスの海がキレイなことはよくわかった。
でもこの街の魅力は海だけじゃないんだな!

なんてったってパフォスには古代の遺跡があるのだ!
IMGP1343.JPG
ちなみにこれは遺跡の地図。
めっちゃ面白そう❗こいつは見ないとね❗❗

行ってみた。
IMGP1376.JPG
ドド〜ん!

ひ、広い...(汗)
IMGP1344.JPG
さすがは世界遺産の街パフォス!!

すごいのは広さだけじゃない。
IMGP1364.JPG
家や神殿などの床面を飾るモザイク画が美しすぎる。

モザイク画って、
こんな小さな石で絵を描いてるんだぜ!
IMGP1423.JPG
理屈的にはテレビもパソコンの画面も
小さな点々の集まりで絵とか写真を表現してんだし、
ある意味普通といえば普通なんだが、
でもやっぱスゴいもんはスゴい!

ホントよく描けてるよな〜〜〜
IMGP1357.JPG
模様も素晴らしいけど
人物もこれまたスゴい!

これまで色々な場所で遺跡を見てみてきたけど
ここパフォスはマジでレベル高いね!
IMGP1355.JPG
こんなのが何個もあるんだぜ?

いや〜マジでキリがない!
IMGP1389.JPG
全部歴史の教科書とか資料集に載ってそうな感じだよ。(笑)

遺跡を見てたら、あっという間に時間が経っちゃった。
IMGP1409.JPG
もう日が落ちてきた。

神殿の柱の向こうに夕日が沈む。
IMGP1417.JPG
幻想的だ...

ちなみにパフォスの遺跡はここだけじゃないらしい。(驚)
明日は別の場所だ!!


さてここで大事なお知らせです
オレたち夫婦がオレたちの世界旅で見たり感じたことを
オレたちなりに伝えるイベント『世界の話』の
第三回をやりま〜〜〜〜す!
今回のテーマは...

〜中東五ヶ国を通して知るイスラム世界〜

トルコ、イラン、
アラブ首長国連邦(UAE)、
オマーン、バーレーン

今回はこの中東五ヶ国にフォーカスして、
イスラムの世界をお伝えします。

私達夫婦ゴロージが、
これらの国々を訪れ地元の人達と触れ合いながら、
実際にこの目で見てきたイスラム世界。

イスラム圏と一口にいっても、
その在り方は国や地域でかなり異なります。

イスラム圏はみんな一夫多妻制です。
なんて言ったら怒られちゃう国もあるから要注意!

多種多様なイスラム世界がある一方で、
どの地域にも共通してるのは、
ホスピタリティに溢れた温かい人達が多いこと。

そんなイスラム世界を私達と一緒にのぞいてみませんか?

今回は11月19日(日) 14時スタートの予定です!!
会場は前回と同じく新小岩です!

参加希望の方はこのブログの右側にある
メールフォームから是非ともお問い合わせください。
会場や会費などの詳細を伝えさせていただきます。


ギリシャ語でありがとうは「エフハリストー」
今日も読んでくれてありがとう♪エフハリストー\(^o^)/
ブログランキングに参加中です。
↓↓↓バナーをクリックで応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ
にほんブログ村 夫婦世界一周

←よかったらこちらも応援お願いします♪
人気ブログランキングへ

「トリップアドバイザー」の
おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報
posted by なおのぶ at 22:22| Comment(0) | キプロス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月05日

アジアとヨーロッパの境界、イスラム教世界とキリスト教世界の接する場所、キプロス

キプロスのPafosパフォスに到着し、
無事に宿にも辿り着けた。
今回、オレたちは
普通のアパートメントをairbnbで借りた。

必要な物はなんでも揃ってて
キッチンも使えるから料理もできるし、
洗濯にも困らないし、いいことずくめ。
しかもオフシーズンだからメチャ安。(これ大事。)

ちなみにキプロスって、オレたちにとって初めての国。
それに加えて、キプロスに行ったことがある人にも
今まで会ったことがないし聞いたことがない。

一体どんな感じなんだろ〜〜〜(・・?)
でも今日は朝早かったから眠いし、ちょっと一休み。
夕方から街を散歩してみた。

街を出歩いて数分後、
古そうな建物を見つけた。
IMGP1308.JPG
なんだこれ?
屋根が丸くてイスラムっぽい建物だな〜??

表に回ってみたら説明書きを発見。
IMGP1312.JPG
やっぱりだ!
中世のハマム(イスラム圏の公衆浴場)だよ〜!

ほえ〜って思うけど、ぶらぶら歩いてるだけで
幾つもの遺跡に遭遇しちゃうから、
なんだかとても忙しい。(笑)
IMGP1313.JPG
あっちこっちに遺跡がありすぎ!
無造作に遺跡が点在しすぎててウケる。

古い教会。
IMGP1307.JPG
建築に使われてる材料の石材が一緒だから
パッと見はハマムと同じように見えるけど、
屋根の上に十字架がのってるからキリスト教ね。

イスラム教建築とキリスト教建築が狭い範囲で混在してる。
あ〜ここはまさに二つの文化が接してる場所なんだな〜〜

地中海に浮かぶキプロスは
ヨーロッパとアジアの中間地点だから
きっと面白いものが山ほどあるとは思ってたけど、
まさか自分たちの泊まってるとこのすぐ近くでも
これほど見れるとはね!!

そんなことを考えながら夜道を歩いてたら、
ライトアップされた遺跡を発見。
IMGP1321.JPG
こっちは古代ギリシャの遺跡じゃん!
しかも世界遺産❗

明日も遺跡巡り決定だな❗❗

さてここで大事なお知らせです
オレたち夫婦がオレたちの世界旅で見たり感じたことを
オレたちなりに伝えるイベント『世界の話』の
第三回をやりま〜〜〜〜す!
今回のテーマは...

〜中東五ヶ国を通して知るイスラム世界〜

トルコ、イラン、
アラブ首長国連邦(UAE)、
オマーン、バーレーン

今回はこの中東五ヶ国にフォーカスして、
イスラムの世界をお伝えします。

私達夫婦ゴロージが、
これらの国々を訪れ地元の人達と触れ合いながら、
実際にこの目で見てきたイスラム世界。

イスラム圏と一口にいっても、
その在り方は国や地域でかなり異なります。

イスラム圏はみんな一夫多妻制です。
なんて言ったら怒られちゃう国もあるから要注意!

多種多様なイスラム世界がある一方で、
どの地域にも共通してるのは、
ホスピタリティに溢れた温かい人達が多いこと。

そんなイスラム世界を私達と一緒にのぞいてみませんか?

今回は11月19日(日) 14時スタートの予定です!!
会場は前回と同じく新小岩です!

参加希望の方はこのブログの右側にある
メールフォームから是非ともお問い合わせください。
会場や会費などの詳細を伝えさせていただきます。


ギリシャ語でありがとうは「エフハリストー」
今日も読んでくれてありがとう♪エフハリストー\(^o^)/
ブログランキングに参加中です。
↓↓↓バナーをクリックで応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ
にほんブログ村 夫婦世界一周

←よかったらこちらも応援お願いします♪
人気ブログランキングへ

「トリップアドバイザー」の
おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報
posted by なおのぶ at 22:22| Comment(0) | キプロス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キプロスに行ってみた!

早朝6時。
IMGP1294.JPG
ここはローマのCiampinoチャンピーノ空港。
めっちゃ眠いぜ〜〜〜

なんでこんな朝早くに空港?
その理由は...
ライアンエアーでイタリアからキプロスに行くから。

みなさんご存知の通り、
ライアンエアーはLCC(格安航空会社)を
絵に描いたようなエアライン。

一般的な航空会社にあるようなサービスはほぼない、
シートが狭い、座席の前後の間隔も狭い、
ボーディングパスを印刷してないとえらく金を取られる、
荷物の重さや大きさにやたら厳格、
でもとにかく運賃は激安。

ライアンエアーはコストの削減を追い求めた結果、
破格の低価格運賃を実現した。
それはそれでありがたいけど、
それが故に乗る方も覚悟をしなくちゃいけない。(苦笑)

だから今回の飛行機は朝の6時半にテイクオフという
とんでもないことになったわけ。

ライアンエアー的には、飛行機を朝早くに飛ばすことで
空港の使用量とかを安くできるのかもしれないし、
飛んだ飛行機がキプロスに着いたら、
その後に時間的な余裕があるから
別の便としてまた別の場所へ飛ばせるわけだ。

ぜ〜〜〜んぶコスト削減のためだ。
しかしまぁ、ここまで極めてるとスゴいよね。

そんなことを考えてたらキプロスのパフォスについた。
IMGP1295.JPG
滑走路を歩いて空港の建物へ向かうよ〜

ライアンエアーは小さな空港を使うことが多いから
滑走路をよく歩かされる。(笑)

ここが到着ゲート。
IMGP1297.JPG
おおお〜〜〜ギリシャ文字だ!
キプロスで話されてる言語が
ギリシャ語だからなんだけど、ちょっと感動するね。
ついにキプロスに来たな〜!って感じがするよ。(笑)

さて、荷物も受け取ったし空港も出たし、
パフォスの町の中心部に行くバスを探すかな。
IMGP1301.JPG
さぁここからキプロスの旅が始まるぜ!

バス停で時刻表を見ると、ここにもギリシャ文字。
IMGP1305.JPG
全く読めんな〜〜〜(汗)
でもまぁどうにかなるだろ。
というか、どうにかするのだ

バスが来たので乗車する。
IMGP1304.JPG
のどかな田舎道をバスは進んでく。

パフォスに行く途中、道案内の看板があった。
IMGP1306.JPG
ここにも当然ながらギリシャ文字。

ほ〜ほ〜〜〜
Pafosパフォスってギリシャ文字だと
ΠΑΦΟΣになるんだね!
IMGP1306.JPG
お❗もしかして...❗❗
アルファベットのPがギリシャ文字のΠってことは、
円周率3.14のπ(パイ)と関係あるのか?
「ピー」と「パイ」って音が似てるし、
字の形もなんとなく似てるような気がするし...
どうなんだろ?気になるな〜〜〜〜!!

あとで調べてみたら、やっぱりそうだった。
Πとπって同じ文字で、
ちなみにΠが大文字でπは小文字なんだそうな。

日本では「パイ」の方が馴染みあるけど、
ギリシャ語の読み方では「ピ」らしい。
へ〜知らんかった!

新しい場所に来ると新しいことを知れる。
たまらんね〜!(笑)
さ〜てキプロスでは何を知れるかな〜?
ということで次回に続く!


さてここで大事なお知らせです
オレたち夫婦がオレたちの世界旅で見たり感じたことを
オレたちなりに伝えるイベント『世界の話』の
第三回をやりま〜〜〜〜す!
今回のテーマは...

〜中東五ヶ国を通して知るイスラム世界〜

トルコ、イラン、
アラブ首長国連邦(UAE)、
オマーン、バーレーン

今回はこの中東五ヶ国にフォーカスして、
イスラムの世界をお伝えします。

私達夫婦ゴロージが、
これらの国々を訪れ地元の人達と触れ合いながら、
実際にこの目で見てきたイスラム世界。

イスラム圏と一口にいっても、
その在り方は国や地域でかなり異なります。

イスラム圏はみんな一夫多妻制です。
なんて言ったら怒られちゃう国もあるから要注意!

多種多様なイスラム世界がある一方で、
どの地域にも共通してるのは、
ホスピタリティに溢れた温かい人達が多いこと。

そんなイスラム世界を私達と一緒にのぞいてみませんか?

今回は11月19日(日) 14時スタートの予定です!!
会場は前回と同じく新小岩です!

参加希望の方はこのブログの右側にある
メールフォームから是非ともお問い合わせください。
会場や会費などの詳細を伝えさせていただきます。


ギリシャ語でありがとうは「エフハリストー」
今日も読んでくれてありがとう♪エフハリストー\(^o^)/
ブログランキングに参加中です。
↓↓↓バナーをクリックで応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ
にほんブログ村 夫婦世界一周

←よかったらこちらも応援お願いします♪
人気ブログランキングへ

「トリップアドバイザー」の
おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報
posted by なおのぶ at 11:11| Comment(0) | キプロス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月03日

ネットゥーノで旧友と再会

ローマから南へ電車で約1時間のところにある
港町Nettunoネットゥーノ。
IMGP2646.jpg
今日は友人に会いにこのネットゥーノまで来た。

友人とはトモコさんという日本人。
彼女とオレたちはかれこれもう15年以上の付き合いだ。
IMGP1273.jpg
最初会った時はお互い東京に住んでたけど、
彼女は今イタリアに住んでいる。

ネットゥーノって、
多分ほとんどの日本人が知らない町なんじゃないかなぁ。
IMGP2645.jpg
そう言うオレたちもトモコさんがネットゥーノに
住んでなかったら知らなかっただろうけどね。

ネットゥーノってとっても小さい町。
でも素敵な海辺の町でローマから近いから、
夏のビーチはすごいことになってるらしい。
今は12月でだ〜れもいないけど。(笑)

町の中心には古い砦があったりして、
結構かわいい町だ。
IMGP1274.jpg
だからオレたちはネットゥーノが気に入ってる。
トモコさんがここに住みたいと思う気持ちも、
なんとなくわかる。

それにしても、
人に知られるかどうかって
メディアに取り上げられるかどうかにかかってるよな〜
ってつくづく思うよね。
IMGP1275.jpg
こんなにいい雰囲気なのに、
ネットゥーノのことを
日本人はほとんど誰も知らない。

逆に言うと、実は大したことないのに
メディアに取り上げられて名前だけは有名になって
行列ができちゃってるような場所がいかに多いことか。

メディアに踊らされずに、
自分の目で見て、
自分で判断していきたいね〜
なんて思った一日でした〜〜〜


イタリア語でありがとうは「グラツィエ」
今日も読んでくれてありがとう♪ グラツィエ\(^o^)/
ブログランキングに参加中です。
↓↓↓バナーをクリックで応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ
にほんブログ村 夫婦世界一周

←よかったらこちらも応援お願いします♪
人気ブログランキングへ

「トリップアドバイザー」の
おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報
posted by なおのぶ at 22:22| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月02日

特急列車に乗ってシラクーサからローマへ その2

シラクーサから特急列車に乗ってローマへ。

ご存知の通りシラクーサは長靴の形をしたイタリア半島の
つま先部分の先にあるシチリア島の町で、
そこからローマのあるイタリア本土へは海を渡らないといけない。

なのでシチリア島北東部にある港町メッシーナに到着したら、
そこから列車ごとフェリーに乗って海を渡るんだよね。
IMGP1221.JPG
これがイタリア本土とシチリア島を結ぶフェリー。

さぁメッシーナの港から
対岸のレッジョ・ディ・カラーブリアに向けて出航だ!
IMGP1228.JPG
鉄道の旅だけど船旅もできるのが美味しいね!!(笑)

船は地中海を進んで行く。
IMGP1237.JPG
対岸までの距離は3kmくらい。

ほどなくしてイタリア本土の
レッジョ・ディ・カラーブリアに入港。
港に着く頃になると、車両が乗った甲板が忙しくなってくる。
IMGP1244.JPG
航海中は閉じていた船首部分に船員と鉄道のスタッフが集まってきた。

港に接岸し開き始めた船首。
IMGP1245.JPG
この船首から列車を出すわけだね。

船首部分には線路が付いていて、
それを船着場にある線路に接続していく作業がこれから始まった。
IMGP1248.JPG
フェリーと船着場の線路をつなぎ終えると、
今度は列車を動かしていく。



バラバラにしてあった車両を連結させる作業を確認する車掌さん。
IMGP1252.JPG
大丈夫かな〜〜〜?

OK!完璧だ!!
IMGP1253.JPG
ずーっと連結する様子を見てたら車掌さんに
「車内に入らないと置いてくぞ〜!」と言われ車内へ。(苦笑)

オレたちを乗せた特急列車はローマへ再スタート。
IMGP1262.JPG
それにしてもローマは遠いやね。

ローマに到着したのは夜の7時頃。
さすがに疲れたから写真も撮り忘れた。

トータル11時間。
でもまぁこういうのも悪くないね。
ゆったり景色を眺める鉄道の旅。

またやりたいな〜〜〜


イタリア語でありがとうは「グラツィエ」
今日も読んでくれてありがとう♪ グラツィエ\(^o^)/
ブログランキングに参加中です。
↓↓↓バナーをクリックで応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦世界一周へ
にほんブログ村 夫婦世界一周

←←よかったらこちらも応援お願いします♪
人気ブログランキングへ

「トリップアドバイザー」おすすめブログに選ばれました!
マラガ
旅行口コミ情報
posted by なおのぶ at 22:22| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする